2018年8月31日 (金)

【本】木村正彦外伝

この本を読んでる。
ほんと面白いよなー。

俺は格闘技ってまず観ないのに、なぜ昭和モノだとこんなに読んでしまうのか?(;^ω^)

700ページもあって2段組だから、なかなか読み終わらない。
本って娯楽として安いわ。

著者と小林まことの対談が嬉しかった。
この前、漫喫で再読しちまったんだが、柔道部物語 全7巻 完結コミックセット(講談社漫画文庫)もほんと面白いよなー。
読んでてすんごいわくわくする。

| | コメント (4)
|

2018年7月 8日 (日)

【本】2020年 マンション大崩壊

読んでみたら、名著だった。
この分野に関して網羅的で、非常に説得力がある。
俺もこういう本を書きたいもんだわ。

同テーマのこっち↓も3分の1ほど読んだけど、こっちは業界内っぽさが高く、上の本の方がいい。

以下は抜粋あるいは要旨。

 * * * * *

今の日本では7軒に1軒が空き家。
そこに毎年100万軒の新築が供給されている。
つまり、空き家はさらに増えていく構図になっている。

住宅が不足していた時代の業界構造が今も続いている。
しかし、人口減少時代に入って、家があまる社会となり、需要の側が崩れてきている。
もはや、不動産を資産と考える発想は、旧時代のものとなりつつある。

お父さんが一生懸命住宅ローンを返済して買ったマンションを相続して住み続けたいと思う子女は、現代ではほとんどいなくなってしまっています。

「売れない」「貸せない」「子供は住まない」三重苦の「負動産」。

「最近は相続人の方をつきとめても、本人にマンションを継ごうという意識がさらさらありません。
管理費滞納が続くので請求すると、『困っているなら差し押さえでもして売ってくださいよ』と言われる始末です。
まるでやる気がありません。

日本は、和を重んじる社会というイメージが強い一方で、不動産に関しては意外にも私権が強い社会。
持ち主の権利が強くて、空き家に、周囲の住人や行政が手を出せない。
欧米だと個が尊重される一方で、コミュニティへの従属にもウェイトがあり、空き家の放置はコミュニティーを侵害するものとして、家はあっという間に撤去されることになる。

ここ10年の首都圏の新築マンションでは、なんと4分の1がタワマン。

「なぜ、この管理組合総会の議事進行は日本語で行われるのだ。
私は中国人。
このマンションの所有者の多くは中国人と聞いている。
ならば総会における使用言語は中国語で行うべきだ」
会場中がこの発言に凍りついたそうです。

マンション管理会社が口をそろえて指摘するのが、日本における「私権」の強さです。
永住者が増加する一方で、マンションという本来は共同体であるはずのものをあたかも「自分の専有物」であるかのように錯覚する人が増加しているということです。

ある大手私鉄の首脳は、
「もはや認可を受けたところで新しく鉄道を延伸することは不可能。むしろ、できることなら、現在の終着駅をもっと都心部に縮めたいというのが本音です」
と語っていました。

賃貸し住宅という「仮の住まい」を経て、最後は持ち家を持つという住宅すごろくから脱する時代になっている。
住まいは、使い潰す時代へ。

 * * * * *

| | コメント (5)
|

2018年7月 2日 (月)

【本】リアルサイズ古生物図鑑 古生代編

これってバージェス頁岩から発見されたってやつらだよね?

すげー面白い本があるもんだなーと思ってアマゾンで見てみたら、まだ発売されてないにも関わらず、総合36位!
大ベストセラー候補やんけ。

アイデアとビジュアルがすごいもんな。
本は売れない…のが事実ではあるんだが、それでも売れる本は売れるもんだねー!

| | コメント (0)
|

2018年6月30日 (土)

【本】狂気の左サイドバック

ドーハの悲劇に至るまでを、当時としてはややマイナーな都並敏史選手を追う観点から描いたノンフィクション。

賞金1000万円の「21世紀国際ノンフィクション大賞」ってのが小学館によって大々的に創設され、その第1回受賞作だった。

当時読んだけど、すごく面白かった…選手は大変やね…以上のことは何も覚えてねーわ(;^ω^)

| | コメント (6)
|

2018年6月11日 (月)

【本】紀州のドン・ファン

今話題の「紀州のドンファン」本。
ちょっと読んでみたら面白くて、2冊とも読んでしまった。

紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男 (講談社+α文庫)
紀州のドン・ファン 野望篇 私が「生涯現役」でいられる理由 (講談社+α文庫)

最初は、むっちゃ面白い!人生の師匠と呼びたい!(≧▽≦)って感じだった。
シンプル、ストレートなところがいい。

コンドームの訪問販売の話が面白い。
実演販売つまり、奥さんとやることになって…ってのが多かったと。

商売の話は全般におもろい。

銀座の高級クラブにハマる話も面白かった。
なるほどねー、こんな感覚でハマっていくのねと。

だが、女関係に関しては、ちょっと底が浅いなと。

20~25歳のグラマー美女にしか興味ない。
やるまでがすべてで、ベッド外では1ミリも興味なさそう。
それじゃ関係が続かねーだろ。

女を買うのは嫌いで、素人とやったあとに気前の良さを見せるのは魅力的だが。

ネコがミルクを舐めるように、コンコンと湧き出る「うすきぼう」を舐めるのが、もっとも健康にいいと信じております。
※うすきぼう=和歌山弁で愛液

というお下劣な文章には感心してしまう( ̄w ̄)プッ

典型的な語り下ろしのライターまとめ本。
こういう仕事にも意義があるもんだな~。

すれてない20代前半のグラマー美女を自分色に染め上げるのが好き。
しかし、染め上げたら、すれてない素人娘ではなくなり、数年経ったら対象年齢外。

金を渡して愛人でいいだろーに、なんで結婚すんの。
結婚するから、こんな事件になっちまう。

そんな矛盾を抱えてるところが、男ってこーゆーもんよって感じで味わい深いわ( ゚д゚)ウム

こんなニュースもある↓が…(;^ω^)

紀州のドン・ファン悲しき虚栄「オムツに大小漏らし、妻に毛嫌いされ…」脱税、刺され、名字も変える

| | コメント (8)
|

2018年4月25日 (水)

【本】フリーランス、40歳の壁

めっちゃ面白かった。
ぐいぐい引き込まれる。

著者は『サルまん』というヒット作があるし、どっかの大学の教授になってたし、偉そうなヒゲを生やしてるから、フリーの文筆家としてはうまくいってるのかと思ってたら、全然そうじゃなかった。

もともと発達障害があって、ふつうの勤め人はできない人だという。

一時は多重債務に陥りかけるが、そこから脱出できた理由は、医者のすすめるまま変な検査を受けたら死にかけて、そのときの保険金だという。

その後、どっかの大学のマンガコースの教授になるが、大学を出てない著者は多様な事務仕事をうまくこなせず、ノイローゼになりそうになり、最後に医者の診断書を見せて辞めると言ったときには、大学の人がホッとした顔をした。

そして今は起業して、電脳マヴォという無料のマンガ掲載サイトの運営に将来をかけている。
ほぼ無給というか、他の稼ぎをぶち込む一方みたいな感じらしいけど。

この電脳マヴォ、才能はあるけどプロにはならない漫画家の卵を拾い上げようとするサイトで、なかなか意義あるものみたいなんだが、月間PVが30万だそうで、この数字だとネット業界では鼻で笑われてしまうそうな。
まー、俺のブログより少ないもんな。

それに将来をかけるというのもなんだか危うそうに見えるが、それが著者の魅力だ。

この本には5人のインタビューが掲載されている。
40歳の壁をどう乗り越えたかについて。

これが人それぞれ。
そんなもんなかったという人も。

インタビュー相手は50代が多いため、若いころはバブルで超楽だったという話が飽きるほど出てきて、若い人が読んだら腹が立つんじゃないかね。

このインタビューはあってもいいけど、なくてもよかった程度の感じ。

そういえば、インタビュー相手の一人、杉森昌武さんは、麻雀で通算1億円くらい負けてるそーな(ノ・ω・)ノオオオォォォ-

あとがきの最後はこう締められている↓

本書を書き終えたいま、私は深く目を閉じ、胸に手を当てて、「なんで俺、フリーのもの書きになんか、なっちまったんだろうなあ!」と溜息をつくことしかできないのです。

中ではさんざん、勤め人は絶対に無理だの、漫画家になりたかったけどなれなくて文章書きしかなかっただの、他の生き方は無理だの書いていて、なのに最後はその否定。
ここらへんが著者のしみじみした魅力なのだな( ̄w ̄)プッ

身につまされる話が多くて、いやー、本って面白いよなーと改めて思ったわ。

当てはまってる気がまったくしねー↓(;^ω^)


| | コメント (4)
|

2018年3月14日 (水)

【本】最短で目標を達成する! PDCAノート

昨日、健康麻将協会の理事会で、これが一部の人に配られたんだが、俺はもらえなかったので自分で買ってみた。
今の俺に一番不足してんのは、こういうやつじゃねーの?って感じがして。

書くだけで達成って、レコーディングダイエットみたいだなー(゚д゚)ウム

まだ1行も読んでないんだが、書くだけって単純すぎるだろっていうのと、そりゃ書かないより書いた方が達成に近づくだろうなって、両方を感じるわ。

| | コメント (7)
|

【本】藤井聡太はAIに勝てるか?

新しい情報は別にないんじゃね?と思いつつ読んだら、予想外に面白かった。

話は時系列で進む。
佐藤天彦名人がポナンザに敗れた電王戦から始まって、藤井聡太が朝日杯に優勝して六段に昇段するまで。

藤井の話は少ない。
プロ将棋界vs人工知能の話が中心。

プロ将棋界の出来事でも、現地に行ったときの様子など、いちいち臨場感ある。

コンピュータ将棋選手権の話は2回ともあまり知らんもんだったし。

電撃退会しちゃった永作さんの話も収録されていて、これも(・∀・)イイ!!
これ↓と同じなので、未読の方はぜひ。

藤井四段を目指す子供たちを育てたい...指導者として蘇った「伝説の棋士」永作芳也の棋士人生をたどる

欠点は長いことかな。
俺は面白く読んだけど、最近の新書にしては厚くて350ページもある。

どうも松本さんは毎回長く書きすぎてしまうらしい( ̄w ̄)プッ

| | コメント (2)
|

2018年1月10日 (水)

【本】女子高生社長、ファイナンスを学ぶ

これ面白いな。

有料エッセイサイトcakesで小分けに読んでるので、全部を読み切ったわけではないんだが、こういうビジネス学習小説としては、かなり面白いんじゃないかと思う。

表紙画像が「お嬢様聖水」↓を思わせる( ̄w ̄)プッ


| | コメント (1)
|

2017年12月 7日 (木)

【本】できる男は乳首で決まる

「SPA!」の特集で、この本の存在を知った。
なんというインパクトある題名なんだ!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

乳首開発を始めて40年、一度も病気にかかってないそーな。
男性でも乳首を丁寧にケアすることによって、著者は77歳にして女性の乳首みたいな大きさだという(≧∇≦)

世の中、すごい人もいるな~。

| | コメント (7)
|

より以前の記事一覧