« 【つぶ】作家の香り | トップページ | 【つぶ】糖質爆発 »

2017年8月13日 (日)

【本】人工知能はどのようにして「名人」を超えたのか?

先週、HEROZという会社に行ったとき、この本↓をいただいた。

最強の将棋ソフト、ポナンザ作者の著書。

ものすごくわかりやすい。
その反面で、情報量は少な目。

読み終えたが、アルファ碁の起こしたブレイクスルーのすごさがもうひとつわからんなぁ。

もしかしたら知能は画像なのかもしれない――という意見が面白かった。
たしかに我々は、数値の変化もグラフ化しないと理解できないもんな。

|
|

« 【つぶ】作家の香り | トップページ | 【つぶ】糖質爆発 »

コメント

今までのコンピュータは数値からしか判断できなかった。他方、人間は大局観という画像を抽象的に処理するのが得意で、囲碁においてはその差で圧倒的に人間が強かった。

ディープラーニングは人間の大局観に近い評価を可能にする技術で、それと元々得意な大量の先読み(探索)で人間を圧倒できるようになった。

投稿: | 2017年8月13日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【つぶ】作家の香り | トップページ | 【つぶ】糖質爆発 »