麻雀

2019年2月16日 (土)

【麻雀】麻雀BAR和金にて

和風麻雀BAR和金のゲストに行ってきた。

例によって遅れそう。
3分過ぎくらいに到着。

店に到着して、インターホンを鳴らしても誰もでない。
店がまだ開いてなかった(;^ω^)

10分くらいしたら顔を知ってるにーちゃんがきた。

以前はプレイボールで働いてた人。
今はここの従業員なんだと。
なんのかんの開店の準備をしてた。

30分くらいしたら女の子も来た。
彼女は「字を書くのむっちゃ苦手なんですよ」と言いつつ、今日のメニューをホワイトボードに書いては消しをくり返し、1時間くらいかけてやっと完成させたやつを店長に写メして送ったら、料理名を略すなとボツくらって、また書き直してた。

俺はずっとマンガを読み、ダンスの筋トレし、またマンガを読んでた。

あの…、すでに営業時間なんだよね?

7時半になってようやくお客さんが来たと思ったら、卓を予約した会社員セットの方々だった。

最初のお客さんは麻雀警察。
8時20分だった。

以後はパラパラとお客さんが来てくれて、10時過ぎにはカウンター8席が満員に。

けっこうよく知ってる方々や、何度か会ったことある方々や、ツイッターで「カード使えますか?」「行ったら福地さんと打てますか?」などの会話をした方など。
11時半くらい来た方以外は、みんな何かしら俺とつながりのある人だった。
5年くらい前に俺から大三元をアガった方とか。

数年ぶりに会った人から、共通の知人のその後などを聞けるのはいいね。

ずっと楽しくトーク。
生で話せるのはやりやすい。

「Mリーグ選手のこととかむちゃ詳しいですね」と言われたのが面白かった。
むしろ最近は麻雀プロとの付き合いが少なくて、以前より詳しくないんだけどw

俺は独歩さん似の方におごってもらった1杯しか飲まなかった。
真面目すぎだな( ̄w ̄)プッ

満席になった割に、売り上げはそんなにいかなかったんじゃないか。
2時間くらいいた方が払ったのはわずか2100円。
「2杯目を注文しようとしたのに聞いてくれなくて」つーてたし( ̄w ̄)プッ

歩合も含まれるので俺のギャラもそんなにいかないかもだが、まぁいーわ。
楽しかった。

「もうこりごりです」と言われなかったらまたやりたい。

| | コメント (19)
|

2019年2月15日 (金)

【麻雀】和風麻雀BAR和金

今日ゲストの和風麻雀BAR和金に行ってきた。

ここ → 東京都新宿区歌舞伎町2丁目11−4 Leeビル7F-F

20190214_003954

大昔、安藤満プロに連れられて入ったことがある有名なビルだった。
このビルの上の階の奥の方だったら、そりゃ一見さんは来ねーわ。

GardEnにすごく近いけど、全然知らんで始めたそーな。
最近は麻雀BARが流行しててどんどこ増えてるけど、その流れに乗ったわけでもなく、たまたまだと。

なんとお店の中に全自動卓が2台あった!
雀荘かよ…という。
ただし、今日は予約が入っており使えない。

悪い評判があるって話だったけど、話を聞いてみたら風評被害。
仮にその説明に嘘が混ざってたとしても、俺がゲストやるのとは関係ない話だった。

店長さんがイケメンすぎてビビった。
20190214_011523

実物は写真以上。
以前はフリー雀荘の従業員だったそうで、素質をまったく活かせてねーだろ( ゚д゚)ウム

今日の俺のゲスト時間は1800~2300。
明日の午前中にでかい勝負があるので、終わったあとは麻雀せず今日は帰ろうかと。

| | コメント (11)
|

2019年2月12日 (火)

【麻雀】2/15、麻雀BAR和金ゲスト

麻雀BARのゲストってやったことなくて、どういうもんなのか見当もつかない。
動物園の熊みたいに店内をうろうろしてたらいいの?

手持ち無沙汰でついつい飲みすぎてしまい、早々と潰れそうでヤバイ(;^ω^)

俺とトークしによろしかったら!
ネット上には書けないことも、直接聞いていただけたらOKです。

2/15(金)1800~2300

場所はここ→ 東京都新宿区歌舞伎町2丁目11-4Leeビル7F
Photo


| | コメント (10)
|

【麻雀】VTuberの威力

以前こんなコメ↓きたけど、これ↑のことだよね。
夜桜たまさんって俺も名前は知ってる。

 * * * * *
福地さん、2月末に毛原さんがみずぐちむと松島プロ引き連れてバーチャルユーチューバーとコラボする件、ブログで触れてみて
毛原さんの方から彼女が所属する会社に出向いてプレゼンした熱の入れようです
youtubeの麻雀配信で常時同接7~8000人集めてる娘で4面打ちしたり、土田プロへの愛を語ったりしてます
 * * * * *

| | コメント (15)
|

2019年2月10日 (日)

【麻雀】牌の切り方5種類

この前のが好評だったので、もう1つ。

分類と詳しい説明、〇〇プロがこの切り方というコメなど、わかりやすさがすごい!

| | コメント (7)
|

2019年2月 8日 (金)

【麻雀】牌さばき

見たことない技がいっぱいあった。
すごい!

これを全部駆使してたら、むっちゃすごいわ(≧▽≦)

昔はかっこつけでこーゆーのをみんな練習してたもんだけど、今は誰もやらなくなった。

| | コメント (14)
|

【麻雀】2/10ウルグリゲスト

2/10(日)1300~2100

ウルトラグリーンへゲストに行きます。

暇で暇でしょうがなくて場末に行ってもいいかという奇特な方はぜひ!

今回はオマーン人コス↓はなし。今の季節は寒くて無理だわ。


このオマーン人だったときに、天鳳位になったお知らせさんが来てくれて10回くらい一緒に打った。

その前のときは、京都から来てくださった方が。
チョコまでいただいた。
ありがとうございました。

錦糸町にアドゲールールの客がいるというのが不思議だったけど、地元の人がそこそこいる。

| | コメント (2)
|

2019年2月 6日 (水)

【麻雀】画竜点睛を欠く

昨日のアドゲー(アドレナリンゲーム)での1コマ。

東風戦のオーラス、こんな手になった↓
四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国南:麻雀王国 ドラ二索:麻雀王国

問題は親リーが入ってること。
自分はダントツで、6000オールを引かれても逆転されない。

もっと点差が小さかったから追いかけリーチするけど、ダントツで、祝儀もない手で勝負するのは馬鹿らしい。
白:麻雀王国ポッチも出ちゃってたし、無駄な勝負はせずここは南:麻雀王国切り。

しばらくして手牌はこうなった↓
四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国

ダマでもアガれるけど、これはさすがにリーチでよくね?

一発や裏ドラの祝儀もあるからね。
ここでリーチ。

数巡して引いたのが4枚目の六筒:麻雀王国

おいおい…(;^ω^)と思いながら切ったら、それがダブロン。

親は三筒:麻雀王国六筒:麻雀王国待ちで親マンの1枚。
押してた西家はカン六筒:麻雀王国待ちで3900点の3枚。

俺は3着落ち。
すんごく大きな放銃となった。
素点で1.5枚、順位で7枚、祝儀で4枚の損失。

こーゆーの若い頃に福地泡介のエッセイで読んだわ。
最後にリーチをかけたのが「画竜点睛を欠いた」って。
竜の絵をみごとに描いたのに、目を入れ忘れたと。

どうなんだろうね?

一発や裏ドラの祝儀もあるから、白:麻雀王国ポッチが出てなかったら鉄リーだと思う。
赤や金が1枚でもあったらリーチした方がよさそうだが、この場合はしない方がいいのかな?
ツモ六筒:麻雀王国は珍しいけど、ツモ三筒:麻雀王国は十分あるし。

それ以外の局にも、先行リーチが入ってて、その現物待ちでテンパって、どう見てもダマの局面でダマにしたらすぐ白:麻雀王国ポッチをツモってたってのが2回あった。
白:麻雀王国ポッチツモはそれだけで1枚オールだからでかい。

アドゲーでは競技的に打つと損することが増えるわ。

トータルでは勝ったけど。

最近アドゲーでなぜか勝ちっぱ。
財布の金が増えすぎてしまい、たまに取り出して引き出しの中にしまうのだが、しばらくするとまた増えすぎてしまう。

最近は2食に1食は自炊で焼きそばを食ってるので、焼きそばを食うとツキが貯まるのか?

| | コメント (12)
|

2019年2月 2日 (土)

【麻雀】しょぼくれ中年の孤独

俺は中年のしがない麻雀ライターだ。
最近は麻雀の仕事もないから、自称ライターにすぎない。
実体はブロガーだ。

そんなことより昨日は天鳳名人戦第6節だった。
俺が足切りを食らう日だ。

これ↓が前回までの成績。

Photo_10

俺は最下位だ。
ここから勝ち残るには、4人を抜かなきゃいけない。

無理だわ(´;ω;`)ウゥゥ
プラスにすることすらできないのに、200も勝てって無理に決まってる。

このままいくと、くそ負けして消えていった渋川やコーラさんみたいな道をたどるのか?
自分から辞めたのか首になったのか、彼らは今ごろどこで何をやってるんだろう?

1回戦

俺の勝ちパターンはスタートダッシュだ。
技術不要の高い手をいきなりアガること。
誰でも勝てるってやつだ。

それを狙ってたんだが、他の連中が順ぐりにマンガンをアガっていく。
うう、追いつけねー。

そんな焦りからミスしてしまう。

東3局、子の4巡目、こんな手↓で

Photo

下家から出た二索:麻雀王国をポンすればテンパイなのにスルーしてしまった。

すでに2人にマンガンをアガられており、この手をあっさり1000点で終わらせていいのか…という焦りがあった。

結果論だが、この直後に親の社畜がドラの南:麻雀王国をアンコにしてリーチし、ツモって親マン。
この二索:麻雀王国をポンしてたら俺のアガリだったろう。

トップを取るっていうのは、こういう並びはいいけどドラのない手を、メンタンツモ裏1みたいなマンガンに育てることじゃない。
チャンスはかならず来る。
それを信じて、目先の軽い手をいじくらないこと。

美少女に厚化粧させるみたいな打ち方は、南場に入ってからジタバタやればいいのだ。

この1局によって今回はトップはないことを受け入れて、あとはラス回避。
下家のハゲにラスを押し付けて、なんとか3着。

02/01 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
3位 A:Ⓢ福地誠(-6.4) B:Ⓟ谷口浩平(-81.4) C:独歩(+70.7) D:Ⓟ川崎たかし(+17.1)

Photo_20

そんなことより、200勝たなきゃいけないのに3着スタートだ。
これでどうにかなるのか?

2回戦

ドラ3のチャンス手で、2巡目に不要なオタ風がトイツった↓

Photo_2

この手はチートイだな。
俺はトイツ王子の土田浩翔先生に、トイツ手への見切りがいいってお褒めの言葉をいただいたことがある。

ここからはチートイに決め打ち、10巡目にテンパイ↓

Photo_3

これを一索:麻雀王国待ちでリーチしたら、対面の猫から追いかけリーチが入ったけど、一発ツモ↓

Photo_4

なんと倍満になった。
このアガリで2回戦はトップ。

02/01 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 C:Ⓢ福地誠(+67.1) D:独歩(-80.4) A:Ⓟ川崎たかし(+17.9) B:Ⓟ谷口浩平(-4.6)

いちおう首の皮はつながったか。

今日は足切りがかかってるので、1回ごとにトータル成績が出される。

2

2人かわした。
でも、8位まであと200って、トップ取ったのにまったく近づいてねーんだが(;^ω^)

ターゲットだった連中が勝ちやがった。
まぁ人生そんなもんだよな。

3回戦

卓組が発表された。

石橋伸洋 × 木原浩一 × おじさん × 福地誠

よし、ターゲットは同じマイナス組のおじさんだわ。
こいつな↓

Photo_24

こういうタイプはフリー雀荘で何百人もさばいてきたから得意なんだわ。
脇の2人もベテランだから、小僧をさばくにはドンピシャ。

Mリーグで高宮さんが苦戦してるのも同じ理由で、メンゼン主体のリーチごり押し打法は、妖怪どもの中に入るといい養分になってしまう。

東1局、おじさんからリーチが入った翌巡、一発目なのにノータイムで六萬:麻雀王国をツモ切り↓

Photo_5

いきなり勝負局がきてる。
ドラ2枚のこの手になったら、俺は地の果てまでオリないよ。
どっちが陥落するか、この局で決めようじゃねーか。

すると、上家の毛腹さんが、俺の勝負気配を察して、今のうち…とドラの二索:麻雀王国を切ってきた↓

Photo_6

これをポンして、あとは全ツ。
君はおまんこしか興味ねーだろうけど、俺にだってしなびたちんこがついてんだわ。

すると、あわれなおまんこ小僧が俺の当たり牌を持ってきた。

親マン。

以後、誰がおじさんを喰うかって展開となり、おじさんは合計6回の振り込みで飛び終了。

Photo_11

やったぜ。
これで連勝。

02/01 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 A:Ⓢ福地誠(+66.4) B:Ⓟ石橋伸洋(+31.0) C:おじさん(-101.5) D:Ⓟ木原浩一(+4.1)

ようやくスタートラインにつけた。
最後にもう1回トップを取れたら残れる…かも。

3回戦までの成績が出た↓

3

また1人かわした。
タケオしゃんが堕ちてきて、差は83。

次にトップを取って、タケオしゃんが3着以下なら残れる…かも。

中高年だって、やるときはやるんだ。

だが、真に大変なのはこれから。
四暗刻だって、テンパイまではよくあって、ツモるのが難しい。

4回戦

東1局、親のおじさんはチンイツのテンパイか1シャンテン。
そんな状況でのみ手をテンパイ↓

Photo_7

ここは行くしかねー。

これをリーチ。

Photo_8

すると、うっひょ~! 一発ツモだった。
裏は乗らずで1300・2600。

順調なスタートを切った。

その後も順調にアガったけど、親のときバシ夫に、くそみたいなペン三筒:麻雀王国をツモられて、それがハネマン。
1万点差をつけられた。

Photo_9

うう、苦しい。
やっぱ簡単に勝てるもんじゃねーわ。

さらに苦しかったのは、南1局、おじさんに親倍をツモられたことだ。

10

親倍はでかい。
でかすぎる。
ううううう、苦しい。
これはさすがにもう駄目か?

…とは全然思わなかったんだよな。
優勝したときも、直対の社畜に2万点差をつけられてたけど、きっと逆転できるんじゃね?と思ってた。
勝てるときって、そんなメンタル状態になるらしい。

とにかく2万点を稼ぎ出すしかない。

ここから先は小細工はいらない。
高い手を、ただひたすらまっすぐ作る時間に突入だ。

俺の麻雀人生は小細工ばかりだった。
麻雀だけじゃない。
人生も小細工ばっかだったかもしれん。
でもね、天鳳名人戦を打ってきて、小細工がすべてじゃないって気づいた。
その成果を見せるのが今だ。

心は完全にゾーンに入っていた。

南1局、3巡目に一萬:麻雀王国を切ったときからマンガン縛りの打ち方をして、ようやくテンパイ↓

11

これをリーチしたら、バシ夫から長考の末に一発で出てきてマンガン。

すべてのアガリが一発で勝負がついていく。
なぜ最終戦ってこんな風に煮詰まるのかね?
不思議なもんだ。

まだ点数は足りない。

南3局の親番、のみ手の苦しい待ちでテンパイ↓

12

見かけはリャンメンだが、五索:麻雀王国が4枚切れだから二索:麻雀王国が3枚残ってるだけ。

とはいえ、そんなことを言っててもしょうがない。
ここは即リーの一手だ。

すると本日3回目の一発ツモ↓

13

裏なしの2000オール。

これでバシ夫はかわした。
あとは、おじさんまでの4700点。

次局南3局1本場の1巡目、下家のバシ夫がドラの西:麻雀王国を切った↓

14

これをノータイムでポン。
役が見えてないから、ふつうならあり得ないポンだ。

大事なのはこの局だわ。
この手をどうにかするしかない。
こんな遅すぎる手で、どうにか間に合う幸運を祈りつつ、ただ打ってるようじゃ無気力すぎる。

だが、どうやって役をつける?
役牌かトイトイになるのか?

そんな事情を見透かしてなのか、最終戦の異常なテンションになってるのか、バシ夫もおじさんもション牌の役牌をバシバシと切ってくる。

うう、苦しい。
そっちが手を遅らせてくれないと、鳴いた意味ないんだが(´;ω;`)ウッ…
中高年になってくると、小細工の時間じゃないと言いつつも、こうやって小細工で寝技に持ち込むしかないというのに。

そして、バシ夫がリーチをかけてきた↓

15

あとで牌譜を見たら、カンチャンテンパイを外して3メンチャンに組み換えてリーチしてるんだよな。

アン牌もなければ役もない2シャンテン。
これはさすがに進退きわまった( ノД`)シクシク…

ただひたすら絶望だ(´;ω;`)ウゥゥ

だが、ここ↓からとりあえず七索:麻雀王国をチーして、

16

かろうじてテンパイ流局に持ち込んだのだった↓

17

バシ夫の待ちは三索:麻雀王国六索:麻雀王国九索:麻雀王国だった。
リーチを受けたときは九索:麻雀王国がポツっと浮いてたし、リーチ後にも六索:麻雀王国を2枚つかんだ。
それを使い切っての流局テンパイ。

こんなレンチャンは、形テンの魔術師・アサピンだって無理じゃね( ・´ー・`)
単なる破れかぶれとも言う。

君は光輝くMリーグの世界に旅立ったけど、俺は今も天鳳名人戦の穴倉みたいなマイナス域で、こんな形テンを必死に取ってるんだわ。

その次局、ご褒美のように親マンを引いた↓

18

やったよママン。
3連勝できそうだよ。

オーラス、親のバシ夫が、200点しかない毛腹さんを飛ばさないよう、2回も毛腹さんから見逃しして、さらに2回ともツモってもアガらなかった。
見逃しは2回ともわかったので、そのうち1回は浮いてた当たり牌を合わせ打ちした。

最後は瀕死の毛腹さんがツモって終了。

トップだ。
これで3連勝(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

02/01 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 C:Ⓢ福地誠(+72.4) D:Ⓟ石橋伸洋(-7.9) A:おじさん(+32.3) B:Ⓟ木原浩一(-96.8)

やったよ。
できたよママン。
今日1日で199.5勝ったわ。
過去にここまで奇跡的な生き残り方をしたやつっていないじゃね?

あとは別卓のタケオしゃんの状況がどうなってるか?

しばらくして判明した。
タケオしゃんは最終戦2位だったと。

Photo_12

な、なんという(´;ω;`)ウッ…

あんなにがんばったのに、まったくの無駄だった( ノД`)シクシク…

たまに成果を出しても無益に終わる。
中高年とは人生のそういうステージらしい(==)ウム

こうして今期の天鳳名人戦は敗退が決まった(/_・、)/~~


| | コメント (25)
|

2019年2月 1日 (金)

【麻雀】安いプログラム?

【天鳳】爆打、六段にのコメ欄に、こんなコメ↓が。

 * * * * *

天鳳の3打ちをしています。
これは、圧倒的なインチキでホンイツ狙いだと90%以上逆に偏ります。
また、トップ後の次のゲームは殆どがラス。
ラス後は殆どトップ。
ありえない程の確率で相手の当たり牌をつかんできます。
自分は、雀荘に週3で行くのですが
天鳳を打つたびに違和感が出てきます。
無料で遊ぶならこのような安いプログラムでも文句は出ませんが
有料でこの有様だと、さすがにイライラします。

 * * * * *

すごいよな。
発想が。

麻雀って、自分の手牌だけ見る「自分の視点」と、みんなの頭上から4人を同時に見る「神の視点」がある。

この種のインチキがある系の発言や、流れなどの偏り系の発言って、すべて「自分の視点」からしか考えない人たちのもの。
巨視的な視点を持てない人たち。

こういう人って、自分以外の2人のツモも確かめてみるとか、他の牌譜も調べてみるなんて発想はないんだと思う。

だってさ、手間を考えたら、ランダムに作るのが一番簡単で、変な偏りを作ろうとしたらその設定をしなきゃいけない。

そりゃ、ツキモードみたいなやつを作ろうとしたらできると思うけど、そのぶん手間がかかる。
別にメリットもねーし。

俺は天鳳のプログラムにインチキがあるかないか語る立場じゃないんだけど、少なくともこれは言える。

一番安いプログラムは単なるランダムであって、異常な偏りが出るように設定されてたら、それは少し高いプログラムだ( ̄w ̄)プッ

| | コメント (30)
|

より以前の記事一覧