Mリーグ

2019年3月30日 (土)

【Mリーグ】いよいよ優勝チームが決まる

今週末が最後。

ついに初代優勝チームが決まる。

 

 

実質的には、赤坂ドリブンズとEX風林火山の争い。

258ptの差があるので、確率として8割強はドリブンズの優勝かな。

 

 

開幕前、優勝候補の筆頭としてドリブンズを挙げたので、俺の予想は当たりそうだわ。

アベマズとコナミも必死に3位になろうとするだろうね。

| | コメント (11)

2019年3月16日 (土)

【Mリーグ】優勝の行方

今の成績

ドリブンズと風林火山の上位2チームは、たぶん最後まで優勝を争うだろう。

だが、今日明日の結果しだいで、コナミとアベマズの下位の2チームはかなり絶望的な状況になる。

とくにアベマズ。
今週も負けたら絶望だ。

どうなる?

追記:今週は試合ないそうです^^;

| | コメント (13)

2019年3月 4日 (月)

【Mリーグ】まつかよファンとして

これはさっそくプレイボーイを買ってくるしかあるまい。

思った以上にセクシーとな?
親衛隊としては、使ってみなきゃ駄目なんだろうか?

長年の濃い味付けの食生活によって、ふつうのグラビアをおかずにするのって厳しいんだが(;^ω^)

| | コメント (18)

2019年2月26日 (火)

【Mリーグ】多井の一点読み

ネコ研にて。

上家の金子さんがリーチしてすぐツモ。

ネコ研では、誰かのアガリが出たあと、手牌を開けずに推理を語り合う。

手前の手牌がたかはる。
「じつは2巡目にテンパイ外ししたんだよ」ってヒントから、「じゃあ五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国じゃねーの」といきなり当てた。

こういう直感的なものに身を委ねるタイプではなく、かなり慎重だと思うので、こういう勘が冴えてても、それはそれとして王道の麻雀を打ちそう。

ただ、今はプレイヤーとしてノリノリキレキレになってるのは間違いないんじゃねーか。

| | コメント (19)

2019年2月21日 (木)

【Mリーグ】朝日新聞がスポンサーに

ほんとすげーなぁ(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー

メディア企業がスポンサーになるのは意外に思える。
朝日新聞としては、シニア層への浸透を意識してのことなんだろーね。

実際、シニア層で観てる人は多いみたい。
一昨日の日本健康麻将協会の理事会では、Mリーグに言及するお客さんが多いことから、赤入りルールを至急導入しようと決まった。

9月に出た『今日からはじめる 健康マージャン入門』(日本健康麻将協会監修)も朝日新聞出版だった。

朝日はマージャンにチャンスありと思ってるんだろうね。

| | コメント (23)

【Mリーグ】素点vs順位点

麻雀のルールの歴史として、最初は順位なんてなかった。
一荘(当時は半荘じゃなかった)というのは単なる区切りにすぎず、誰が何点勝ったか負けたかのゲームだった。

そこに順位の概念ができ、トップ賞(オカ)も生まれた。
ただ目先の点数を拾うだけじゃなく、一区切りの中での順位を争うという一次元上の目標が生まれた。
麻雀はゲームとして発達したわけだ。

これは、俺が麻雀史について故・浅見了さんに教わったこと。
そっかー、順位を競うのはゲームとして発達なんだ!と思った。
20年くらい前のこと。

たぶん順位って概念ができたのは昭和30~40年代じゃないか。
追記:この証言 → 勝ち価値ワンスリー によると、オカやウマが普及したのは昭和50年くらいからみたい。

当初は順位ウマも小さかった。
今もプロ連盟で使ってる12pt方式みたいなやつ。

トップ賞(オカ)も小さかった。
昭和50年代になっても、2万7000点持ち3万点返しが普通だった。
2万5000点持ちが普通になってきたのは、昭和60年頃じゃないかと思う。

てなわけで、麻雀は素点を競うゲームから、順位を競うゲームに変貌してきた。

……てな昔話はいいとして。

俺の価値観では、素点を稼げなかった割に順位点を稼いだ人は、うまい雀士になる。

順位点から素点を引いた数字が100以上ということで見るなら、

うまい選手は、多井(153.7)、園田(166.3)の2人。
へたな選手は、萩原(-119.0)、高宮(-126.1)の2人。

すごいのは園田
素点はマイナスなのに、順位は大勝してる。

50以上の人も挙げると、プラス側が近藤(55.6)、鈴木(59.9)の2人で、マイナス側が小林(-94.4)、魚谷(-60.9)の2人となる。

もちろん短期戦なので、大敗した一回が素点を下げてるケースもあるだろうし、あまり厳密なことは言えない。
また、順位点を稼げた数回が、かなりラッキーだったケースもあるだろう。

だから、客観的な指標としては、やはり獲得スコアということになる。
それが本来の順位。

でも、俺はマニアックな観点として、園田多井鈴木近藤の4人、とくに園田多井が光ってると思う。

| | コメント (25)

2019年2月12日 (火)

【Mリーグ】今日が予選最終日

このまま最後まで混戦になるんじゃないか…と思われた金曜日、たかはるの連勝で下位チームは希望を8割くらい断たれた。

そして月曜日、この結果↓でドリブンズとコナミが入れ替わった。

現在のポイントはこう↓

風林火山、アベマズは通過確定、コナミも99%確定。
雷電は敗退が確定。

残り1枠を、赤坂、パイレーツ、フェニックスが争う。

確率的には、予選通過は90%ドリブンズ、7%パイレーツ、3%セガサミーくらいの感じかな?

最終日となる今日は、この4チーム↓

いやー、パイレーツがこんな苦境に立たされるとは思わなかったな~。

| | コメント (36)

2019年2月 8日 (金)

【Mリーグ】激しい混戦の中で

予選が残り数日となって、1日ごとに状況が変わる。

昨日は、ドリブンズの連ラス&役満放銃で、ほぼ当確だったドリブンズがギリ危なくなる可能性も出てきた。
今余裕あるのは風林火山だけだ。

放送を観ないときでも、結果が気になってすぐ確認してしまうわ。

今日の多井×近藤×瀬戸熊×朝倉の試合もめっちゃ大事。
どこも絶対に負けられない覚悟での選手起用って感じ。

アベマズとパイレーツに負けてもらっては困る俺だが、かといって近藤&瀬戸熊の心中を思うと、気楽に前者を応援もできない。
※外ウマやってるわけじゃないw

| | コメント (9)

2019年2月 6日 (水)

【Mリーグ】2人の連勝男

2/4(月)はそのけんが連勝し、ドリブンズの決勝進出を確定させた。

2/5(火)はたかはるが連勝し、アベマズの決勝進出にむけてだいぶ有利になった。

たかはるは、2回戦にはダントツトップから、さらに親で国士をテンパイしてたから、あれをアガってたら、チームの決勝進出をほぼ当確にし、打ち込んだチームを絶望に突き落としてたな。

たかはるは個人成績1位、そのけんは2位↓


そのけんはリーマン。
たかはるは忙しいほどテンション上がって調子も良さそう。
忙しいやつほど勝ってんのかよ!ってのが面白い( ̄w ̄)プッ

チームとしては、風林火山とドリブンズは決勝進出当確。
雷電はほぼ絶望。

アベマズはだいぶ有利。

4位を3チームが争ってて、まだまったくわからない状況だ。

俺的には、アベマズとパイレーツには予選落ちされるのは困るんだが。
今日のコバゴーは、3メンチャンテンパイだったところに、黒沢のシャンポンリーチの当たり牌を一発でつかんだりしてて、相変わらず気の毒だった。

ここから雷電の怒涛の連勝が始まったらすごいわ( ゚д゚)ウム

| | コメント (11)

2019年2月 4日 (月)

【Mリーグ】シーズン中は集中せーよ

Mリーグ選手に支払われるギャラ、年棒400万円。
これは、生活は保障するから麻雀に専念してくださいねってことだと思う。

だけどさ、みんないろんな所にゲストに行ったり忙しそうにしてる。

麻雀普及のために率先して…って側面もあるから、すべてにケチつけたいわけじゃない。
ただね、シーズン中で今みたいな超接戦のときなんか、麻雀に集中するために休養を取ったり、十分な勉強時間を取れてんの?って思う。

今期は突然始まったものだから、他の仕事を断れないのはわかる。
いきなり全部切ろうというのは、それはそっちの都合でしょ?ってなる。

でも来期以降は、ゲストの仕事はオフシーズンだけにして、シーズン中はMリーグと自団体の対局に集中する体制を作れよ。
どの業界でも、プロってそーゆーもんじゃねーの?

全員の牌譜をじっくり読み込むなんて、プロを名乗るなら当たり前。
金を出して、みーにんさんに独自のデータを取ってもらうくらい、やってもおかしくない。
桁外れの強さを見せるため修行僧のような生活を送ってる印象はまったくねーぞ。

麻雀みたいにプロとアマの技術差が小さいフィールドでは、実戦量、勉強量、コンディション状態のすべてでアマを圧倒して、それでようやくプロって肩書きに説得力が出てくるんじゃねーの?

Mリーグに関しては、内部的な熱い見方と外部的な冷淡な見方に二分されてる印象があって、俯瞰的な見解が見当たらないので、仕事からの逃避のついでに書いてみた。

どうだろう?

| | コメント (80)