« 【天鳳】般卓民の強さ | トップページ | 【つぶ】銀シャリ »

2015年11月27日 (金)

【つぶ】カサカサした清潔感

この本↓を読んでるんだが、あまり面白くない。

同じ著者のこの本↓はめっちゃ面白かったのに。

著者の荒俣宏(あらまたひろし)という人は、読書量はすさまじいのだが、読書以外のことは何ひとつできない人。
家がすぐ本で埋まって生活できなくなっちゃうので、そうすると別の家に引っ越す。
その家も本でいっぱいになって……と、本だらけになって住めなくなった家が4軒。
ラノベで一発当てたので、それが可能になったという。

後者の本を書いた時期は、出版社の会議室に住んで、コンビニ弁当を食いながら、原稿書きの日々。

そんな人が、「いい本に出会うことは難しい。生涯の伴侶となる異性と出会うほうがよっぽどやさしい」とか書いてるから、女のオの字も知らない人が何言ってんの?と面白いわけだ。

彼がいういい本とは、ナポレオンの時代の本だったりする。
座布団くらい大きくて、海外オークションで何百万かする。
原稿料が入ると、すぐそういう本を買っちゃうから、いくら金があっても足りないと。
もう買わない!と決心したはずなのに、すぐにまた買ってしまい後悔する。

自分とは無縁の奇人っぷりがじつに面白い。

あと後者の本では、カプセルホテルの話がいい。
いつもは会議室で寝てるけど、たまに奮発してカプセルホテルに行く。
カプセルホテルとは、現代の死体安置所。
そこでは死体になったようにグッスリ眠れるとか書いてて、本当にその通りだよなーと、これまた面白い。

今回の本のつまらなさに、彼も老いたなと思ってしまう。
気力が充実してないと面白い文章は書けない。
気力を支えるのは体力。
年を取ると、気力と体力が衰えて、面白い文章は書けなくなっちゃうんじゃないか。

年を取ってから面白いもん書いたのって、相田みつをくらいじゃねーか?
あれはまだ気力ありそうだし。

ヤバイな。
無為に日々を過ごしてて。

そんな話を知人にしたら、「俳句は年取った人ならではの味わいがありますよ」と。
年を取らないと出ない枯れた味わいがあると。
それはカサカサした清潔感だと。

んー、なるほど。
それはそうかも。

でも俺は枯れなくていい。
カサカサした清潔感はいらないわ。
年を食っても、ネットで毎日、女子更衣室盗撮映像ばかり観てるみたいな文章を書くジジイでいい。

脂ぎったジジイがいいわ。

←観てるの?って人はクリック!

|
|

« 【天鳳】般卓民の強さ | トップページ | 【つぶ】銀シャリ »

コメント

ラノベって……
さすがにSFに分類してあげてください

投稿: | 2015年11月27日 (金) 05時15分

たしかに

連盟の老人どもや、雀鬼流の開祖は、ぜんぜん面白くないものねーーーーーー有害な毒を撒き散らすだけで、
まさにロウガイ

連盟の老人どもは、
「魅せる麻雀だガハハ」とか言っているけど、
ぜんぜん魅了されるようなレベルの麻雀じゃないっていう( ̄w ̄)プッ

大昔では、まだ麻雀が科学的に研究されておらず、
大衆の麻雀のレベルがメチャクチャ低かったから、
低レベルな環境との融合という意味で、実現したんだよね、魅せる麻雀とやらは

今週の近代麻雀、
雀鬼流の開祖のコラムは、かなりひどかった

「コバゴウが、自分のオカルト話に共感しない→コバゴウはぜんぜん、礼儀がなってない→礼儀がなってないヤツを、ぶっ飛ばすべきだった」、
みたいな内容のコラムーーーーー

しょうじき、あきれたよ

雀鬼流の開祖にとっては、
オカルト話に、全面的に共感して、当たり前、
「共感しないヤツは、礼節が悪い、マトモな人間にするために、拷問対象だガハハ」、みたいな超排他的な考え方だということ

これは、連盟上層部のアホ老人共も、同じで、
ホリウチ失格事件では、

「ホリウチは、
オカルトを全否定するなんて、目上に対する礼儀や常識が全然なってない!!、あいつを、強制失格、拷問に処して、ミセシメにしようガハハ」、

と、こういう厳罰措置、処刑みたいな空気感がある

どうも、オカルト麻雀の馬鹿共ってのは、
「オカルトを信じない=処刑だ、焼き殺せ」くらいの、狂った、危ない連中なんだなあ、と思っちゃうよね

投稿: 雀神の赤犬さん | 2015年11月27日 (金) 05時45分

無職素人童貞短小包茎カンヨンケンバジョウゴミコッパ天鳳五段赤犬は黙れよキチガイクズウンコチビカスハゲデブ。

投稿: | 2015年11月27日 (金) 06時21分

「今まで書籍に費やした費用は約5億円。現在でも毎日本を3 - 4冊読んでいる。」ですって。しゅごい・・・

投稿: | 2015年11月27日 (金) 07時58分

>自分とは無縁の奇人っぷりがじつに面白い。

自分を客観的に見る事ができないことこそ奇人の定義である。

まさに証明されたな笑

投稿: | 2015年11月27日 (金) 11時15分

>女のオの字も知らない人が何言ってんの?と面白いわけだ。

荒俣の最初の妻は杉浦日向子(故人)
再婚相手は元キャビンアテンダントの美人

福地さんのようなモテ男(?)からしたら女のオの字も知らない人に分類されるんでしょうがね

投稿: | 2015年11月27日 (金) 11時26分

 福地さんの文章からは残念ながらわびさびは感じませんね。

投稿: 家庭的の人 | 2015年11月27日 (金) 14時21分

赤犬のコメント、今回も新味ゼロ、不毛

投稿: | 2015年11月27日 (金) 14時51分

百田さんは、小説、エッセイ?「大方言」
まだ面白いと感じますが、どうでしょう?

投稿: | 2015年11月27日 (金) 14時53分

>再婚相手は元キャビンアテンダントの美人

ググって写真を探してしまったw

>福地さんの文章からは残念ながらわびさびは感じませんね。

いらないからw

>百田さん

1つも読んでないんだけど、あの人は確かにまだエネルギーありそうw

投稿: 福地 | 2015年11月27日 (金) 14時57分

どうでもいいけど「知の巨人」てダサいフレーズ、恥ずかしくないのかな。

投稿: | 2015年11月27日 (金) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【天鳳】般卓民の強さ | トップページ | 【つぶ】銀シャリ »