麻雀

2018年4月26日 (木)

【麻雀】初級者が強くなるには

これには共感した↓

初級者が強くなる為の考え方について その1

結論は、

麻雀をたくさん打つ事(最初は出来ればネットではなくリアルで)

それと並行して役と点数計算を勉強する事
それと並行して「何切る」の問題集を一冊読んでみる事

というシンプルなものだと。

そうだよなー。
大事なのは量だわ。
複雑な説明はどーでもいい。

もうひとつ思うのは、強くなる人って熱意が違う。
なので、熱意を少しでも上げること。

どうすれば?

「アカギ」か「咲」のマンガかアニメですね。
これ面白ぇ!って体験をすること。

あとは勝つこと。
方法は不明だが( ゚д゚)ウム

面白さに勝る薬なし!だと思う。

| | コメント (27)
|

2018年4月24日 (火)

【麻雀】三色同刻ラブに意味はあるか?

このブログのコメ欄のアイドル・昭和フィッシュ君から、こんなコメ↓があった。

 * * * * *

三色同刻の下にコーツ2ケ+トイツ1ケで成立する手役を作るべきだな
出現率が低過ぎる

そして三色同刻って名称は無くしてこう分ければいい
大三色同刻 or 三色大同刻
小三色同刻 or 三色小同刻

大三元
小三元
と分かれている
おかしくはないんじゃないか

ハン数だが
上記は5-6ハン
下記は3-4ハン
くらいにしても問題無いだろう
今のままで良いとは思えない

 * * * * *

どれどれ。
専門家として回答してあげようか。

今の日本麻雀の役って、戦前からあるものと戦後に採用されたものに分かれるんだわ。
前者はチンイツとかトイトイとか。
後者は三色とかイーペーコーとか。

いずれにしろ、中国では地方役として存在してたもの。

戦後の役が追加されてまもなく、誰が考えたんだか、リーチとドラが発明された。
これが麻雀の傾向を大きく変えた。

リーチとドラの発明は昭和20年代のことだったが、以後は新たな役は採用されてない。
流しマンガンとリャンペーコーくらい?

それ以降の新規アイデアはみんなリーチ&ドラ絡みになった。

手役出現率↓を見ると、差の大きさがよくわかると思う。

Photo_7

リーチは37%。
トイトイは1.5%。

もうね、リーチとドラが麻雀の中心だから、それに関わる役だけ意識してればよくて、出現率が低い役を意識することは意味がないんだよね。
その後、一発ど裏ドラが追加され、五萬赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国五索赤:麻雀王国も加わったから、完全にリーチとドラのゲーム。
重要なのは押し引きとなって、手作りで重要なのはリーチとドラ絡みだけになった。

麻雀を役作りのゲームとしたいなら、三色小同刻もいいんだが、他にも、今ある役をダウンサイズしたものを各方向に追加すればよかった。

二色とか、三色一通とか、ズレ三色(123、234,345みたいなやつ)とか、二暗刻とか、二同刻とか。
どれも国際公式ルールにある役だ。

昭和フィッシュ君は、麻雀を10年も打ってなかったから、実戦とは離れた麻雀のイメージが脳内で肥大して、「こんな役に気が付く俺つえー!」って思ってしまい、それが自分は強いと思う理由になってる。
ただね、それは現実の麻雀じゃなく、君の脳内の麻雀なんだよね。

三色同刻の下に三色小同刻を作るより、三色の下に二色を作った方がずっと影響ある。

リーチとドラが発明されなかったら、麻雀にそういう道もあったかもしれないね。

| | コメント (20)
|

2018年4月21日 (土)

【麻雀】状況判断がヌルいんじゃないか

相変わらず昭和フィッシュが現れては、今度は独歩さんの牌譜にケチつけてる( ̄w ̄)プッ

【麻雀プロ】両天鳳位が1位のコメ欄にて。

 * * * * *

天鳳位は強いだろう
一番強いかどうかはともかく強いのは間違いない

だが完璧ではない
穴はある

ということでだ
天鳳名人戦
第九節
独歩の二戦目東場を見てみよう

(中略)

状況判断がヌルいんじゃないか

 * * * * *

「あいつは〇〇が甘いんだよな」って言いながら、ビールを飲みつつプロ野球観戦するような感じか。

ケチつけられるのもプロの仕事だわ( ̄w ̄)プッ
チェックしてやろう!って思われることが人気の証明だ。

なぜ俺のブログのコメ欄で?とは思うけど、来るとなんか盛り上がるから、まーいーか( ̄w ̄)プッ

| | コメント (42)
|

【麻雀】三色同刻はあるか?

ブログのコメ欄に相変わらず昭和フィッシュが現れて、三色同刻もハン数を高くすれば十分出るなどとアホなことを言う。

どんだけ三色同刻を好きなんだよ。
そんな役ねーから!

……てなことがあった直後だったから?

こんな配牌↓から、トイトイダッシュ風に打ったら、

Photo

サラッと三色同刻をテンパったでござる↓

Photo_2

こりゃ出るとしたら高めの方だな。

おお!
この役って実在する?
昭和人の脳内だけじゃなく?

そこに上家からリーチが↓

Photo_3

ツモ切った牌があっさりアウト。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

Photo_4

やっぱりそんな役はなかった(´;ω;`)ウゥゥ
ほら、だからさ…。

04/21 | 牌譜 | 特南喰赤 |
3位 C:bakase(-15.0) D:ヽ(・∀・)ノ(+7.0) A:小毬MAX(-35.0) B:so-yu-na(+43.0)

ちなみに、これが俺のアガリ役統計↓

Photo_6

アガリ総数1万5000回のうち、三色同刻は6回。
大三元と一緒。
三暗刻の10分の1以下。

こんなんいらんだろ。
レアなものを削ってシンプル化するのは大事なことだと思うけどね。

もっと少ない混老頭も不要だな。
チャンタトイトイでいい( ゚д゚)ウム

| | コメント (21)
|

2018年4月20日 (金)

【麻雀】国際ルールの役を導入

おもしろい!

これ、今の日本のルールよりいいように思う。

今はシュンツ系の役が少なすぎる。
だから赤なしはリーチ&ドラゲーにならざるをえない。

ただし、出現率を取って、低すぎる役は消してしまっていいんじゃないかね。
今だって、チャンカンとか三色同刻などはほとんど意味がない。

こまかいことを言うと、シュンツ系の新役は安すぎない?
このハン数だと、存在感が低い。

組合龍と七星不靠はメンツという概念を崩しちゃってるから、これは採用しない方がいいと思う。

五門斉も入れていいのか微妙な気がする。
まぁ…いいのかな?

| | コメント (9)
|

2018年4月13日 (金)

【麻雀】全自動卓の流れ論

2003年1月発売の麻雀無限会社39 ZANK(2) (近代麻雀コミックス)から。

Photo

いいプレイ、あるいは悪いプレイをしたときに、全自動卓なら、そのプレイをしたときには次局の山がすでにセットされているから、1局おいて流れが変わる。

これは90年代後半から言われるようになった流れ論。
安藤さんがよく言ってた気がする。

全自動卓は2種類の牌を使うっていう合理的な部分によって、漠然とした流れ論が急にもっともらしくなるというw

| | コメント (34)
|

2018年4月12日 (木)

【麻雀】ご報告

ご報告といっても自分の話じゃない。

これ→ ご報告

麻雀業界で「ご報告」といったら、「このたび結婚いたしました」か「新しい命を授かりました」だが、さすが津田弁護士はそんなありきたりな話じゃなかった。

事務所を法人化し、東京オフィスを開設し、東京に引っ越してきたと。
そりゃ忙しいはずだわ。

そのオフィスの場所がこれ↓、渋谷マークシティだもんなー。すげーわ。

Photo

みんな渋谷に行ったら、賭博罪反対!と叫びながらこのオフィスに行ってみよう。
寿司をおごって…くれないだろうけど、もしかしたら、かけそばくらいならおごってくれるかもしれない。

ちなみに彼は経済観念のしっかりした関西人なので、一緒に飯を食ったときは、レジで当たり前のように「別々に払います」といって、900円くらいをたがいに自分の分だけ払った…のがこれまでだった( ̄w ̄)プッ

| | コメント (4)
|

2018年4月11日 (水)

【麻雀】アドゲーブログ

韓国学生Levinの麻雀話

アドレナリンゲームの経験ある人なら、非常にリアルで面白い。

神ポッチとか虹五索:麻雀王国とかゼブラ五筒:麻雀王国とか、ほんと気が狂ってるよな( ̄w ̄)プッ

俺が白ポッチを最初に経験したのは今はなきラズベリーという店で、そこでは神ポッチだったから、他店に行ったとき、裏ドラ表示牌に白ポッチが出たから、当然のように祝儀を2枚追加したら「いや、それはダメだ」と言われ、「なんだその地味なルールは…」と思った( ̄w ̄)プッ

このブログの著者は、新宿で俺の本の路上即売会に来てくれたニーチャンだと思われる。
会って話したときも、麻雀にドハマリしててすげーなぁと思ったけど、本当にハマってるなあ(≧∇≦)

日本以上に競争社会の韓国で、優秀な大学に行ってて、これから兵役もあるのに、麻雀に逃避してる感じだった。
日本の大学生と完全に一緒( ̄w ̄)プッ

麻雀=竜宮城現象だわ。 → 【麻雀】麻雀は竜宮城か?

| | コメント (16)
|

【麻雀】染め率

最近、染め率が高くなってる。
これは競技麻雀病の1つだわ。

赤なしは打点ある手を作ることが重要で、常に染め手を意識しなきゃいけなくて、染め率が高くなるんだよな。
ふだんの麻雀との使い分けがぶれやすい。

ごくたまーに打つ競技麻雀に引っ張られてる。

ここ↓から上家の八萬:麻雀王国をチー。

Photo_3

これは振り込みに終わった↓

Photo_4

このとき↓は対面の一索:麻雀王国をポン。

3

これはうまく仕上がった↓

Photo_5

発進巡目が早いのが特徴かな。
序盤からいきなり鳴いていく。

染め手は守備力が高い方で、振り込みになるケースが多いわけじゃない。
リーチの高打点系の手が減るのが問題。

しかしね、いいか悪いかはともかくとして、カン八萬:麻雀王国が上家から出たら、考える前にチーしちゃわねーか?

| | コメント (20)
|

2018年4月10日 (火)

【麻雀】理不尽な山越し

アサピンやしゅかつは、十段時、けっこう嫌がらせされたとゆーとった。
十段でpt状況を公開してると嫌がらせされるから、こっそり駆け抜けるしかないよって、俺も十段のときに忠告されたなぁ。

こういうのがいいかわるいかは何とも言えないけど、避けようがないのが麻雀というゲームだわ。

Photo_5

| | コメント (120)
|

より以前の記事一覧