« 【つぶ】ラーメンスープvs減塩 | トップページ | 【つぶ】ラーメン屋vsスープ屋 »

2016年5月25日 (水)

【麻雀本】他人の本

こんなコメが↓

ゆーみん本、コバゴー本、二階堂本のインプレッションはまだか ふくちんこ

うーん。
そーいえば以前は他人の本についても個人的な意見を書いてきたよな。

俺は麻雀本についてはスペシャリストで、考えに考えては作って…を繰り返してきてる。
ネマタ本以降は、内容だけじゃなく、編集者として本の作り方までも。

だから、他人の本を読むと、むっちゃ粗が見えてしまうんだよな。
とくに、文章の内容よりも本の作り方の部分で。

たとえば今ゆーみん本を読んでるんだが、字が小さいし、牌が小さすぎる。
この小さい牌では頭に入らなくね?って思う。

んで、せっかく初の女性著者なんだから、何か特別な作り方はないのか?って思う。
パッと見に、男の本と違うのは、カバーの色使いだけだから。

……的なことをすぐ思っちゃうんだよな。

まったく知らなかったトレーニングとしての二人麻雀のやり方が漫画で載ってたのは面白かった!
これは感心した。
誰とやったんだよ?とは思ったけどw

というわけで、他人の本についての感想はあまり言いたくない。
ケチつけるのは感じ悪いから。

経験量が違いすぎて、いじわる婆さんがネチネチ言ってるみたいになっちゃうし、今の俺の意見は、1読者としての見方とも言えないと思うので。

雀ゴロK本とか西園寺本について意見を書いてたときは、こういう意識がなかったんだな。

コバゴー本、二階堂本は、まだ見てないので、まったく不明。

ゆーみん本が駄目だって言いたいわけじゃない。
むしろ、スラスラ読めて、かなりわかりやすいんじゃね?って思う。
ネマタ本の500倍わかりやすいわ( ̄w ̄)プッ

そもそも、○○本ってふうに、個人名が企画化してる時点で、どうなんだ?ってのは思う。
本って、誰が書くかより、まずは中身じゃねーの?と。

中級者がうまくなるための本だったら、そういう本ばかりなわけだから、他の本とは違ったこんな特色がありますよ?じゃないと変じゃねって思う。
たとえば、平澤本『絶対にラスを引かない麻雀 ~ラス回避35の技術~』みたいなのは、何を扱ってる本なのかよくわかる。
実際、内容もすぐれてたと思う。
そうなってない本は、ようするにファンブックなの?って思っちゃうんだよな。

なので、そもそも見る目が厳しくなっちゃうから、あまり書きたくないなーと。

今の業界の中での縄張り争い的な行為は、品性下劣だからね。
業界全体のパイ拡大につながらない行為はしたくない。
将来の自分の首をしめるだけなので。

とか言いつつ、読んだら例によって書いてしまうそうな気も……^^;

←絵に描いたような老害わろた( ̄w ̄)プッって人はクリック!

|
|

« 【つぶ】ラーメンスープvs減塩 | トップページ | 【つぶ】ラーメン屋vsスープ屋 »

コメント

コバゴー本のコラムはコバゴーらしさ全開で面白かったですよ( ̄▽ ̄)

投稿: | 2016年5月25日 (水) 17時26分

なので、そもそも見る目が厳しくなっちゃうから、あまり書きたくないなーと。
今の業界の中での縄張り争い的な行為は、品性下劣だからね。
業界全体のパイ拡大につながらない行為はしたくない。
将来の自分の首をしめるだけなので。

まあたしかに

連盟の致命的失敗の1つが、
業界の拡大を狙わずに、上層部の保身と名誉を優先した、という経営方針

オカルト麻雀が、科学的に間違いならば、
名誉や地位は関係なく、オカルトを修正、あるいは完全否定すべきなのに、

連盟では、上層部がオカルト大御所ゆえに、
そういう実地議論の全てを禁止、もしオカルトが間違いである、という旨の発言をすれば、
干すぞ、圧力をかけて潰すぞ、というパワハラを伴っていた

現代的な麻雀を打つだけで、反逆者とみなされ、
圧力の対象になる、強制失格に処す、という、まるで宗教違反者の処刑、とでも言うべき体制が、連盟だった

そのため、連盟は何も進化せず、
古い文化のまま鎖国のようになり、業界の進化を阻害する害悪になってしまった

ふくじは、
そういうふうになりたくない、という自意識を持っているんでしょう

もし、ふくじが他人の本について発言すると、
大御所の発言のようになってしまい、連盟みたいな、自由議論や実地議論の禁止、とにかく大御所の言うことを守ろう、
みたいな方向性が出てしまう恐れがあるからね

投稿: お昼時のぱりぷっちょさん | 2016年5月25日 (水) 17時27分

てことは成岡本はファンブックということで。

投稿: | 2016年5月25日 (水) 17時47分

>てことは成岡本はファンブックということで。

山読み本って特色がむちゃくちゃあるじゃねーかw

投稿: 福地 | 2016年5月25日 (水) 17時49分

これはまじで同意

コバゴー本もゆーみん本も、わざわざ麻雀プロが書く必要のある内容か疑問だった
あと、めちゃくちゃ読みづらい ワンサイズ大きく刷ってほしかったよ

ゆーみん本の二人麻雀は俺も感心しました

投稿: | 2016年5月25日 (水) 17時55分

二階堂本はエッセイ・コラムで麻雀戦術の本ではないですよ

投稿: | 2016年5月25日 (水) 18時18分

山読みよりも、誰彼がこう来てるから対応してこれ切りました、って譜が多かったような。一回しか読んでないけど。
言うほど山読みの本とは感じられなかった。俺は。

投稿: | 2016年5月25日 (水) 18時54分

そうだよー。安易に色々批判はできないねえ。
それが、大人の選択ってもんでしょ。
福地さん、俺より20は年上なんだがw

投稿: | 2016年5月25日 (水) 19時09分

咲のばいふ評論はどういう分類なのでせうか

投稿: | 2016年5月25日 (水) 21時39分

ふくちんこへ
確かに最近のプロ単独で書かれたものは麻雀本の編集に数多く携わってきたふくちんこからしたら一番大事な牌姿の表現、フォント、文・内容構成の仕方からしてもっと明確に強調して書くべきとか細かい点で改善の余地がありそうだ。
ファンブックという点についても俺は全く個々人のファンでも何もないけど麻雀界の有名人が著者っていう銘がなかったら間違いなく読んでなかったという点でも同意。
麻雀における○○について(例:ラス回避について)とか何を言うために出した本か明確にしてないのも本を一種のプレゼンとして見たら何を言いたいのかってことが本題から伝わってこない点でも難あるにも同意。
昨今のプロが書く本は麻雀偏差値70へのメソッド等を筆頭にして互いにそこまで関連のないTIPSの寄席集め的なものを手作り・リーチ・押し引き・守り等のくくりで構成(というかソート)してく手法も様式化しているようだ。

でも俺としてはゆーみん本は結構ふくちんこの言うわかりやすさもあってかなり面白かった。TIPS集を別に批判してるわけじゃないよ。それはそれで気楽に読めるし、プロのTIPSであるので気づきが多いんだから。

ふくちんこみたいに出版業界のプロ、そしてある程度麻雀界に「知り合いの多い」人が他人の本批評しずらいのも分かった。

でも
とか言いつつ、読んだら例によって書いてしまうそうな気も……^^;

こういう感覚がある限り老害ではないんじゃない

投稿: | 2016年5月25日 (水) 22時44分

職業病?ではないか。純粋な読者の視点には立ちづらいのかな

投稿: | 2016年5月25日 (水) 23時37分

福地さんの言いたいことはわかりますけど、こと魚谷さんに関しては、福地先生の本の読者層と全然違うファンもたくさん持っているのであの内容で意味があるのかなという気がします。

Twitterでゆーみん本で検索するとはじめて麻雀本を買ったって人もいて、カンチャン即リーだとかベタオリが大事だとかって内容も、そういう人たちに読ませられる著者が書いてるって考えると無駄ではないと思います。

投稿: | 2016年5月26日 (木) 00時18分

ゆーみん本の自戦記の部分はどうでした?
ゆうせーさん曰く泣ける内容だそうですが。
泣ける自戦記、いやあ大変興味あるから本屋で見かけたらとりあえず立ち読みしてみたいところです。

投稿: | 2016年5月26日 (木) 04時54分

うん、基本的にはネマタ本、福地本を理解してる人にはそこまで必要ないかもしれません

ただ、ネマタ本のボリュームに挫折した人にはおすすめですねー
( ´∀`)

魚谷プロは仕掛け、鳴きが元々のイメージで、そこが最後らへんにあってまだ読んでないので、楽しみです。

投稿: へむへむ( ´∀`) | 2016年5月26日 (木) 13時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【つぶ】ラーメンスープvs減塩 | トップページ | 【つぶ】ラーメン屋vsスープ屋 »