麻雀

2018年10月19日 (金)

【麻雀】怪しいアラブ人コスで

錦糸町のウルトラグリーンにて

時間:10/20(土)1300~2100

レート:ピン東

「この離婚不倫野郎」と言いに来るだけでもOKです(たぶん)。

あやしいアラブ人コスで行きます。
こーゆーの↓(オマーン風)。これにターバンを巻く。

こーゆーの↓はサウジアラビア風で少し違う

Image007

| | コメント (14)
|

2018年10月17日 (水)

【麻雀】幼児がいる家庭で強者足り得るか

竹書房で一番麻雀が強い男が明かすセット麻雀必勝法 (近代麻雀戦術シリーズ)を読んで感慨深かったこと。
それは金本氏がH坂氏に今はまったく勝てねーらしいということだった。

近代麻雀編集部って麻雀専門集団だから、そこの麻雀のレベルはすげー高い…ように思えるが、じつはそんなことはない。
ふつーだ。

20年くらい見た中で、ガチで強いと思ったのは、金本、K藤、ノッポ(名前忘れた)の3人だけだった。

金本氏はよくセットを組んでいて、そこに来てた麻雀プロで勝ち越した人っているのかな。
ピン東ルールだったから、麻雀プロの本場所とは違い、主催者の方が有利という側面はある。
でも、プロの大半がカモられてたかもって事実から、強かったことがわかると思う。

ノッポもそのセットの常連だった。

金本氏の強さはオリ精度の高さ。
押し引き判断の正確さだった。

ノッポの強さはメンゼン主体でのメンツ選択の的確さだった。
メンツが完成する愚形と完成しない愚形を判別する嗅覚が異常で、カンチャンリーチのアガリ率がやたら高く、メンゼン勝負ではこいつには絶対勝てねーと思わされた。

そのセットで俺は酒を飲むのをやめてからは勝ってた気がするけど、どうなんかな。
ただ、当時は天鳳を始める前で、今から思うとまるで弱かったわ。
麻雀は勝ち金(負け金)の数字がすべてって意識が当時は甘すぎた。

そんな蟻地獄セットだった( ̄w ̄)プッ

そんな金本氏が今ではH坂氏にまったく勝てないと。
なるほどねー。
人生を思わされる。

子どもが小さいときに麻雀で勝とうって無理だわ。
H坂氏も子どもは小さいんじゃないかと思うけど、彼みたいに麻雀それ自体では勝負しないアプローチならだいぶマシだ。

麻雀はゴチャゴチャしたゲームで、すべてをほどほど適切にやらなきゃいかんから、重要なのは集中力、ミスしない事務作業力だ。
家庭に幼児がいる人には無理。

天鳳位のカニまじん氏が麻雀から離れるそうだけど、今までやってた方が不思議だ。
子どもが多少大きくなるまでは中断するしかない。

幼児がいる大変さって、子どもを持ったことない人には想像を絶する。
麻雀の強者であろうとするのは、それが職業である人以外は無理なんじゃないか。

子どもがいくつくらいになったら麻雀を再開できるか?

これは千差万別じゃないかと思う。
俺の娘1号と娘2号を比較しても、大変さは5倍くらいは違う。

今は発達障害的ないろんな症状に名前がつき、だいぶわかりやすくなった。
それでも、そういうのって、育ってきて、なんか変だなと思うようになり、専門機関に相談に行ってようやくわかるもの。
専門機関に行ったって、なかなか判断できないケースも多い。

4歳くらいまでは、ただ大変だと思いつつがんばるしかない。

娘2号は、手をつないで歩いてても、興味あるものが見つかったら手を振り払ってダッシュしてしまうような子で、そこが車道であるとか意識できなかった。
だから、手をつないで歩いてても、まるで油断できなかった。

娘1号の同級生で似たような子がいたけど、その子は難関大学からでかい会社に入って、だいぶ立派なリーマンになった模様。
子どもって育ってみないと本当にわからない。

夫婦ともハードな職場で働いてる夫婦で、異常に手間がかかる子どもが生まれたときって、みんなどうしてるんだろ?
見当がつかない。
ふつーに働くのって絶対に無理だと思うんだが。

ほんとね、子どもが小さいときは麻雀なんて絶対に無理。
かみさんの恨みも買いやすいから、止めた方がいい( ̄w ̄)プッ
そういう人のために「観る雀」があるんじゃねーの?

麻雀は40代や50代でも強くなれる。
近藤誠一さんとかさ。
すでに強者であっても、伸びしろはいくらもある。

ただね、ダンス仲間を見ていると、40~50代のおっさんで若いやつと同じフィールドで勝負しようという意識を持ってるのって、ふつうじゃないみたい。
みんなもっとまったりやってる。

| | コメント (24)
|

2018年10月14日 (日)

【麻雀】麻雀が縁の結婚

結婚式に招かれた。

新郎新婦の紹介ビデオは天鳳の画面から始まった。
ID名が新郎と新婦の名前になってる画像で。

紹介ビデオに俺の本、これだけで勝てる! 麻雀の基本形80が映し出され、この本がきっかけで出会ったと。
スピーチでも同様の紹介をされた。

その事実を知らなかったのでビビったわ(;^ω^)

んで、二人とも趣味の欄には天鳳と。

新郎新婦からのコメントが書かれた紙が席に置かれてて、そこには「ラス確には変わりないけど」「ラス確でも祝儀が拾えるなら」と、二人とも結婚=ラス確を意識したコメントだった( ̄w ̄)プッ


結婚式って、宣言にはあまり意味ないから、同居して10年くらい経ってからやった方がいいんじゃ?と思ってる派なのだが、俺が縁で結婚したと言われ出席した。
そしたら、過去に参列したすべての結婚式の中で最高なんじゃ?ってくらいいい式だった。

アートスト系の人が多くて、「痛風」という題名の曲をピアノを弾きながら歌った、ちょいやさぐれたにーちゃんが一番心に響いた。

あと、これぞプロの歌手!っていう歌声を聴かせてくれたのが新婦のお母さんで、プロのすごさってもんが感じられた。

音楽っていいよな。
音楽センスとは無縁の人生だったけど、ダンスを始めて以降、音楽ってほんといいもんだなってつくづく思う。

| | コメント (11)
|

【麻雀】いずれ若き天才が

オセロ世界選手権で、福地啓介くん(小学5年生)が世界チャンピオンになった。

オセロ業界という小さな沼では今、福地新七段ブームが起きている。

将棋の藤井聡太七段みたいに、一人の若い天才が巨大なブームを巻き起こすことがある。

いつかはわからないけど、麻雀でもいずれあるはず。

同じ福地という苗字だけど、残念ながら俺の孫じゃない( ゚д゚)ウム

| | コメント (3)
|

2018年10月 4日 (木)

【麻雀】とてつもない潜在市場

こういうのはわかるなー。
俺のリアルの知り合いでも、観るのにまったく興味ない人の方が圧倒的に多数だわ。

とはいえ、麻雀のルールと楽しさを知ってる人たちが膨大にいるのは、すごく大きな潜在市場だと思う。

麻雀は好きだけど、フリー雀荘やネット麻雀まではしないって層も多数…というより、そっちの方が普通な気がする。
メンツを集めるのが大変で、やりたいけど適当な場がないって人はすげーいると思うんだよな。

それ↑もまたわかる。

eスポーツに比べたら、麻雀の方がはるかに一般性があるよね。

将棋はニコ生の3大コンテンツと呼ばれ、叡王戦っていう新タイトル戦までできた。
将棋の叡王戦と麻雀のMリーグは、どっちが金がかかるんだろう?

ある程度の規模で観る雀が市場として成立するのは別に変だと思わないけどなー。
むしろ、Mリーグが始まって2日間の反響を見ていて、あ、これはマーケットになるわって感じてる。

| | コメント (43)
|

2018年9月27日 (木)

【麻雀】のみ手Tシャツ

お値段が高くない。

| | コメント (4)
|

2018年9月26日 (水)

【麻雀】発達障害vs麻雀

こんな質問↓を受けた。

厳しい話になってしまいますけど、ぼくの持論として「麻雀に勝因はなく、敗因だけがある」というのがあります。

麻雀にファインプレイというのは(ほぼ)なく、ミスした人が負け落ちていくゲームだということです。

麻雀は思う以上に作業ゲーで、正確な作業をどれだけ続けられるかというゲームです。
(もしかすると、これは麻雀に限ったことじゃなく、卓上ゲームというのは他もみな作業ゲーなのかもしれません)。

なのでミスしないこと、ミスを極力減らすことを第一に考えてください。

じゃあ、ミスを減らすには、どうすればいいか?
できるだけ、作業の手順を決めてください。

局が始まったとき、自分の手牌を見る → ドラを確認する → 第一ツモが来て切る牌を考える、など、すべての作業の順番を決め、それを守るように意識することです。
できるだけ、そんなことまで?ってくらい細かく決めてください。

(ぼくもリアル麻雀ではかなり作業手順が決まってて、たとえば自分が親のとき、上家がチョンを取ったことを確認してから第一打を切る作業手順が決まってるので、上家に小牌を起こさせません)。

そして、集中力が続かない人は麻雀では絶対に勝てません。
途中でドラを忘れちゃうのはまずいです。

かならず1戦ごとに少し休んで、とにかくノーミスを目指してください。

東風戦がいいですね。
局が少ないので。
その間は、潜水してるつもりで、息をつめて全力で集中しましょう。

三段までなれているのですから、特上に行くことはできると思います。

400戦を超えたらIDを作り直した方がいいかは、ぼくは今の状況はよくわからないのですが、どなたかがコメ欄で教えてくれるでしょう。
R変動幅が小さくなっても、コツコツと積み上げていく方が良さそうに思えますが…。

くり返しになりますけど、うまい麻雀、強い麻雀より、まずは正確な麻雀を目指してみてください。

これで答えになってますかね?

| | コメント (49)
|

2018年9月22日 (土)

【麻雀】四槓子

四槓子をアガるだけで天鳳位の資格がもらえてもおかしくなくね?
それくらい難しいだろ( ゚д゚)ウム

俺なんて三槓子すら経験ねーぞ。

鳳凰卓でそれをアガるとは、さすが天鳳位様!
※特上卓でした。

| | コメント (37)
|

【麻雀】最高位戦では

…ということなので、最高位戦ではこの手↓をリーチして九萬:麻雀王国をカンできると。

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国

また、この手↓でリーチして、七筒:麻雀王国三索:麻雀王国をカンできると。

七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国中:麻雀王国 裏:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国裏:麻雀王国 裏:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国裏:麻雀王国

あくまでカンできないのは、メンツ構成が変わるカンってことなんだね。


| | コメント (10)
|

【麻雀】リーチ後に三槓子ができるとチョンボ?

こんなん遭遇したことないけど、納得いかねー(;^ω^)

役が増えて何が悪いの?って思う。

これ↓で九萬:麻雀王国をカンすると役が消える(可能性がある)から、カンできないってのの裏側の話ってことですかね?

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国八萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国

リーチ後はメンツ構成と役が変化してはいけないって原則と、コーツ→カンツへの変化は許されるって原則の境界線にあるケースだ。

こんな手牌↓でリーチしたとして、

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国七筒:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国中:麻雀王国

2つまではカンOKで、3つ目、4つ目のカンは不可って、不自然すぎるわ。

リーチ後のカンの規定として、メンツ構成と役が変化してはいけないって原則がいかん。

待ちが変わらなければOKでいい。

本当は役が変わってもOKにしたいけど、そうすると複雑なトラブルがいろいろと起きてくる。

たとえば、こんな手牌↓でリーチして、自分の捨牌に九筒:麻雀王国があるとする。

四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国一索:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国

リーチ後に八筒:麻雀王国をツモってカンしたら、待ちが三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国九筒:麻雀王国四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国待ちから四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国待ちに変化し、フリテンが解消される。

そのとき、リーチしてからカンするまでに四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国が場に切られてなかったらフリテンにならず、切られてたらフリテンになるのか?
カン周辺で鳴きがいっぱい入って、他から四筒:麻雀王国七筒:麻雀王国が切られた巡目と八筒:麻雀王国をカンした巡目がよくわからなくなった場合はどうするか?

そんなトラブル種が起きてくる。

基本的にフリテンに関しても、できるだけ自分の手牌と捨牌だけで説明できた方がいいから、そういうトラブルが起きやすい状況を増やすのはよくない。

つーわけで、リーチ後のカンは待ちが変わらなければOKでよくね?

こういう手↓で、

一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国七筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国西:麻雀王国西:麻雀王国

シュンツが消えるから一萬:麻雀王国三萬:麻雀王国はカンできないってルールは、理屈が脆弱すぎる…と思う。

この手↓で、リーチ後に五萬:麻雀王国をカンできないのって、ルールとして下らなすぎる。

二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国三萬:麻雀王国五萬:麻雀王国五萬:麻雀王国五萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国

ただし、それが現行ルール。

追記:
リーチ後のカンはすべて禁止が一番いい。
トラブル種が一気に消滅する。
ロジカルにはそれが正解だろう。

とはいっても、世の中の人はリーチ後のカンが好きすぎるから、禁止するのは麻雀の魅力を減らすことになるんだと思う。
ならば、だいたいはOKにしてしまった方がいいんじゃないか。

↑リーチって日本にしかないんだよね(;^ω^)


| | コメント (22)
|

より以前の記事一覧