Mリーグ

2019年10月14日 (月)

【Mリーグ】マニア倶楽部

毛腹さんとzeRoさんが「Mリーグマニア倶楽部」なるユーチューブの番組を始めた。

 

これを見るたびに連想してしまう。

「マニア倶楽部」ってSM雑誌があるんだわ。

Photo_20191014114201

この雑誌の存在を昔から知ってるから、どうしても連想してしまうという。

しかもMリーグ(;・∀・)

せめてさ、「倶楽部」を「クラブ」にするだけでも印象変わるんだが。
もしかして、この雑誌の愛読者だから、この名前にしたの?

 

 

| | コメント (8)

2019年7月 7日 (日)

【Mリーグ】ドラフト予想

火曜夜にドラフトがあって、KADOKAWAの4名と他チームの4人目が選ばれる。
既存7チームは4人目を選ばない選択肢もアリだけど、とりあえずは指名する可能性が高いんじゃないか。

まずKADOKAWAの4名だが、これはわからん。
どういう経緯で参入することになったのか担当からちょろっと聞いたけど、未確認情報すぎて合ってるのか疑わしい。

前のドラフトもそうだったように、監督(選ぶ人)の好みが大きい。
風林火山はmondeを観てた人が選んでるし、パイレーツは天鳳名人戦を観てた人が決めてる。
監督がどの文化なのかによる。

たとえばソノケンは、事前には予想されてなかったけど、今ではMリーガーとしてまったく違和感ない。
麻雀が強くてキャラが良かったら、麻雀プロとしての人気や実績はそこまで重要じゃないから。

実力的にOKな人は大量にいると思うし、監督がどういう文化の人なのか不明で、まったくわからん。

なので、「熱闘!Mリーグ」の予想で上位だった内川幸太郎、金太賢の指名確率が高いかといったら、そうとも限らないと思うわ。
たとえば、予想ではまったく出てなかったけど、プロ協会の矢島亨とか最高位戦の石井一馬を選んだとしても、実力&イケメン度とも申し分なかろう。


その一方で、既存7チームの4人目はもうちょい予想しやすい。

女性がいない3チームはかならず女性を指名する。
ここ↓の下の方に紹介されてる女性12人は有力。
【Mリーグ】Mリーグドラフト直前情報!レギュレーションと指名有力候補はこちら!

女性の場合は、実力あってルックスいいというハードルが男性よりきつくて、ある程度は限定される。

赤坂ドリブンズは、「水口美香・日向藍子・愛内よしえ・丸山奏子・瑞原明奈・岡田紗佳」の中から選出する(指名順が来た時点で残ってれば)と発表してるんだってね。
パイレーツとアベマズも同じように指名リストを作ってるはず。
所属選手の意見がけっこう参考にされそう。
アベマズはRTDガールズファイトに出てた人から。

わかりやすいのはコナミ。
やはり総選挙で考えるんじゃないか。
なので、沖ヒカル、ガース、東城りお、岡田紗佳の誰か。
沖ヒカルとかけっこうあるんじゃないかと思う。

風林火山は今いる3人と近い人じゃないか。
プロ連盟の人。
内川は有力かも。

雷電は、ハギーと仲良くやれそうで、「雷電の麻雀は面白いです」文化に入れそうな人。
プロ連盟の人。
あー、でも独歩ってケースも十分あるか。
女性は選ばなそう。

フェニックスはまったくわからん。
まさに監督の好みでしょ。
女性3人はさすがに多いので、たぶん男性にすると思うけど。

| | コメント (32)

2019年6月30日 (日)

【Mリーグ】8チーム目にKADOKAWA

昨日の「熱闘Mリーグ」で発表された。
これにはビックリ(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

| | コメント (6)

2019年3月30日 (土)

【Mリーグ】いよいよ優勝チームが決まる

今週末が最後。

ついに初代優勝チームが決まる。

 

 

実質的には、赤坂ドリブンズとEX風林火山の争い。

258ptの差があるので、確率として8割強はドリブンズの優勝かな。

 

 

開幕前、優勝候補の筆頭としてドリブンズを挙げたので、俺の予想は当たりそうだわ。

アベマズとコナミも必死に3位になろうとするだろうね。

| | コメント (11)

2019年3月16日 (土)

【Mリーグ】優勝の行方

今の成績

ドリブンズと風林火山の上位2チームは、たぶん最後まで優勝を争うだろう。

だが、今日明日の結果しだいで、コナミとアベマズの下位の2チームはかなり絶望的な状況になる。

とくにアベマズ。
今週も負けたら絶望だ。

どうなる?

追記:今週は試合ないそうです^^;

| | コメント (13)

2019年3月 4日 (月)

【Mリーグ】まつかよファンとして

これはさっそくプレイボーイを買ってくるしかあるまい。

思った以上にセクシーとな?
親衛隊としては、使ってみなきゃ駄目なんだろうか?

長年の濃い味付けの食生活によって、ふつうのグラビアをおかずにするのって厳しいんだが(;^ω^)

| | コメント (18)

2019年2月26日 (火)

【Mリーグ】多井の一点読み

ネコ研にて。

上家の金子さんがリーチしてすぐツモ。

ネコ研では、誰かのアガリが出たあと、手牌を開けずに推理を語り合う。

手前の手牌がたかはる。
「じつは2巡目にテンパイ外ししたんだよ」ってヒントから、「じゃあ五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国じゃねーの」といきなり当てた。

こういう直感的なものに身を委ねるタイプではなく、かなり慎重だと思うので、こういう勘が冴えてても、それはそれとして王道の麻雀を打ちそう。

ただ、今はプレイヤーとしてノリノリキレキレになってるのは間違いないんじゃねーか。

| | コメント (19)

2019年2月21日 (木)

【Mリーグ】朝日新聞がスポンサーに

ほんとすげーなぁ(ノ・ω・)ノオオオォォォ-ー

メディア企業がスポンサーになるのは意外に思える。
朝日新聞としては、シニア層への浸透を意識してのことなんだろーね。

実際、シニア層で観てる人は多いみたい。
一昨日の日本健康麻将協会の理事会では、Mリーグに言及するお客さんが多いことから、赤入りルールを至急導入しようと決まった。

9月に出た『今日からはじめる 健康マージャン入門』(日本健康麻将協会監修)も朝日新聞出版だった。

朝日はマージャンにチャンスありと思ってるんだろうね。

| | コメント (23)

【Mリーグ】素点vs順位点

麻雀のルールの歴史として、最初は順位なんてなかった。
一荘(当時は半荘じゃなかった)というのは単なる区切りにすぎず、誰が何点勝ったか負けたかのゲームだった。

そこに順位の概念ができ、トップ賞(オカ)も生まれた。
ただ目先の点数を拾うだけじゃなく、一区切りの中での順位を争うという一次元上の目標が生まれた。
麻雀はゲームとして発達したわけだ。

これは、俺が麻雀史について故・浅見了さんに教わったこと。
そっかー、順位を競うのはゲームとして発達なんだ!と思った。
20年くらい前のこと。

たぶん順位って概念ができたのは昭和30~40年代じゃないか。
追記:この証言 → 勝ち価値ワンスリー によると、オカやウマが普及したのは昭和50年くらいからみたい。

当初は順位ウマも小さかった。
今もプロ連盟で使ってる12pt方式みたいなやつ。

トップ賞(オカ)も小さかった。
昭和50年代になっても、2万7000点持ち3万点返しが普通だった。
2万5000点持ちが普通になってきたのは、昭和60年頃じゃないかと思う。

てなわけで、麻雀は素点を競うゲームから、順位を競うゲームに変貌してきた。

……てな昔話はいいとして。

俺の価値観では、素点を稼げなかった割に順位点を稼いだ人は、うまい雀士になる。

順位点から素点を引いた数字が100以上ということで見るなら、

うまい選手は、多井(153.7)、園田(166.3)の2人。
へたな選手は、萩原(-119.0)、高宮(-126.1)の2人。

すごいのは園田
素点はマイナスなのに、順位は大勝してる。

50以上の人も挙げると、プラス側が近藤(55.6)、鈴木(59.9)の2人で、マイナス側が小林(-94.4)、魚谷(-60.9)の2人となる。

もちろん短期戦なので、大敗した一回が素点を下げてるケースもあるだろうし、あまり厳密なことは言えない。
また、順位点を稼げた数回が、かなりラッキーだったケースもあるだろう。

だから、客観的な指標としては、やはり獲得スコアということになる。
それが本来の順位。

でも、俺はマニアックな観点として、園田多井鈴木近藤の4人、とくに園田多井が光ってると思う。

| | コメント (25)

2019年2月12日 (火)

【Mリーグ】今日が予選最終日

このまま最後まで混戦になるんじゃないか…と思われた金曜日、たかはるの連勝で下位チームは希望を8割くらい断たれた。

そして月曜日、この結果↓でドリブンズとコナミが入れ替わった。

現在のポイントはこう↓

風林火山、アベマズは通過確定、コナミも99%確定。
雷電は敗退が確定。

残り1枠を、赤坂、パイレーツ、フェニックスが争う。

確率的には、予選通過は90%ドリブンズ、7%パイレーツ、3%セガサミーくらいの感じかな?

最終日となる今日は、この4チーム↓

いやー、パイレーツがこんな苦境に立たされるとは思わなかったな~。

| | コメント (36)

より以前の記事一覧