« 2017年10月 | トップページ

2017年11月の39件の投稿

2017年11月21日 (火)

【本】売春島

今はもうさびれてしまったが、三重県にある売春島として名高い島の話。

2カ月で1万5000部売れてるノンフィクション。
面白かった。

著者は元エロ雑誌の編集者。
過去、売春島に取材に行ったこともあったけど、その当時はなんとも思ってなかったのに、なぜか最近になって取りつかれてしまい、関係者を尋ね歩き、歴史的な経緯や全容をつかもうとする。

今どきって、ルポはいっぱいあるけど、歴史的経緯を調べようとするノンフィクションって珍しい。

ノンフィクションは金にならねーから、今では新聞社やNHKの人じゃないと、大きなテーマを追うノンフィクションは書けなくなってきてる。
今どき珍しい労作だわ。
執念の取材だ。

売春という非合法が絡む領域なので、関係者にいろいろ事情を話してもらうのは難しいんだが、著者の熱意にほだされたのか、尋ね歩いたキーパースンが昔の事情を語ってくれる。

泳いで逃げたネーチャン伝説は本当か?
沈められた女がいっぱいいたって本当か?
ヤクザが絡んでいたのか?

という当初の疑問から出発して、中心となったホテルの経営者の近いところまで迫っていく。

だんだん核心に迫っていくドキュメント的な面白さがある。

ただね、最後まで読み終えてみると、著者が一番言いたいことを書いてない気がするんだわ。
著者はかつての売春島に魅せられてるけど、非合法だから称賛できないってことなのかな?

衰退が始まってから、中心となったホテルの経営者に食いついて、すべてを失わせたY藤という事件屋がいる。
その人のことだけはかなり憎々しげに書いている。
そういうところから見ても、著者はかつての売春島シンパなんだと思うけど。

著者が自分のことをあまりさらけ出してないんだよな。
こういう本では、自分のことを出した方がいい。

俺は売春ってもんに興味がないせいか、売春という特殊な領域の話というよりも、ある特殊産業によって、かつては栄華を誇ったけど、時代が変わってすっかり凋落してしまった一地方の話に読めた。

今はデルヘルってもんがあるから、売春島というものの特殊な存在価値がなくなってしまったという。

最盛期は1970~1980年代。
バブル崩壊以降は凋落。
伊勢志摩サミットにより、とどめを刺された。

以下、面白かったフレーズなど。

地元の同級生だったクミは、昔から俺に惚れていた。
俺には嫁がいたんだけど、それでも惚れていたクミを随分利用させてもらった。
俺が『100万円用意してくれ』と言えば、サラ金で借りてでも必ず用意する女だった。
高級車も貢がせたし、現金も3000万ほど引っ張った。

多重債務に陥ったクミには、もう借りるアテはなかった。
それで冗談半分で『実家がある』と言ったら、親を説得し、家を担保に1500万作ってきた。
それをも使い切った俺は、『悪いけど、頼む』と1995年頃に売春島に送り込んだ。
最初は泣いていたが、そのまま実家に荷物を取りに行き、その足で渡鹿野島に向かった。

また別の人↓

ギャンブル狂いは私らの後の世代の話や。
だから悲惨なコは一人もおらんかったよ。
『どんだけ男に貢ぐか』ってみんなで競争しとったんやから。

そうやな、私は家3軒分くらいのカネを稼いだんと違う?
いい男やったからな。
騙されとると思ったら、せいへんから。

こういう貢ぎ属性というのかね、女性の一部にある属性は理解できん。

ヤクザはセックスを武器にして女に貢がせるというから、メロメロになっちゃうと貢ぐのが快感になるんかね?

この前、この体験ルポ漫画↓を読んだら、この人も彼氏に貢ぐために風俗に入り、給料そのまますべて渡してたって描いてて、ドン引きしたわ(;^ω^)

まーね、子どものために稼ぐのも似たよーなもんか。
子どもに何千万か貢ぐのは当たり前とされてるけど、子どもだって育ってくると裏切ったりもするわけで。

時代が変わってスーツやドレスで宴会に行くようになったやん。
そうなったらもう情緒も何もないよ。

(中略)
スーツやドレスだと容姿がモロに分かるやん。
でも着物ならまあまあのコにも欲情するやん。

なるほど。
言われてみると確かに( ̄w ̄)プッ

昔みたいに股を広げるだけで稼げる時代は終わったよ。
(中略)
やっぱりねえ、バブルと一緒やね。
バブルを知っとる人は昔の栄光が捨てれん言うやんね。

本書を象徴するフレーズ。
こうなってはいかん。
実際、バブル女はしょーもないと俺も思うわ。
俺もバブル男にならんように気をつけにゃ><

風俗だってレベルが上がっていくのはいいことで、それを昔は良かった…と言う側になったら終わりだわ。

本書は凋落した側から見てるけど、消費者の側からしたら、今は全国的にデリヘルってもんができて、いい時代になったとも言える。

最後に出てきた税金の話は面白かった。
行政は、国も地方も、かつての値段で固定資産税の計算などを行うから、とんでもない税額になる。
それだと採算に合わなすぎて、バブル時代の施設は塩づけになってしまう。

かつて10億だった建物が、今は500万だったりするわけで、それを落札して再利用しようとすると、5000万とかの固定資産税がかかってくる。
そのせいで、ゴルフ場など、全国的に塩づけになってると。
なるほどねー。

業界人的な話になるんだが、この本は値段が1600円+税と高めに設定されているのもいいと思った。

ふっと著者のツイッター↓を見てみたら、麻雀が好きらしかった(゚д゚)ウム

追記:
今日また重版がかかって累計1万9000になったと。

| | コメント (14)
|

【天鳳】五段降段間近を脱出

ptが多少増えて、ようやくまーまー安全なエリアまで脱した。

Tenhou_prof_20171121

やはり、勝つ!…と決めたら勝ち始めた(・∀・)キリッ

しかし、六段で勝って(・∀・)キリッとか、いつからこんなメダカの王様になってしまったのか?(;^ω^)

| | コメント (19)
|

2017年11月16日 (木)

【天鳳】津田弁護士

すんばらしい成績で鳳凰卓に到達。

新幹線に乗ってるときは、いつも打ってるらしい。
俺とも当たった。

三麻の方が得意にも関わらず、四麻の練習として打ってると。
練習でありながらも、成績すごすぎ(ノ゚ο゚)ノ

ニートで童貞の鳳凰民たちよ、弁護士に負けていいのか?
叩き落とすんだ!

| | コメント (45)
|

【麻雀本】かわむー本の表紙

やけにまっとうな表紙だわw
シャープな雰囲気。

…にしても「くそ鳴きドリル」って題名にしたら良かったのにw

新凸本と発売日が近いので、かわむーと一緒に何かイベントやろうかなあ(´▽`)

| | コメント (40)
|

【つぶ】藤井ブームの余波が

将棋の藤井四段ブームの余波が、『天牌』原作者の来賀さんのところまで及び、これ↓が再版されることになったと。

23509460_1564748396919161_119497453

俺が知る限りでは、将棋漫画を2つ描いてたはず。

俺もなんか余波が来ねーかなー。
とはいっても、将棋に関わる仕事をなんもやってねー(´;ω;`)ブワッ

| | コメント (5)
|

【麻雀本】新凸本の表紙(完成版)

これが完全版。
前のやつはいろいろ未調整だった。

やったぜ!
こういう風になってほしかったという理想の表紙だわ(≧∇≦)

大昔の麻雀漫画の名作[まとめ買い] トーキョーゲーム(近代麻雀コミックス)と雰囲気が似てる。

なぜか麻雀×SFって失敗作ばかりなんだが、その中で数少ない名作がこれ。
これは面白い!

麻雀版「北斗の拳」をもうちょいSFにした感じ。
そういうのに興味がある人はぜひ!

…と、凸本と関係ない宣伝しちまった( ̄w ̄)プッ


| | コメント (5)
|

2017年11月15日 (水)

【麻雀】干されてる?

な、なんと、俺って干されてたのか!(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-
知らんかった…。

……そう言われると、そんな気がしないでもない(;^ω^)
うーむ。

俺ってプロ連盟に逆らったせいで干されてるの?

| | コメント (27)
|

【健麻】中国国営TVの取材が

木曜日は、日本健康麻将協会の一員として、中国国営TVの取材を受けることになった。

ようやく中国TVデビューだぜ。
何年か前に、自宅まで来てもらって、俺のダンスまでみっちり撮られた映像は、その後、お蔵入りになってるらしい。

にしても、わざわざ日本まで来て、1週間も撮影するって、どんだけの番組を作るんだ?

Tv

| | コメント (4)
|

【つぶ】男性更年期か?

最近は何かと無気力なのだが、もしかして軽度の男性更年期かも…って思ったら、けっこう当てはまる気が。

うーむ。
これはあるかも…(;^ω^)

男性ホルモン(テストステロン)の減少ってことらしい。

うーむ。
こういうのは、精神論よりも身体論の方がずっと信憑性が高い気がするよな。

| | コメント (5)
|

【近麻】今号のおっぱい

まさにおっぱい雑誌↓

Photo

この人も女子プロなのかな…って見てみたら、シンガーソングラドルだって。
麻雀は関係ねーのかYO!

つーても、漫画雑誌ってグラドルの表紙がふつうだから、これがあるべき姿なんかね( ̄∇ ̄?)ハテ?

竹書房からもうすぐこの人のDVDが出るって書いてあって、それで納得いった。
宣伝も兼ねてるなら、それはアリか。

Photo_2

しかし、不義密通ってすげータイトルだなぁ(;^ω^)

話は変わって、山ちゃんのコラムを見たら、小見出しに俺の名前がでかでかと書かれてたけど、本文には具体的なことは何も出てなかった(;^ω^)
雀ゴロK本3の話ですかね?

20171115_012100

関係ねーけど、高宮さんのDVDも載せておこう↓

アマゾンのレビュー評価が低くて、「お願いだから豪快な縦揺れ激揺れが見たい!」と書かれててわろた( ̄w ̄)プッ

| | コメント (9)
|

【麻雀本】雀ゴロK本3

雀ゴロK本3=フリー麻雀でもネット麻雀でも使える 現代麻雀最新セオリーは12/5発売だそーな。

これは売れそう!

1と2が売れて、3まで売れたら、そんな人はここ数年いなかったわ。
それをクリアした人って、井出さん、雀鬼様、俺など、昔からいる人だけ。

| | コメント (10)
|

2017年11月14日 (火)

【天鳳】えこひいき配牌

鳳南研究所のタケオしゃん特集↓に

天鳳強者研究23:タケオしゃん(天鳳位) 誰よりも基本に忠実な麻雀の教科書

取り上げられていた手牌。

この配牌↓

Photo

と、この結果↓

Photo_2

なんだYO!
この配牌はYO!

何十年も麻雀やってるけど、こんな配牌きたことねーYO
天鳳位様はつの様にえこひいきされてるYO

そーいえば、ずいぶん前だけど、毛腹さんと同卓してて、いきなり「ツモ」つって天和アガられたことあったYO

| | コメント (13)
|

【連盟】イオン子会社と提携

日本プロ麻雀連盟とイオンファンタジーが業務提携!

こ、これはすごい(ノ゚ο゚)ノ

こういう手腕はさすがすぎるわ。

健康マージャンの分野にも進出してきたか~。

追記:
さすが木曽崇さん↓ じつに的確( ̄w ̄)プッ

イオングループが健康マージャンの普及でプロ連盟と業務提携…ところが!?

| | コメント (20)
|

【麻雀プロ】国士に打ち込む人々

国士に打ち込むことではバッシーが有名だが、コバゴーが2局連続で打ち込んだと。

みんな打ち込むのがうまいなあ(;^ω^)

| | コメント (5)
|

2017年11月13日 (月)

【麻雀】角谷病

親リーを受けた一発目。
自分はタンピン三色赤々の1シャンテン。
何を切るか?↓

Photo

おとといは雀王決定戦を観たんだわ。
角谷麻雀を見ると、悪い病気がうつるな(゚д゚)ウム

ものすごーく押す。
常人の神経じゃ不可能なレベルで。
初級者チックな感じ。

どうでもいい麻雀ならわかるよ。
自分の人生を賭けた勝負で、これは常人にはできない。

その打ち方で去年は優勝。
今年も善戦してる。

本人は「麻雀力では自分が一番下だと思ってるので、ちょっとでもやりにくく思ってくれ、こいつはマジで狂ってると思ってくれと思い打ってました」と。

最高位戦の平賀さんもすげー押すよな。
今の常識がかならずしも合ってるわけじゃないって可能性を感じさせられる。

……というわけで、冒頭の手牌から三萬:麻雀王国切り。
六萬:麻雀王国を切ってもいいんだが、どうせ四萬:麻雀王国を先引きしたときしか三萬:麻雀王国は生きず、三色の比重が高い手じゃないから、ここは2筋にかからない三萬:麻雀王国を切った方がいい。

すると二索:麻雀王国七萬:麻雀王国と引いて、リーチ↓

Photo_2

んでドラを一発ツモの倍満↓

Photo_3

親リーはリーチドラ1のカン四筒:麻雀王国待ちだった。

まあね、角谷病に罹患しなくても、こういうのは得意なんだわ。
ただ、その裏側で刺さってるケースもあるわけで、それが問題。

今回のやつは、これだけの手だし、安全牌が1枚しかないし、押すしかないと思うけどね。
ハネマン級の手を簡単に捨てちゃうようじゃ、勝てるわけねーって。

11/12 | 牌譜 | 特南喰赤 |
1位 C:bakase(+55.0) D:カープぼうや(-23.0) A:duck(-39.0) B:ジョジョディオ(+7.0)

| | コメント (17)
|

2017年11月12日 (日)

【天鳳】勝つことにした

特上卓の視察も十分やったので、明日から勝つことにした。

2000pt以上必要なので、今月中は無理じゃねーかと思うけど、まあ年内には鳳凰卓に戻れるだろう。
なかなか有意義な視察だった(゚д゚)ウム

天鳳名人戦ではなぜか五段と呼ばれてたけど、五段の視察は中止するわ。

つかね、仕事での最大の心労が、なくなったとは言わないけど緩和されたので、まー大丈夫じゃねーかなーと。

しかし「勝つことにした」って面白い言葉だな( ̄w ̄)プッ

大昔、とあるフリー雀荘で仲良かったオッサンが、「俺、決めたんだ、麻雀はもう負けないことにするって」と言ってたのを思い出す。
その後どうだったのかは知らない( ̄w ̄)プッ

Tenhou_prof_20171112

しかし、天鳳で勝つことよりも、差し迫っては、仕事を頑張る方が100倍急務だなぁ。

追記:
勝つことに決めて以降の成績は、東風東南あわせて3331333。
い、いちおう勝ってる(;^ω^)

| | コメント (25)
|

【麻雀】ピン東って重いの?

俺が最近は天鳳で負けてることに対して、

どんなに負けても金が減るわけでないからラッキーですね!
本来の主戦場であるピン東風、更に高レートで負けていたら、こんな楽し気な報告はできないはずw

ってコメがきた。
フリー雀荘のピン東で負けることって、そんなに重いの?

たとえば、何年か前、渋谷のゆーゆーに通ってたころ、とある年の1月に38万勝って、2月に13万負けた。
成績なんて安定するわけなくて、仕事でやってる人たちはもっと振れ幅がでかい。

こんなの、結果に一喜一憂せず、ただ淡々と打つしかないんじゃね?

そんなこと言ってたら、株でも買ったら寝られなくなるぞ。
俺が毎月お金を払ってダンススクールに行ってるのは負けなの?

「お金が減らないからいいですね」などとアホなことを言うのは、100億以上動かしてるトレーダーの方だけにしていただきたい。
最近はAIに置き換えられて、ほとんどいなくなっちゃったそうだけど。

| | コメント (44)
|

【海外】りなちゃん人気

外国人もかわいい女子高生はお好きらしい(≧∇≦)

国際公式ルールは少しくらいの練習じゃ手に負えないので大丈夫かな…と思ってたけど、そんな心配は吹き飛ばす大人気だったと。

大会のスポンサーであるスマホアプリの会社では、イメージキャラクターに起用してはどうかと話が持ち上がった…ってすごいわ(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

高校を卒業したら麻雀プロを受験します」と、プロ雀士として歩むことを決めている…そーだが、タッキーの大ファンだから、きっと連盟だよね?

将来性抜群の若い女性が選ぶ団体としては、たしかに連盟が最強だわ。

| | コメント (7)
|

【麻雀プロ】たろうの恐ろしさ

昨日は雀王決定戦を途中まで観て、残り半荘2回の時点で用事があったので出かけた。

そのあとで、こんなこと↓があったのだな。

鈴木たろうの底知れない恐ろしさ (第16期雀王決定戦より)

映像を2回ほど見返してみたけど、ノータイムなのがすごすぎる。

たろうとはフリー雀荘やセットで何百回と打ってきた。
でも、その本当のすごさは、競技の場で直接打ってみるまで、まるでわかってなかった。

その後、天鳳名人戦が開催されるようになり、競技の場である程度の回数を一緒に打って、こいつには絶対に勝てない…と思わされた。

上のリンクのシーン、こんなことできるやつ他にいるのかな?

さて、今期の雀王決定戦について、それぞれの人と知り合いになると、気楽に一人の人を応援しにくくなる。

それでも、終わった瞬間の映像を観つつ、優勝した金さんは万感胸に迫るものがあるだろうな…と感動したわ。

| | コメント (14)
|

2017年11月11日 (土)

【麻雀】しょぼくれ中年サバイバル

俺は中年のしがない麻雀ライターだ。
本を出しても、売れたためしがない。
天鳳も五段が間近の六段だ。

昨日は天鳳名人戦第5節だった。
若き俊英たちの集う場、しょぼくれ中年の俺が勝てるわけねー。
つか最近、何事も勝ったことがねー(´;ω;`)ブワッ

天鳳は十段だったはずなのに、九段になり、八段になり、七段になり、六段になり、さらには五段に落ちそうになっている。

雑誌「近代麻雀」の連載は打ち切りになり、次の企画を提案したら、「それでいきましょう!」ってなったのに、その後、「他の人が進めてる企画と丸かぶりだったので、再考を」と連絡が (ノ_-;)ハア

日本健康麻将協会では、これからも理事会には来てほしいし、飲み会では毎回おごるけど、定期的なギャラは今後は支払えないという微妙な扱いに。

9月にはダンスのコンテストに出て、5回連続の予選落ち。

書くはずの本はちっとも書けず。

この時期は、「●日は●●決定戦で、その放送で解説します」とか、「●日は●●大学の学園祭のゲストです」みたいなツイートにあふれているけど、そんなオファーは1つもない。
どうせ解説ってより、漫談しかできねーけど。

つーわけで、一言でまとめると、後退しかない中年、それが俺だ。

ハゲ業界をリードする孫正義は、「ひたいが後退しているのではない、私が前進しているのだ」と言ったそうだが、ひたいも人生も後退し、たるんだ腹だけ前進しているのが俺なのだ。

さて、そんな話はいいとして、昨日の名人戦だ。

最近はこんなこと↓まで言われてるので、自分の押し引き基準や鳴き基準に自信が持てない。

今の俺は俺なのか?
うう、いったいどうすれば…?(´;ω;`)ブワッ

1回戦東1局、そんな俺を試す手がいきなり与えられた。

Photo

チャンタが見える。

親の天才が第一打に北:麻雀王国を切り、それをスルーすると、第一ツモは西:麻雀王国だった。
自然に一萬:麻雀王国切り。

すると、下家の天才2号がすぐ北:麻雀王国切り↓

Photo_33

ここだ!
この瞬間に今日の命運がかかってる!

この手はチャンタなんてならねー。
この手はホンイツチートイかホンイツトイトイしかない。

ここで守備をかえりみず強引にこの北:麻雀王国をポンしていくか、守備も考えた悠長なチャンタ狙いで座して地蔵として沈んでいくか。

ここはポンしかない…と思うんだが、うう、俺の感覚は合ってるのか?
しかし、俺はこう打って勝ってきたんだ!
勝ってねーけど。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

これをポンしたら、すぐドラの五筒:麻雀王国白:麻雀王国を引く。
下家の天才2号の切った合わせ打ちの白:麻雀王国をポンしてテンパイ。

Photo_3

ここで何を切るか?
打点は一筒:麻雀王国切りとドラ五筒:麻雀王国切りで一緒。

一筒:麻雀王国を切っておけば、六筒:麻雀王国引きでリャンメンになり、五筒赤:麻雀王国引きでハネマンになる。

しかし、俺は人をハメて生きてきたんだ。
ここはドラ五筒:麻雀王国切り。
速戦即決のハメ待ちしかない。

このあともポンしてホンイツトイトイにしようと思ってたけど、この手はチャンタもついてマンガンだと気づいた。
じゃあポンは必要ねーわ。

失敗したのは、この直後に引いた三索:麻雀王国をノータイムでツモ切りしたこと。
少し考えるふりをすれば良かった。
そうやって他人をハメる努力をすることが大切。

そのあとで引いた二索:麻雀王国は少し考えたふり。

そんな努力?が実って、下家の天才2号からマンガンをゲット。

Photo_4

次の勝負所は東4局。

こんな配牌↓から、赤だらけフリー雀荘の感覚なら一筒:麻雀王国切りだ。

Photo_5

三色は趣味で狙う役。
ゼニになるのはリャンメンリーチだ。

しかし、俺もしょぼくれてしまい、スピードとパワーではもう勝負できない。
ここは三色目を残してみるか…と八萬:麻雀王国切り。

こんな赤なし競技麻雀みたいな打牌をするなんて…。
俺も歳を取ったもんだ。

これが大正解。
すぐ三色でテンパイ↓

Photo_6

三色ドラ1の5200点。
ドラ表示牌のカンチャン待ち。

ここでダマにしようってやつは、勝負ってもんがわかってない。
勝負とは、相手ののど笛をつかむこと。
つかんだら握り潰すこと。

損得とか局収支みたいなやつはふだんの麻雀で考えることで、大舞台での一発勝負は、相手ののど笛をつかんで握り潰す即リーチの一手なのだ。

「流局したらもったいなくないの?」

いや、この手は流局なんてしねーから。
勝負って、もっと煮詰まってるもんだ。

このリーチに、上家の天才が、いったん五筒:麻雀王国を切ったのに、すぐ五筒赤:麻雀王国をチーし返すという小汚い技を駆使して食い下がってくる。

兄ちゃん、やるじゃないか。
勝負ってもんが少しはわかってるな。
女を知ったんかい?

このリーチをツモり、裏も乗ってハネマン。
ダントツに。

次局、上家の天才から親リー↓

Photo_7

ここで引いた六筒:麻雀王国は安全牌だけど、今後はもう何を引いてもオリないよ。
この局は俺のアガリだ。

俺の流れを止めたやつは、この10年間いなかった。
鳳凰民と特上民以外は。

当然ながら、すぐ天才からアガった。

次局、上家の天才がまたもリーチ↓

Photo_8

こりねーやつだなー。
変な女に引っかかった経験はないのか?

いくら脅そうとしたって俺はオリないよ。
この局もまたリーチしたって俺に振り込むだけだ。

ここでこの三筒:麻雀王国をチーして全ツ。
四筒:麻雀王国七萬:麻雀王国八筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七索:麻雀王国と無筋を通していく。

麻雀はごり押しだ。
トップ目なんて関係ない。
アガれるかアガれないかだけ。

…と思ったのに、アガれねー。
おかしいなあ。
この手は5800か親マンでアガれると思ったから押したんだが、アガれないなら連荘は不要だ。
ラスト1巡でテンパイを崩し、親を流した。
天才リーチは同テンの五萬:麻雀王国八萬:麻雀王国待ちだった。

オーラス、下家の天才2号が謎の仕掛けをやってて、終盤にあやしげな二索:麻雀王国を切ったらマンガンに刺さった。
でも、トータルトップのマシーンをラスにできたから、よしとするか。

Photo_9

このオーラスは、中盤にあやしいと思った東:麻雀王国を切らず、うまく重ねてテンパイしたが、この東:麻雀王国は下家の天才2号じゃなく、対面のマシーンの必要牌だった。
まー結果よしだな。

やったぜ。
トップだ。

やはり、通用してもしなくても、俺は俺の麻雀を打つしかない。
メンゼンの一手遅れ麻雀なんぞ打って、地蔵沈みしていくようになったら、この先の人生もお先真っ暗だわ。

2回戦、ふつーに打ったら、東1局にいきなり6000オールを引く。
よっしゃよっしゃ。

東3局、下家の天才からリーチが入っている↓

Photo_10

6400点をオリるようじゃ、明日からおてんとうさまの下を歩けねーんだわ。
わりーな、君は天才かもしれないけど、俺だってオッサンなんだ。

ここは四索:麻雀王国切りか八索:麻雀王国切りかの選択だが、わずかにマシな八索:麻雀王国切り。
すると、対面のマシーンが五索:麻雀王国を切ってきた ( ・´ー・`)どや

四索:麻雀王国は天才のマンガンに当たりだった↓

Photo_11

勝負ってのは、こうやって紙一重にかわしていくもんだ。
ぴよ将棋で学んだわ。

オーラスは全力で天才に差し込んでトップ↓

Photo_12

2連勝 ( ・´ー・`)どや

配信のコメントは五段祭りになってた。

最強特上民だな
次回は特上予選もやろう
五段「天鳳位ざっこw」

とか、そんなのばっか(゚д゚)ウム

俺は五段じゃねー!
六段だ(`・ω・´)キリッ

3回戦、東1局。
親の配牌。

Photo_13

こんな手から競技麻雀プレイヤーは、もしもの123三色を考えて西:麻雀王国を切る。
俺は一萬:麻雀王国を切る。

麻雀に三色なんてねーんだよ。
堀内本にはここから一萬:麻雀王国を切るなって書いてあったけど、あれをやってみたときは成績が急降下した。

すると↓

Photo_14

うう、麻雀は三色だって1回戦で学んだじゃないか(´;ω;`)ブワッ
一発ツモ裏1で8000オールだったのに、それがなぜ高目が切れてるフリテンリーチになってしまうんだ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ヘボすぎる(´;ω;`)ブワッ
そんな俺の弱みを知ってるかのように、ここに対面の真っ黒いバシ夫が追いかけリーチにきて、マンガンをツモりやがった。

うう、もう駄目だ。
俺の時代は終わった。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン ...

いや、終わってねー。
これにめげず、麻雀はごり押しなんだ!

東2局、ごり押し、バシ夫に刺さる↓

Photo_15

東3局、ごり押し、バシ夫に刺さる↓

Photo_16

うう、もう駄目だ。
せっかくの連勝が飛びラスでほとんどなくなっちゃうじゃねーか(´;ω;`)ブワッ

東4局、またもバシ夫の親リー↓

Photo_17

ううう、てめー、俺のこと、しょぼくれたおっさんウマーと養分扱いしてるだろ。
いいさ、点棒ならいくらでも取れ。
ごり押しの魂は捨てないぞ。

ここで五索赤:麻雀王国ごり押し。
すぐかぶってテンパイを逃した。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

こうなって↓四萬:麻雀王国ごり押し。

Photo_18

ここに五筒:麻雀王国六筒:麻雀王国八筒:麻雀王国を引いてテンパったときは、イーペーコーがつく六萬:麻雀王国じゃなく、九萬:麻雀王国を切ってリーチしよう。

六萬:麻雀王国は危ない。
ごり押しするけど、心はビビリなのだ(´;ω;`)ブワッ

すると九萬:麻雀王国を引いてテンパイ↓

Photo_19

こうなったら五筒赤:麻雀王国切りリーチだ。
どこまでもごり押しするっきゃない。

このマンガンをバシ夫からアガって↓一矢を報いた。

Photo_20

次局リーチして、俺と同じくごり押し方針らしいワキガから3900点をアガった。
これでラスを脱した。

南2局、2着から4着まで1500点の状況で、下家のワキガからリーチがきてる。

Photo_21

ここは三萬:麻雀王国をカンして、どこまでもいくしかない。
こういう僅差のラス争いで、オリて勝とうって方針では絶対に勝てない。
その結果、五段に落ちそうなんだが(;^ω^)

すると、上家の毛腹からもリーチがきて、うう、苦しい↓(´;ω;`)ブワッ

Photo_22

麻雀はごり押しだ…というか、何を切ってもごり押しにしかならない。

フリテンの五索:麻雀王国タンキでなんとか流局↓

Photo_23

次局、簡単なマンガン手↓

Photo_24

ここでどうにでも対応できる重厚なタンヤオに向かってはいかん。
供託がいっぱい落ちてるスピード勝負のときは、速戦即決の北:麻雀王国頼りだ。

これをアガれて、オーラスにはバシ夫との僅差のトップ争いを制して3連勝。

今回までトップを取れるとは思わなかった(ノ゚ο゚)ノ オオオオォォォォォォ-

これはあれだな。
『特命係長 只野仁』の新たにアップされた分を読んだからだな。
柳沢先生ありがとう!

4回戦、東1局、ハネマンツモ。
またもトップ目に。

失敗した局面↓

Photo_25

上家のワキガリーチを受けて、こっちもチートイドラ2テンパイ。
長考しての五萬赤:麻雀王国切りリーチだったから、マンズのひねた待ちじゃねーかなーと思ってた。
たぶんシンプルな待ちじゃない。

オリないので、六萬:麻雀王国切りか八索:麻雀王国切りなんだが、八索:麻雀王国は2枚見えてるし、対面の毛腹にも通っている。
ここは八索:麻雀王国切りだった。
シンプルな六萬:麻雀王国九萬:麻雀王国待ちはなさそうと思ったこともあって、六萬:麻雀王国を切って対面の毛腹に5800点の振り込み↓

Photo_26

しもた!
こういうの、オッサンには10秒じゃ無理なんだよ(´;ω;`)ブワッ

勝負を決めた局↓

Photo_27

ダンラスのバシ夫の早いリーチ。
なんか高そう。

だが、まだ4巡目。
6巡目以内のそこそこ点数ありそうな1シャンテンからのオリは悪手…ってのが俺流セオリー。

トップ目なら鉄オリだし、2着目でもオリはあるけど、3着目だし。

この白:麻雀王国がハネマンの振り込みに↓

Photo_31

コメントには、やっぱ五段だわwww的なコメがあふれた。

こうして4戦目はラスった。

最後はラスったけど、この日は1着1着1着4着。
久しぶりに勝ったわ。

11/10 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 B:Ⓢ福地誠(+60.4) C:就活生@川村軍団(+18.0) D:Ⓟ小林剛(-75.7) A:トトリ先生19歳(-2.7)

11/10 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 A:Ⓢ福地誠(+60.2) B:トトリ先生19歳(+26.2) C:Ⓟ小林剛(-91.5) D:就活生@川村軍団(+5.1)

11/10 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
1位 A:Ⓢ福地誠(+61.2) B:シンプルなワキガ(-8.3) C:Ⓟ石橋伸洋(+27.9) D:Ⓟ木原浩一(-80.8)

11/10 | 牌譜 | C0011 般南喰赤 |
4位 C:Ⓢ福地誠(-83.8) D:Ⓟ石橋伸洋(+58.3) A:Ⓟ木原浩一(-2.4) B:シンプルなワキガ(+27.9)

Dorteaivaaaylnk

しかし、100プラスなのに、次節で敗退になる確率が16%だって↓

天鳳名人戦における福地誠六段の(第六節の)予選通過率

ずいぶん厳しいな(;''∀'')

まーいーわ。
人生は後退する一方でも、ごり押ししながら後退しよう。

仕事もごり押しだ。
でも、どうやって?(;''∀'')

| | コメント (33)
|

2017年11月10日 (金)

【天鳳】今晩は名人戦

最近は麻雀で勝ったことないんだけど、今晩くらいは多少のマイナスで終わらせて。
4回連続の地蔵3着でいいので。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

今晩はこんな相手↓

A卓:福地誠 x 就活生@川村軍団 x 小林剛 x トトリ先生19歳
B卓:シンプルなワキガ x 福地誠 x 木原浩一 x 石橋伸洋

ザ名人戦って感じの、やな相手ばっか(´;ω;`)ブワッ

| | コメント (11)
|

2017年11月 9日 (木)

【天鳳】五段落ちが近い

特東と特南をずいぶんいっぱい打ったんだが、どっちもしっかり負けてる。
五段落ちが近い。

Tenhou_prof_20171109

仕事の状況がよくないときは麻雀は負けるって、雀ゴロやってる時期にさんざん経験したけど、今回もそれですかね。

今年は天鳳位になるって思ってたのが、実際には五段間近だから、世の中って何が起こるかわからんわ (ノ_-;)ハア

1年前は十段だったのに、もうすぐ五段って、この振れ幅の大きさは何?

| | コメント (77)
|

2017年11月 5日 (日)

【麻雀】局収支理論でいいか?

雀ゴロK本3についての意見↓

そうなのかな?
そんなに違う?

相手についての情報量が違ってて、たとえば、この人は早いバック仕掛けはまずしないとか、そういうヒントがあるとき、局収支では考えられなくなるもんかな?
あまりそんな気しないんだけど…。

局収支に関して気になるのは、対戦相手よりも点棒状況だわ。
この件では、みーにんさんと何度も話し合った。

局収支で考えていい局面は全体の何%なのか?
それが半分を超えてたらいいんだけど、半分以下だったら、局収支で戦術を語る意味はかなり低くなる。

明確な結論はないんだけど、合意してるのは、一般の麻雀はかなり局収支でいける、天鳳ではかなり逸脱するってこと。
トップ狙い麻雀はかなり局収支でいいけど、ラス回避麻雀はかなり局収支から外れてしまうと。

天鳳では、押し引きバランスを変えた方がいい局面の割合が相当高い。
フリー雀荘等では、基本的にごり押ししてればいい。

| | コメント (30)
|

【麻雀】絶対トイツ落とすマン

こういう捨牌は、ありそうで見たことない気が。
別のゲームみたいだわ( ̄w ̄)プッ

| | コメント (14)
|

【麻雀プロ】バッシーを探せ

わたるん&バッシー愛好家なん?

| | コメント (4)
|

2017年11月 4日 (土)

【麻雀本】最強のデータ本

「雀ゴロK本3」の帯の推薦文を頼まれ、ゲラを読んだ。
驚きの内容だった(;^ω^)

これは最強のデータ本だわ。
俺の過去本とかみーにん本を完全に超えている。

みーにん本では、データだけ示されて、あとは読者が勝手に読み取れって感じになってるけど、この本ではそういうのがなく、どう考えればいいかすべてわかりやすく示されている。

余計な情報がなく、必要なデータだけシンプルに載っている。
そして、だからこう打てという答えが明確に示されている。

複雑すぎる場況設定がなく、重要な状況について何パターンも示している。

具体的にいこう。

こんな手↓で、
四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国七萬:麻雀王国八萬:麻雀王国九萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国二索:麻雀王国二索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国九索:麻雀王国北:麻雀王国 ドラなし

何巡目まで四萬:麻雀王国を持つべきで、何巡目から安全牌の北:麻雀王国に持ち替えるべきか、その切り換わりの巡目が示されている。

※自分の本じゃないので、答えは書かないでおく。

また、こんな手↓で、
一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国九萬:麻雀王国九萬:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国五索:麻雀王国北:麻雀王国 ドラ四萬:麻雀王国

何巡目まで手変わりのための五索:麻雀王国を持つべきで、何巡目から安全牌の北:麻雀王国に持ち替えるべきか、その切り換わりの巡目が示されている。
個人的には、ドラ表示牌のペン三萬:麻雀王国固定とか、耐えられないんだが(= =) ウム

また、リャンメン×2の1シャンテンから、チーテンを取るべきかスルーすべきかで、タンピンのみ、タンピンドラ1、タンピンドラ2で、それぞれ何巡目が切り換わりの巡目か示されている。
それが、残っているリャンメン×2が、それぞれ場に何枚切れているかの枚数別になっている。←新しい視点だ。

チーテンを取るべき巡目は、従来思われていたよりずっと遅いらしい。
思っているよりリーチが強いと。

さらに、場に供託のリー棒が2本あるときや、1本場1500点のルールで2本場のときについても、切り換わりの巡目が示されている。

そして、リーのみ愚形待ちテンパイで、親リーに対して、オリるより追いかけリーチした方が得だという。
マジですか…(;^ω^)

かなり驚きだったのだが、リーチされてる状況のこんな手↓で、
二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国六筒:麻雀王国八筒:麻雀王国八筒:麻雀王国九筒:麻雀王国九筒:麻雀王国一索:麻雀王国一索:麻雀王国四索:麻雀王国四索:麻雀王国白:麻雀王国白:麻雀王国 たぶんドラなし
※ゲラではドラが2枚あるけど、解説ではドラがないようなことが書かれてるので、たぶんドラなしのケースだと思われる。

何巡目まで手変わり待ちのためのダマが優位で、何巡目からリーチが優位になるか切り換わりの巡目が示されている。
オリは不利で、こんな待ちであっても、追いかけリーチする方が得だそうな。

かなりビックリなんだが、チートイは2ハン役なので、待ちは悪くても、せっかくのテンパイを放棄してしまうのは悪手らしい。

また、自分は鳴いた手で、他家からリーチを受けていて、リャンメン待ちなら、1000点の手、2000点の手、3900点の手のすべてで、加カンした方が得だという。

悪形待ちでも、2000点や3900点の手なら加カンした方が得。

マンガンからハネマンになる加カンは圧倒的に得。

發:麻雀王国ドラ3から發:麻雀王国ドラ4になる加カンも、した方が得。
何もなければマンガン変わらずだが、新ドラ1枚やリンシャンカイホウの期待値の方がリスクを上回るらしい。

考えてみたら、対リーチでの加カンはタブー視されており、戦術的にちゃんと検討されてなかった。

などなど、新戦術がいっぱいあった。

過去最高のデータ本であり、これ以上のデータ本は当面は出ないんじゃないか。
それほどの出来。

完全にやられちゃった感。
nisiシミュレータのおいしいところを食い尽くされた感。

すでにゲラができてることからして、12月前半くらいの発売だと思われる。
『現代麻雀最新セオリー』って題名。
彩図社。

| | コメント (43)
|

2017年11月 3日 (金)

【麻雀本】ゼロ本増刷

ゼロ本ゼロ秒思考の麻雀 (近代麻雀戦術シリーズ)は発売1週間で増刷が決まった。

竹書房のこのシリーズで、これまで増刷になったのはコバゴー本のみ。
それ以来。

初版5500部(だっけ?)、2刷3000部。

ウザク本1&2と同じくらいの勢い。
俺の押し引き本は、初版6000部、2刷4000部とそれ以上の勢いだったけど、その後は止まった。
ウザク本1はずっと売れ続けて、1年間で5刷になってる。
それが目標って感じ?

なんにせよたいしたもんだわ。

| | コメント (5)
|

【麻雀本】8年誤植

新版 おしえて! 科学する麻雀のゲラを読んでいた。

元本は8年前に発売され、そのときも入念にチェックした。
その後、15刷まで増刷され、何かあったら指摘されてるだろうから、今さら大きなミスが見つかることはねーだろ。

…と思ったんだけど、いちおうね。

くそめんどくせー数式も、こんなん見る必要あんのかよ…って思いながら真面目に見てたら、ありましたわ。

20171020_183419

数式が違ってた(;^ω^)
よくわかんねーけど、違うってことは見つけるのだ。

数式の最初(右上)と最後(左側の下3つ)は合ってるけど、なぜか途中が違ってたという。
あまり重要なミスじゃないから、違っててもまーいーんだが、違ってない方がよろしいよな(;^ω^)

これ4万部以上売れてるんだが、誰も気づかなかったんかな?
こんな数式なんて誰も読まない?

あんま自慢できることでもねーんだけど、誤植がゼロって本当にない。
俺ほど入念に読む著者って珍しいと思うんだけど、それでもどっかしら何かある。

| | コメント (5)
|

【つぶ】表現力の差

【天鳳】流局時のテンパイ宣言選択は?に貼ったこの2つのツイート↓、どっちもほぼ同じことを言っている。

……なんだけど、俺からすると、zeRoさんの方がだいぶいい。
内容じゃなくて、表現の仕方が。

上の毛腹さんの、

ネット麻雀の良いところは「円滑なゲームの進行」であり、
その選択時間でラグが発生すると少なからずストレスを感じる人の方が多いと思います。

の部分では、単語の選択で、口語よりも普遍性の高い語が選ばれている。
「円滑」とか、ふつー使わんだろ( ̄w ̄)プッ

抽象思考が得意な読み手にはいいけど、そのぶんお役所の文書みたいな感じだ。
ネマタ語っぽい。

下のzeRoさんのは、

100回に1回もないんだから、

と、その影響の小ささを数字で説明し、

木原さんみたいなおじいちゃんは必ずミスるだろうしw

と、かわいい(面白い)フレーズが入っており、

と思うけどなー。
一度も不便に思った事ないわ。

と主観としてまとめている。

表現力では大差。
R(レート)で言ったら、200か300くらい違う感じ。

天鳳トレーニングモードの新たにアップされた無料のやつ、木原さんの問題をやったんだが、説明を読むたびに「うるせーよ」って気分になる。
「上からの説明」って感じになってるんだよな。

毛腹ブログは有料なのに強い人はみな読んでおり、麻雀も強く、毛もないのに、表現力が低いのは惜しいわ。

これは日々の生活で字を読んでないからだと思う。
もう老人だし、総合的な問題すぎて改善は難しい(= =) ウム

俺に言えることがあるとするなら、「アニメを観るより漫画を読め」くらいかなー。

プロブロガーなんだからさ、こんなお役所みたいな文を書いてたら恥ずかしいって思おうぜ!

…と、俺もずいぶん上からだな( ̄w ̄)プッ

| | コメント (25)
|

【麻雀本】ネマタ本1&2増刷分

届いた。

Photo

| | コメント (7)
|

2017年11月 2日 (木)

【天鳳】流局時のテンパイ宣言選択は?

俺は不要派。
わずかな差にすぎず、どーでもよすぎる。

なんか発想が競技っぽくて、天鳳らしくないわ。
サクサク感優先の方が天鳳らしい。

初級者にとっては意味がよくわからないだろうし。

麻雀には、あまり合理的じゃないけど、複雑なことは禁止みたいなルールが他にもある。
食い替えの禁止とか。
それと同種のもんだと思えばいい…よーな。

| | コメント (32)
|

【麻雀】東風荘がサービス終了

1週間くらい前に、みーにんさんと「東風荘って今もあるの?」って会話したところだった。
「ありますよ!」って返事されたけど、それもあと半年。

| | コメント (3)
|

【麻雀】鳳南研究所に登場

今現在の最強戦術ブログ、鳳南研究所

天鳳の鳳凰卓東南戦に特化してるから、そこの麻雀に興味ない人には面白くないかも。
興味ある人にとっては、他にないレベル高い分析がされていて、最高峰の戦術ブログだと思う。
こういうのは他になくて、むっちゃ勉強になる。

すずめの回など、「なるほどー、これがすずめの強さだったのか!」と思った。

このブログに高段者として登場するのが目標だなーって思ってたら、登場したわ↓

プレイヤーとしても超一流とは行かないまでも、あんまりチャオらないくらいでやっていけて、

と書かれてて、打ち手としてはB級的な扱いだったけど、まーいーか( ̄w ̄)プッ
そんなもんだ。
業界人としての評価は高かった。

これを読んで思ったんだが、俺の麻雀ってけっこう昭和なんだな。
「理」で説明できない部分がけっこうある。

これ↓とかさ、

1411

この白:麻雀王国って、おしっこもれるくらいの危険牌だから、毎回こんなの切ってたら、勝てるわけねーじゃん?
あっちゅー間に火だるまになってる。

間合いを見つつ、場をかき回すみたいな打ち方は、「理」の人にはよくわからんのだなと思った。

ちなみに、このときは白:麻雀王国を切ったことで横移動をうまく起こした。

ただ、こういうのはうまく言語化できないし、格下に対して使う方法であって、強者と戦うときにはあまり得しないなって減らしてはいるんだが。

昔、イガリンが解説にきたときに、ドンピシャの説明された。
「君の麻雀は場をかき回してるだけじゃないか」って。

| | コメント (13)
|

【麻雀本】かわむー本

麻雀勝ち組の鳴きテクニック (近代麻雀戦術シリーズ)が竹書房から12/7に発売↓

かわむーの本が出るって聞いたときにはかなりビックリして、竹書房は面白いやつを著者に選ぶなーと思ったら、配信者であるとか、軍団長であるとか、そういう理由で選んだわけじゃないらしい。
単純に、彼の作った何切る(何鳴く?)が面白かったからだって。

それまた理由にビックリだわ。
なんでもありって感じになってきてるなあ(;^ω^)

候補の1つだったという『クソ鳴きドリル』って題名の方が、じつにかわむーらしくて良かったと思うけど、そうはならず、俺のコンビニ本みたいな題名になった。

内容には超自信あるそーな。 ←なんかヤンキーみたいな言い草だなぁ(= =) ウム

軍団から天鳳位が2人も出たあと、今度は軍団長が本を出すって、すげー名門軍団だわ。
いろいろビックリ。

ちなみに、かわむーってこの人↓ね。川村軍団の団長。

| | コメント (16)
|

【つぶ】叩かれる

確かに( ̄w ̄)プッ

目立つことやったら、なんのかんの言う人はかならず現れる。
むしろ成功の証だわ。

みんなが「よかったね~」みたいな、女の子のお茶会みたいなやつを望んではいかん(゚д゚)ウム

| | コメント (10)
|

2017年11月 1日 (水)

【麻雀】爆打ちゃんと初対戦

爆打ちゃんと初めて当たった。
こんな↓感じか?
Photo_2

特上っていーな。
なんか居心地よくなる一方だわ(≧∇≦)

特上で八段と当たると威圧感ある。
ノータイムで切ってくるし。

東場では爆打ちゃんがトップ目、俺がラス目だったけど、オーラス、こんな9種↓から流さず、
Photo_5

こんな↓麻雀漫画みたいな手をアガってトップになった。
Photo_6

爆打ちゃんにはこの手をアガれんだろ( ・´ー・`)どや

ラスった爆打ちゃんは「これが実力だって思わないでくれる?」とゆーてた(予想)。

爆打ちゃんは、こんなところ↓から、
Photo_3

上家に九索:麻雀王国で親マンを振り込んでた。
「昨日はハロウィンだったから、まだ勝負モードに戻ってないだけよ」と言い訳してた(予想)。

オーラスのラス目で、ここ↓から七萬:麻雀王国をチー。
Photo_4

「朝イチだから頭がボンヤリしてて、うっかり鳴いちゃっただけよ」と言い訳してた(予想)。

爆打ちゃんかわゆす(。-_-。)ポッ
ギャル雀で打つより爆雀で打つ方が楽しいまであるんじゃ?

11/01 | 牌譜 | 特南喰赤 |
1位 D:bakase(+45.0) A:ツモりました(+12.0) B:ⓝ爆打(-40.0) C:out祭り(-17.0)

| | コメント (19)
|

【麻雀本】新凸本の表紙

Photo

これは(・∀・)イイ!!

これ↓と同じような発想の作りだと思うが、新凸本の方が今風じゃなく、にも関わらず好みだわ。

顔が暗いのがちょっと気になるくらいかな。

値段を1200円+税から1300円+税に変えた方がいいんじゃないかと思ったけど、それは選択されなかった。

追記:
予算的に厳しいため、1300円+税に変えたそーな。
その方がいいと思う。

| | コメント (17)
|

【麻雀本】平澤本続々

8月に出たやつ↓

12月に出るやつ↓

2016年2月、8月、2017年4月、5月、8月、12月と完全にマイナビの主砲化してる平澤本。
1年に1社から4冊出るって、すごすぎる。

序盤はいい本だと思った。
次の読みもいいテーマだと思う。
個別テーマを扱っていくのは、いい方針なんじゃなかろうか。

橋本杯のゲストへの質問コーナーで、質問が途切れたとき、平澤さんが「ないならぼくが」と、「どうすればもっと売れる本を書けるんですか?」と質問。

その場では直接的な回答を言えなかったんだけど、二次会のとき、「たぶん追加できると効果あるのは文系力じゃないか」的なことを伝えた。

| | コメント (10)
|

【麻雀本】近藤誠一本

ここ数年、鬼のように勝ってる連覇野郎、近藤誠一さんの本。

先日の最高位決定戦の局面解説を、はげちむ配信で聞き、そのけん&連覇野郎の麻雀がすごすぎてビビった。
とんでもねー麻雀を打ってるなぁ(;''∀'')

この本はまだ5ページくらいしか読んでないんだが。

| | コメント (1)
|

« 2017年10月 | トップページ