つぶやき

2018年11月16日 (金)

【つぶ】体重が(-_-;)

今量ったら83キロ。
6年前、ダンスを始める前の体重に戻ってる。

ヤバッ(´;ω;`)ウゥゥ

ここで激しい運動をすると膝を壊しそう。
こうやってがんじがらめに。

もうダメだ( ノД`)シクシク…

| | コメント (12)
|

2018年11月13日 (火)

【つぶ】10月のnote売上

16万0401円。
ここから2割+手数料を引かれ、手取りは約12万8000円。

内訳↓
10note

麻雀の記事は、有料を3回、無料を1回しか書かなかったので、圧倒的に離婚の分。

| | コメント (10)
|

2018年11月11日 (日)

【つぶ】似てる?

顔や体はよーわからんが、メガネと服はクリソツ(;'∀')

| | コメント (3)
|

2018年11月 8日 (木)

【つぶ】有限性の中で

昨日受けたダンスのレッスンで、先生が言った。

「私の尊敬するダンサーで、50代の人なんですけど、こんなことを言ってたんですよ。

ダンサーの膝は消耗品だ。
先生が見本を踊って見せてくれるときに、先生は身を削って見せてくれてるんだから、流さずに真剣に見なきゃダメだよって。

その話を聞いて感動したんですよ」と。

すごい話だよな。
みんなシーンとなって聞いてた。

同じような話を聞いたことあるか考えてみたら、野球のバッティングピッチャーの話を思い出した。

ピッチャーの肩は消耗品だ。
その肩を、誰も見ていないところでバッター1人のために使ってくれているんだから、バッターはそのことに感謝して打たなきゃいかんと。

これも重い話だよな。

自分自身の身の回りで同じような話がなかったか考えてみたら、麻雀マンガ雑誌の先輩編集者がこんなことを言うてた。

「麻雀をどう加工するか、どう見せるかのネタって有限だよね。
いつか尽きるんじゃないかって恐怖がある。
でも(漫画家の)片山さんが現役の間は、そんなことを思っちゃダメだって自分に言い聞かせている」と。

俺は一度も思わなかった。
その話を聞いた15年くらい前、名前が出ないような麻雀の記事や闘牌シーンを書きまくっていたけど、ネタが尽きる不安を感じたことはない。

だが桁違いの人もいる。

ちょっと前に近麻ゴールドを自炊した。

毎号毎号すべてが桜井章一特集なわけですよ。
それを10年以上も続けて、なのにネタが尽きてない。

あまりほめたくないんだけど、桁外れの才能に驚嘆するしかなかった。
麻雀の強弱はともかく、麻雀を言語化する能力に関して、あれは天才だね。

――ひるがえって、人生は誰もが有限。
それを自覚しなきゃ…と思いつつ、日々を無駄に過ごしてばっかだわ(;・∀・)

| | コメント (9)
|

【つぶ】見知らぬデブが

昨日ダンスのレッスンに行ったら、数ヵ月ぶりに会ったダチから開口一番「太ったねー!」と言われた。

ダンススタジオって壁一面でかい鏡になっている。

そこに写った自分を見たら、確かに見しらぬデブが映ってたわ(´;ω;`)ウゥゥ

外出&歩く機会が減りすぎているのがヤバイ( ノД`)シクシク…

20181108_035125


| | コメント (14)
|

2018年11月 7日 (水)

【つぶ】不倫って悪なの?

「お前は離婚で叩かれてるんじゃない、不倫だ」みたいなコメ多数。

不倫って悪なんかね?
あまり議論する気はないし、現行法上では…みたいなのは不要。

「結婚してるならor独身なら」という枠組みの外に出られて本当に良かったわ。
嘘の枠組みの中に一生いるって、嘘の人生かよって思う。

【つぶ】離婚した者は人でなしか?のコメ欄より。

これはAさん↓

 * * * * *

個人的には、不倫=悪という認識が甘いなぁと思ってます。
自分達の結婚の幸せ想像図の押し付けにしかなってない。
結婚するなら、こうあるべきだろうと。

結婚したら失敗してはいけませんか。
会社経営だったらうまく行くかもしれない。
家は自分らしくいられる場所であって欲しいけれど、どちらかが受け入れられない時が来たら自分を殺して仕事みたいに家庭を構築して行くのかという。

不倫に対しての一般の知見が浅すぎる。
不倫した側は、下半身だけのやつもいるし、そうじゃない場合を考えて欲しい。
恋は不倫から始まったという歴史的事実、不倫をすることで不妊治療の支えや現パートナーとの関係を続けるきっかけになったパターンなど知っている人は何人いるんだろう。

福地さんはなんで不倫したのか、批判した人の中では自分がその状態だったらどう苦しむのか考えた人は何人いるんだろうか。
記事にしたことはよくわからないけど、これも性なんでしょうか。笑

 * * * * *

そう、恋愛の発祥は不倫だとされている。
フランス文学史において。
結婚して子を産んでという妻の義務を果たした後に、恋愛の自由が生じた。
愛は12世紀の発明であるって言葉がある。

これはBさん↓

 * * * * *

私は既婚女性ですが、夫に性的に放置され続けた結果、子どもを産むこともかないませんでした。
だからといって離婚したいと申し出ても受け入れてもらえません。
なぜなら、夫にとっては「結婚している」という状態が安心だから。
老後の世話をしてくれる人を確保しておかないと不安だからです。

なので福地先生の離婚にまつわる記事には興味があって、有料記事も無料記事も、コメント欄も含めすべて読みました。
その上で私は、もしかすると先生の元奥様も、もともとは結婚していることで安心を感じるタイプの方だったのかなと想像しました。
それでもスムーズに離婚が成立したのは、子どもが成人するまではちゃんと責任を果したことと、離婚しても安心と思えるだけの条件を元奥様に与えたからではないでしょうか。
そしてもちろん、おふたりの間にはもういわゆる”愛情関係”がなかったこと。
そうでなかったら、離婚なんて簡単にはいかないというのが実感です。

「不倫は悪」「他に女を作るならまず離婚してから。順序を守れ」とおっしゃる方は、もしもまだ独身なら、結婚には慎重になったほうがいいと思います。
私は、ただの法律や制度やここのコメ欄のような”世間の目”によって、自分の体や心の自由まで縛られてしまうことに絶望しています。

 * * * * *

子育て期は結婚するとしても、それを終えて50~60代くらいの時期になったら、リセットする方が明らかに健全だと思うわ。
ほんと結婚という制度の中にいたくない。
不倫がいいだの悪いだのって、要するに結婚制度を守ることを前提にした発想だよね。
きっとみんな不倫が親の仇なんだろう。

| | コメント (80)
|

2018年11月 6日 (火)

【つぶ】離婚した者は人でなしか?

①離婚は結婚状態の解消に過ぎず、人間関係として切れたわけではなく、「捨てた」という感情語で語られるものではないと思う。

27年にも及ぶ結婚生活を続けた結果であり、娘は2人とも成人している。
また、娘1号はすでに結婚している(これはこれまで公表しなかったし、今後もネタとして扱う気はない)。

これは数年で離婚したケースと同一視されるべきものか?

なお、「娘2号を捨てた」みたいなコメントが以前のブログには多数あったが、それについては元妻との約束でいっさい語る気はない。

②「それを記事にして元家族を傷つけ」とあるが、記事にすることは元妻に前もって打診してある。
元妻がnoteの記事にコメントしているが、そこに傷ついた様子が表れているのか?

週刊誌の記事じゃないので、自分のことは書いても、元妻や娘についてすべてを開示する気はない。
なのに、なぜ「離婚→捨てた」という類型的なレッテル貼りをされるのか。

③なぜ元妻と娘が傷ついていると言えるのか?

当人たちに聞いたらどう答えるかは俺にもわからない。
だが、何十年も家族をやってきた結果を「傷ついた」みたいな単純化は安易ではないか。

④「新しい女と同棲し」とあるが、なぜそれがいけないのか?

自分の感情よりも家族のルールを守ることを優先し、いったん結婚したら一生、感情を押し殺して生きるのが正しい姿なのか?

たとえ結婚生活が空洞化していたとしても、形式的に家庭を優先し続けるべきなのか?

以前にブログには「不倫→離婚」という手順がおかしいというコメが多数あった。
だが、法にも触れず、元妻からも問題視されていないのに、なぜ他人から批判される筋合いがあるのか?

⑤仮に俺が家庭生活において人でなしだったとして、ならば社会的な問題を語る資格はなくなるのか?

「結婚して初めて一人前」「離婚するのは自分勝手」――そういう昭和的な倫理観は許容できない。

また、人でなしにも正義を語る資格は普通にある。
その人の家族観と社会正義には1ミリも関係がない。

 * * * * *

なお、これは俺の考えを提示したものであって、この方をさらし上げたいわけじゃないので、この方に凸するのは止めてくださいm(__)m


| | コメント (72)
|

2018年10月28日 (日)

【つぶ】論理国語という科目の登場

授業から文学が消えるっていかんの?
むしろいいことなんじゃ?

高2~3だけの話のようだし、日本の国語の授業は難しい文章を読まなすぎる。
重要なのは難しい文章を読解するスキルを高めることで、文章の内容に踏み込むと道徳化する。

現行の高校の国語ってやけに抽象的な人文的評論文ばっかで、内容的にあまり意味はない。
契約書の方がなんぼか大事だろ。

なるほどと思った話↓

分けられるのかな?「論理国語」と「文学国語」

論理的な文章とされているやつは、数学に比べたら全然論理的じゃなくて、飛躍だらけ。
いわく。

「論理」の構築には、文学的文章でもよく用いられるレトリックが大きな役割を果たしている。印象的なエピソードを盛り込んだり、具体例や比喩を用いたり、そこから一般化したり、いったん譲歩して反撃したり、逆説の面白さで読者をひきつけたり、一般論をくつがえす面白さで読者をひきつけたり….そんな様々な技術を使うことで、「飛躍」を感じさせず、説得力を高めているのが、「論理的文章」なのだと思う。

たしかにね~。

| | コメント (23)
|

2018年10月27日 (土)

【つぶ】登記は無事終了

マンションの所有権移転の登記は無事終了した。

司法書士に頼むと5~6万円だそうで、これはやってくれと元妻から頼まれた。

元妻と一緒に法務局へ行き、3回目にしてようやく提出できた。
くそ難しくて、泣きそうになったわ。
法律系はさっぱりわからん(´;ω;`)ウッ…

2回目の相談のときに、俺の後に予約してた人がキャンセルして、その人の時間まで使って手取り足取り腰取り教えてくれた担当者さんのおかげ。
すべてその人に言われた通りに書いた。

PhotoPhoto_2Photo_3

月曜日に法務局へ受け取りに行くことになってる。
提出時に、何か不備があったら呼び出すと言われてたけど、週末になって電話がきてないってことは、もうOKってことだろう。

これで一番面倒なやつはクリアしたわ。

元妻が払う税金は数十万円。
固定資産税もそうだし、モノを持つと金がかかるよな。
でかいモノはもう何も持ってないから、今後は大きな税金はないな。
マンション持ってると、風呂やトイレが壊れて100万円みたいなでかい出費があったりするけど、そういうのも今後はなし。

| | コメント (7)
|

2018年10月21日 (日)

【つぶ】アラブ人コス

| | コメント (5)
|

より以前の記事一覧