マンガ

2018年8月23日 (木)

【マンガ】蜃気楼家族

透明なゆりかご コミック 1-6巻セットが350万部も売れてNHKでドラマ化され、今大ブレイクしてる漫画家の自伝。

漫喫で『透明なゆりかご』を2冊読み、これは確かに常人じゃ描けないな…と思ってこっちも読んでみた。
全6巻。

そしたら、こっちもすごかった。
これまた常人じゃ描けない。
天才というか、社会生活を送れないはぐれ者というか。

うんこ話が多くて汚いのが嫌だったけど(;^ω^)

絵はド下手。
家族の話が多い。

著者本人が、発達障害、看護師、整形、AV出演、ソープ以外のすべての風俗を経験、漫画家に、バイセクシャルと、人生がすごい。
それ以上に家族もすごい。

父親は、暴力がひどく、専制君主で、パンチパーマで、耐え難い相手。
母親は、強烈なところとチャラチャラしたところの完全なる同居。
弟は、万引き少年から、借金に追われる身となり、強制労働への収容から、脱走して逃亡生活へ。

読後感としては、西原理恵子さんと『闇金ウシジマ君』を足して2で割った感じかな。
ゲッツ板谷もかなり近い。

家族って、本当に嫌なもんだよな…としみじみ思う( ゚д゚)ウム
早く滅びちゃえばいい。
家族なんてなくたって、人類の繁殖にはまったく影響しない。

自分も娘から同じように思われてたら…と思うと、震撼するけど(;'∀')

女性漫画家は自分の性の部分はあまり描かないことが多いけど、初体験の相手がしょーもないヤンキーで、ほんとしょーもなかった話とか、2人目の彼氏は見た目だけのしょーもないやつで、これまたしょーもなかった話とか、えれーリアル。
3人目のオタクになってようやくまともな相手になる。

その当時、同居してた先輩の影響で、ピアスしようってことになり、どこにしようか? あそこは?…と小陰唇ピアスをすることに。

1本入れたら増やしたくなる。
もう1本入れた。

次は錠前をつけてみた。
これは貞操帯的でオタクの彼氏にバカ受け。

しばらくしたら、あそこがちぎれてしまった。
重いものをぶら下げすぎたらしい。

同居してる先輩に見てもらったら、これはつなぎ合わせるより切ってしまった方がいいのでは…?となって、あそこのビラビラをじょきじょきと切ってもらった。

そしたら、おしっこが前に飛ぶようになった。

オタクの彼氏が立ちションしてるときに、あたしも…と作者も立ちションしたら、彼氏にえらく怒られた。

……というエピソードが出てくる。

こんな体験談を描く女性漫画家って他にいなくね?(;'∀')

ググると顔写真いっぱい出てきて、けっこう美人なんだけどね。

波乱万丈の人生だけど、描かれてないエピソードまだまだいっぱいありそう。

小学校時代から大事に貯めてきた300万円を父親にむしり取られ、そこからいきなり2年が経過し、看護師だったのが風俗嬢になってる。
その間のことはまったく描かれてない。
整形のことも、隠してないだけで、詳しくは描かれてないし。

後半になって、すんごく尊敬する漫画家さんのお世話になり、その人のアシを10年やったあと、結婚したんだかしてないんだか?みたいになって完結する。
その世界一尊敬する漫画家さんというのが、これを描いてる人↓
6dbe7674cb187ec85d4d89dae32f21cd

なんだそりゃ( ̄w ̄)プッ
これが世界一のギャグマンガって、俺にはさっぱりわからん(;^ω^)

まあとにかく、すごい物語だった。

1つだけ難点は値段が高いこと。
文庫は1巻のみ。
2巻以降は千円するのが、何冊も買うにはつらいものがあった(-_-;)

西原理恵子さんと『闇金ウシジマ君』を足して2で割った…という説明で魅力的に感じる人は読むといいかも( ̄w ̄)プッ

ツイッターあったわ↓


| | コメント (14)
|

2018年7月11日 (水)

【マンガ】テレプシコーラ

バレエマンガ。
むっちゃ面白かった。
2部もはよ読みたい。

50過ぎのオッサンが小中学生の小娘キャラに入れ込むって珍しいかもだが、俺も頑張って生きていかねば…!と思ってしまった(´;ω;`)ウゥゥ
今から仕事しよう。

| | コメント (6)
|

2018年7月 3日 (火)

【マンガ】リボーンの棋士

「ビッグコミックスピリッツ」連載中。
まだ6回なので、未単行本。

O0999070614199432127

将棋マンガはよく読む。
荒唐無稽なのが多くて、あまり面白いのはない。

だが、これは面白いと思う。

主人公は29歳。
棋士になれず奨励会を退会した人。

アマとして再出発するとこりから物語はスタートする。

再生の棋士だから、リボーン(再生)の棋士。
雑誌で毎回楽しみに読んでいる。

ひとつ疑問なのは題名。

手塚治虫の「リボンの騎士」のパロディ的な題名となっている。
内容は全然関係ないのに。

Images

くそマジな雰囲気のマンガなので、ふつーに「再生の棋士」みたいな方が合ってる感じだけど、そんなことないのかね?
俺が文章中に下ネタを意味なく混ぜるみたいな感覚か?

| | コメント (16)
|

2018年5月30日 (水)

【マンガ】四天王の中では一番の小物

ジャンプ系の「魁!!男塾」ではなかろうか。
違う?

O0480032613348672666



| | コメント (17)
|

2018年5月28日 (月)

【マンガ】自虐の詩

これが人生で最高のマンガだったって、2人の人から聞いた。
どっちも女性。

これって、前半はほんとどーでもいい話なのに、後半になって尋常じゃない盛り上がり方になる。

天才か、神がかってないと、こんなマンガは描けないっていう、まさにそんな感じがする。
まさに奇跡の作品。

こういうのって、欧米圏や中東圏の人も名作だと思うのかなぁ?
それを知りたいわ。


| | コメント (8)
|

2018年5月23日 (水)

【マンガ】ムショ医

「ムショ医」全5巻。
読み入って、あっちゅーまに読んでしまった。

佐藤秀峰の奥さんだそうで、まったく同じ絵柄、ブラックジャックによろしく (1)と同じストーリー展開。

佐藤秀峰はそんなに好きなわけじゃないんだけど、続きを読ませる力はすごい。

女医さんがバイトで女子刑務所のかかりつけ医になる話。
地元の後輩が刑務官になってて、その子が気の強い子で、服役者の嫌がらせとの闘争になって…って話が面白かった。

| | コメント (0)
|

2018年4月26日 (木)

【マンガ】安達哲の未単行本化作品

今自炊してる「近麻ゴールド」に、安達哲の未単行本化作品「ギャル雀」が全話入ってることに気づいた。

Photo

Photo_2

断裁したやつをまとめてそのまま売るんじゃなく、これだけ抜き出して別ファイルにしてヤフオクに出した方がえーんちゃうか。

復刊ドットコム ギャル雀を見ると、強い熱意を持つ人が今でもいるかも…って思える。

しかし、なんで竹書房はこれを単行本化しなかったんだ。
俺より多少下の世代にカリスマ的人気があった漫画家じゃないの?
編集側の判断じゃなく、営業側の意思だったんだよね。

安達哲は、この↓インパクトがすごかった。

これ↑も断裁したやつ捨てちまったけど、今思うと売れたかも。
文庫の方ですら何千円かしてるし(;^ω^)

| | コメント (6)
|

2018年4月20日 (金)

【マンガ】男!日本海

古い麻雀マンガをいろいろ復刻してるV林田さんが、新しい同人誌を出したってお知らせメールが来た。

どれどれ。

それがこれ↓だって(;^ω^)

男!日本海~謎街道をゆく~

な、なんだこれは…。
馬鹿すぎる(;^ω^)

だって、こーゆーマンガ↓だぜ?
Dbegla4vwaays0

なぜ時間と金をかけてわざわざこれを復刻させたのか、まったく理解できず。

いったい誰が買うんだ?
もちろんぼくは買いません。

バイブドアのヤリエモンってキャラもどーでもいいすわ(;^ω^)


| | コメント (2)
|

2018年4月17日 (火)

【マンガ】ごほうびおひとり鮨

独歩さんがすすめてたので読んでみた。

イントロの、アラサー女性が結婚する予定なくなったから、金を使ったろーと寿司オタへの道に…って設定は気にくわなかった。

だが、一品一品への説明がものすごく納得いく。
超うまそう。

食べた感想も超納得いく。
これはうまそう!…と毎回思わされる。

寿司1食で1万円以上ってのは敷居高すぎだが、これは読んでしまうわ。

| | コメント (4)
|

2018年4月12日 (木)

【マンガ】漫画家とヤクザ

漫喫で単行本2冊を読んだ。

なんかよくわからんけど、恋愛×エロ×コメディーのムズムズ系マンガっていうの?

【あらすじ】
恋愛に関心ない女性漫画家の元へ、突然現れたのガタイのいい強面ヤクザ。うっかり保証人になってしまった知人の数百万の借金を返せと詰め寄られ、「返済を待ってやってもいいぜ。セックスさせてくれたらな」。勢いにのまれて押し倒され……大丈夫かな、私処女なのに。

的な話。

セックスしてるのに、そこから恋愛に進めるのか進めないのか…って展開が不器用すぎて、なんか不思議な好感を感じちゃうね。

これは女性用のマンガなの?
「奥まで当たってる…」みたいな性描写が少女漫画っぽくないけど、欲望のマンガじゃなくハートのマンガだから、やっぱ女性用か。

何も知らずに漫喫で見かけて読んだけど、これ受けてるみたい。
ドラマCDも発売されてるし、「漫画家」でぐぐるとこの題名が出てくる。

1話ごとにkindleでも売ってるな。

| | コメント (5)
|

より以前の記事一覧