« 【麻雀本】サイン即売会@中野 | トップページ | 【麻雀本】リアル書店vsネット書店 »

2016年8月 5日 (金)

【麻雀本】ウザク本への感想

恒例のトゲッター。

『麻雀 傑作「何切る」300選』(著者:G・ウザク)の反応

まだ発売前だけど、今回は見本をけっこう放出したので、すでに入手した方がちらほら。

|
|

« 【麻雀本】サイン即売会@中野 | トップページ | 【麻雀本】リアル書店vsネット書店 »

コメント

この喉から手がでそうになる商法うまいですね。
アマゾンはよ送って。

投稿: 匿名 | 2016年8月 5日 (金) 03時24分

れ ん め いは、
魅せる麻雀という、無価値な幻想を追いかけたわけだけど、

最初から、
1、効率特化麻雀
2、魅せる麻雀

この2種の併用にすべきだったんだろうな、と思う

あるいは、
そもそも2番目が不必要で、1番目だけで可能だった 

併用にしなかった理由は、
やはり、老 人たちの地位が吹っ飛ぶから

老 人が麻雀弱いことを、れ ん め いは、かなり気にしていて、地位を保護するために、
魅せる麻雀の一本化を主張し、極端に効率論を毛嫌いしていたのだろう

まあ、そのれ ん め いも、
市場が効率特化になるに従い、淘汰の波にさらされ、もはや老 人の保護を捨てて、併用に受けざるを得なくなった、
これが、れ ん め いの今の段階と言えそうだけど

投稿: 決意したパームーンさん | 2016年8月 5日 (金) 03時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【麻雀本】サイン即売会@中野 | トップページ | 【麻雀本】リアル書店vsネット書店 »