つぶやき

2018年9月20日 (木)

【つぶ】アボガド蕎麦

やってみたらうまかった。
アボガドは和風と合うよね。

20180906_204837

この写真ではアボガドが少し硬かったからスライスしてるけど、ペースト状になってる方がうまいと思う。

ググってみたら、クックパッドに山ほど出てくるな。

蕎麦とアボガドに加えて、他にはトマトを入れたり、納豆を入れたり、ごま油をかけたり、オリーブオイルをかけたり、いろんな流派があるらしい。

| | コメント (3)
|

2018年9月15日 (土)

【つぶ】コメ欄での喧嘩

【連盟】プロ連盟から天鳳位が!のコメが144までいってる。

ずっと2人の人が喧嘩してるんだよな( ̄w ̄)プッ

コメ欄での喧嘩はよくあるけど、今までで一番激しい(コメの数的に)。

このブログのコメ欄なんて掲示板みたいなもんだから、思う存分やってもらって構わないんだけど、名無し同士のバトルって不思議だわ( ̄w ̄)プッ

| | コメント (21)
|

2018年9月12日 (水)

【つぶ】有料は炎上しない

「ウザク本2」パクリ問題についてのウザクさんの私的見解をnoteに公開して1週間が経過した。

アクセス者は1924名、購読者は52名。

このブログに掲載したときの読者を5万人とするなら、アクセス者は25分の1、購読者は1000分の1。

Photo

わずか52人だもんな、これだけ少ないと炎上するはずない。
炎上って、まずは数だから。

また購読者って、俺に反感を持ってる人は少ない。
俺を嫌いなら、俺に金を払いたくないわけで。

さらに、他に転載したり、5ちゃんに貼るみたいなリスクも、あまり大きくないみたい。
拡散するのって、自分が買った情報を他人に無料であげる行為だから。

てなことを考えると、ほんとnoteなら何を書いても大丈夫なんだなって感じ。
実名を出して書く的なことも、これなら問題なさそう。

有料って便利だな。
それが収入にもなるわけで。

無料つーのは、家のドアへの貼り紙なんだと改めて思わされる( ゚д゚)ウム

俺みたいに、炎上をまったく恐れてないもんが炎上リスクを語るのもどうかと思うが( ̄w ̄)プッ

| | コメント (27)
|

2018年9月 6日 (木)

【つぶ】特攻五輪

マジで返上してほしい。

違約金が発生するなら、そのために1人1万円くらい税金を払ってでも返上してほしいわ。
さすがに高いとは思うけど、個人的には10万円でも払いたいくらい。

| | コメント (37)
|

2018年9月 5日 (水)

【つぶ】上から目線という概念

上から目線って概念ができたのは20年くらい前なのかな?
俺がガキのころにはなかった。

これって面白い概念だよな。
俺は思考の型が古いのか、いまだに慣れない。

これが問題になるときって、まず本当に上なのかが問われる。
知識や能力が本当に高いのか。

対象が、基本的にみな平等なものと純粋に能力だけが問題なものでも違う。

基本的に平等なものっていうのは、政治思想とか子育てとか。
知識や能力は存在するけど、優劣よりも平等性が前提にある。

純粋に能力だけが問題になるものっていうのは、いろんな学力とかスポーツ能力とかゲームスキルとか。
能力を判定できる基準がだいたいある。

ただし、能力が高いことが判明したとしても、だいたいそこでは収まらず人間性の問題にもなる。
知識や能力が高いとしても、それで完全に許されるわけではない。

ずいぶん前のことだが、とある親族関係の少女に、とある親族関係の老人(元数学教師)を紹介したことがある。
無料で質問できるからって。

あとから、その少女にどうだったかを聞いたら、「なんか説明が上からっていうか…」という浮かない感じの説明だった。

数学みたいな分野で、元教員であっても、上からな説明じゃ駄目なんだ!
これにはビックリした。

わかる。
気持ちはわかるよ。

でも俺だったら「先生だから上からで当然だわ」って、自分の感受性を理性で押し潰すように考えてしまうところだ。
これはすごく新鮮な体験だった。

何かを説明する立場の人は、20世紀的なやり方では上から目線だと言われてしまう。
そこは工夫するしかない。

また別の体験。

とあるダンスの先生に、超少人数のレッスンで何度かアドバイスをもらったことがある。
そのとき「上から言うわけじゃなくて」ってフレーズを、先生は何度か使った。

これも面白いなーと思った。
俺より1万倍はスキルある先生が、上からアドバイスするのは当たり前だと思うんだが、それが当たり前って姿勢だと感じ悪くなってしまうんだな。

純粋に能力が問題になる分野でも、政治思想や子育てみたいに、みんな平等みたいな感覚で伝えるのが今風の教える技術ってことなんだろう。
勉強になるわ。

この傾向は、今の内向き志向の日本の表れなのか、それとも説明技術の進化なのか?
どっちなのかわかんねーよなーと、ずっと思ってる。


| | コメント (15)
|

2018年9月 1日 (土)

【つぶ】8月のnote収入

8note

8月は2万1600円の売上。
そこから諸経費を引かれ、俺が振り込んでもらえるのは1万7904円。

Note

7月は12万円の売上だったが、8月は2万円だけ。
100円の記事を2回しか書かなかったからだな。

とはいえ、いっぱい書いたら増えるかというと、100円の記事だと総額がなかなか伸びないね。

7note

8note_2

| | コメント (3)
|

2018年8月25日 (土)

【つぶ】賞金は仮想通貨

とある麻雀大会に誘われてて、その優勝賞金が500万円だという。

ただし仮想通貨。

とある美容室チェーン内で使える仮想通貨がこれから上場される。
その上場前のやつが賞金だと。

まかり間違ったら億万長者だよ?と。

うさん臭すぎる(;^ω^)
それって子どもが発行する肩叩き券と同じじゃね?(;^ω^)

| | コメント (8)
|

2018年8月24日 (金)

【つぶ】英語と中国語と

これからの10年間は日本麻雀を世界に広めることに使うのもいいよーな気がする。
英語と中国語をボチボチと学びつつ。

自分で翻訳することはないとしても、多少喋れるだけでだいぶ違うでしょ。

麻雀の専門家で、英語と中国語が両方できる人って1人もいない気がするし。

俺の母は中国語教師だったから、生きてたら俺が中国語の勉強を始めるの喜んでくれたろーな。

6年前にダンスを始めたように、年を取ってからは5年に1回くらい苦手なことを始めるといいような気がする。

…と思いつつも、考えるだけで気が重い(;^ω^)

ダンスは楽しいけど、語学に楽しさってあるの?

| | コメント (9)
|

【つぶ】世代とテクノロジー

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)という本に、こんな一節↓があった。

 * * * * *

人間は、自分が生まれた時にすでに存在したテクノロジーを、自然な世界の一部だと感じる。

15歳から35歳の間に発明されたテクノロジーは、新しくエキサイティングなものと感じられ、35歳以降になって発明されたテクノロジーは、自然に反するものと感じられる。

私たちの脳は一度常識が出来上がってしまうとその枠組みの中で物事を考えたり判断するようになってしまい、新しく誕生した技術などをバイアスなしに見ることが難しいのです。

 * * * * *

読んだときは「なんとドライな考え方だ…(;^ω^)」って思ったけど、これは至言だわ。

しばらく前にツイッターで見かけた、今どきの子供は缶切りの使い方がわからないことを、たむろしてた老人たちが「生活力がなさすぎる」と言ってた話を思い出した。

缶切りの使い方なんて不要な知識に過ぎず、むしろ新しいアプリの使い方の方がよっぽど生きる力だっつーに。
こういう老人とはほんと関わりたくない。

マンガの絵柄にもまったく同じことが言えそう。

| | コメント (6)
|

2018年8月15日 (水)

【つぶ】回収とは何か

とある出版社の人に聞いた話。

回収というと、本屋に並んでるものを全部引き取ってくる…的なイメージがある。
家電なんかは、お客が買ったものまで回収することあるよね。

でも、出版業界における回収って、そんな厳しいもんじゃないと。

出版社が出した本は、全国の本屋にまかれ、しばらくして本屋から出版社に返品されてきた本は、また注文に応じて本屋に再出荷する。

一般に回収というのは、その再出荷をしないだけだと。

世間に対しては回収しますと発表しておいて、本屋の棚に刺さってるやつはそのまま放置。
実際に本屋から引き取ってくるには、ものすごいエネルギーが必要だから。

ただ再出荷しないのが一般的に言われる回収だから、回収になった本も、しばらくは本屋の棚にふつーに刺さってる。

考えてみたら、本屋に本を送る→本屋から本が返品されてくるってサイクルの中に、回収って入りそうもない。
本屋にとっては、出版社の依頼を聞いて、わざわざ手間をかけて該当する本を探し出して送り返す意味がない。

どこどこ新聞社がヤバイ差別用語を載せてしまった的なやつは全力で回収したりするのかもしれんけど、普通の出版社ではなさそう。

言われてみると、なるほど、そうなんだろうなって思えるわ。

| | コメント (11)
|

より以前の記事一覧