« 【麻雀本】読みやすさ | トップページ | 【麻雀本】風間さんが »

2016年7月17日 (日)

【連盟】リャンメン鳴くのは雀士の恥

おもしろいな。
さすが連盟!(≧∇≦)

似たやつでは、「リャンメン鳴くのは男がすたる」は、『狼の凌』って麻雀漫画に出てきた。
1990年代終わりくらいの作だったけど、その当時でも違和感ありありで、その価値観が時代遅れだってことがテーマだったわ。

←またこういうのを……って人はクリック!

|
|

« 【麻雀本】読みやすさ | トップページ | 【麻雀本】風間さんが »

コメント

>>リャンメン鳴くのは雀士の恥

そもそも、
「連盟プロの時点で、恥」、みたいなもんでしょ

にしても、
こうやって、上層部に媚びへつらうヤツばかりを出世させたから、
連盟が何の魅力もない、画一的な無能な集団になってしまっているんだよなあ、ってかんじだよね

個性がないというか、
古い脳内回路のやつが大量にいるだけ、というか

連盟の特徴の1つに、
「時代遅れを時代遅れと認識できていない」がある

まあ、連盟じたい、もう潰れそうだし、
好きにすりゃいいよ、って話なんだけどね

連盟はもう、業界的な影響力、ほとんどないし、
じっしつ、プロと称して小規模の同人活動しているようなもんだよ

投稿: 銀幕のトレンチーナさん | 2016年7月17日 (日) 02時30分

へむへむさんは8段になったけど、虫は何段なの?

投稿: | 2016年7月17日 (日) 02時44分

虫さん用の餌を定期的に与える律儀な福地さん Kさんといい、二人ともオヤッ!?と思ったら誰でも容赦ないすね

投稿: | 2016年7月17日 (日) 02時48分

そのスタイルでもアマゾン評価高いねw

投稿: | 2016年7月17日 (日) 03時56分

ぼくは「リャンメン喰うは男の恥」で覚えてます(笑)何の漫画だっただろ?片チンか西原理恵子かな?
鳴くべきではないその状況を加味してあればそんなに悪い格言ではないかと思いますけど。
リャンメン鳴いちゃイケナイ状況ってどんなんだろ?

投稿: | 2016年7月17日 (日) 04時34分

別に売れてるから評価が高いとは言えないだろ。

ただ単に亜樹人気で売れてるだけだろ。

連盟内の競技でしか勝てない典型的な連盟プロ

投稿: | 2016年7月17日 (日) 06時26分

ただ対局の動画見てると亜樹ちゃん はマシなほうだと思うわw

投稿: | 2016年7月17日 (日) 08時52分

二階堂亜樹、ロン2の副露率12%だな・・・

投稿: | 2016年7月17日 (日) 13時21分

こんなこと言うと思考停止で全てのリャンメンを鳴く人が量産されるぞ!

投稿: | 2016年7月17日 (日) 13時54分

そのアカウントに有ったこれはマジですか?
http://pbs.twimg.com/media/CniF4CoUMAA2yrb.jpg

投稿: | 2016年7月17日 (日) 13時58分

鳴かなかったばっかりにシャンテンの手で親リーこられる方が嫌な人

投稿: 放銃ロケット | 2016年7月17日 (日) 13時58分

全て相手の手牌予想と、自分の打点、上がりやすさなど加味して決められるべきですね。

リャンメンでも、鳴くときは鳴きます。

投稿: 匿名 | 2016年7月17日 (日) 16時22分

連盟は、矛盾っていうものを、すこし考えないとね

まあ、連盟 上層部の老人共は、金が欲しいだけだから、
あえて矛盾だらけの組織にして、弱いアホ老人でも、高い地位でへーコラ生存できる組織にしたいんだろうけどね

正直、連盟は1回、
老人共を組織から追放しないと、組織ごと駄目になってしまうかんじがする

上層部の老人共が雑魚=雑魚でも高い地位に居られる組織にしよう=
麻雀が弱いのに、一丁前にプロを名乗る=矛盾だらけ=アホだ馬鹿だと大衆に言われる=
市場で淘汰される=組織が潰れる

この一連の流れに繋がってしまうんだよね

まさに連盟の滅 亡は、
連盟の老人たちが招いているといって、過言ではない

投稿: 深海のセレナーデさん | 2016年7月17日 (日) 18時40分

リャンメンから鳴くのはケイテン取る時ぐらいかな

投稿: | 2016年7月17日 (日) 19時11分

福地さんもこんな昔の引っ張り出して燃料にするのいい加減やめたら。つまんないよ

投稿: | 2016年7月17日 (日) 19時57分

ポンよしチーよしポチーよしの沼崎定石以前の時代ですな。

投稿: えけい | 2016年7月17日 (日) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【麻雀本】読みやすさ | トップページ | 【麻雀本】風間さんが »