« 【麻雀】新雀王 | トップページ | 【麻雀】バッシーの黒い鳴き »

2015年11月15日 (日)

【天鳳】6節を振り返って

昨日は風邪で1日ダウンしてた。
天鳳名人戦で疲れきったわ。

当日終わったときは、自動アガリを押しっぱにした以外は、ミスしなかったと思ってたけど、あとから見返したら、いろいろがあった。

面白かった局面やミスを振り返ってみよう。

1回戦、コーラさんのダブリーを受けた場面。
どんな方針で何を切るか?

6

安全策なら字牌を順番にトイツ落としだろうけど、じつはアガる気満々だった。
この手は3900点かマンガンでアガれる!と思ってて、捨牌2段目の真ん中までは全ツしようと思ってた。

コーラさんの手はチートイで、東:麻雀王国タンキだった。
結果、ホーリーが6400点に打ち込むんだけど、俺も弱気になってたらトイツ落としする字牌の選択によっては危なかった↓

6_2

2回戦、親のアサピンのリーチを受けて、何を切るか?↓

6_3

ここで三萬:麻雀王国六萬:麻雀王国は怖すぎるって五索:麻雀王国六索:麻雀王国を切るのは、昭和風の駄目な凌ぎ方。
五索:麻雀王国六索:麻雀王国もかなり危ない。
押すなら六萬:麻雀王国切りだし、オリるなら四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国の順番。
こーゆーのは理で考えると当然なんだけど、即断するとなるとミスしやすい。
俺はまだアガる気で六萬:麻雀王国を切ったけど、これは四萬:麻雀王国切り優位だったかも。

結果、アサピンが六索:麻雀王国をツモって6000オール。

これも2回戦のネタ。上家の六萬:麻雀王国をスルー↓

6_4

すぐ三萬:麻雀王国をツモってから、チーテンとなる八筒:麻雀王国もスルー↓

631

ここでチーしてたら、たぶん2000点でアガれてた。
スルーした結果、コーラさんに出ハネツモ倍のテンパイされ、アサピンには4000オールをツモられた。

これ局収支的にはスルーが正解とされている。
このままでもメンゼンでテンパイしたらリーチしてマンガンだし、三色になれば倍満まである。
…けど、このスルーはどうなんだろうね?

アサピンは攻撃力がハンパない。
多少無理な待ちでもリーチで攻めてくるし、とにかく打点が高い。
そのアサピンが親で6巡目にリャンメンチーするのは、親満が見えている可能性が高い。
ならチーテンを取るべきだった気もする。
すでにトップは望めない点差だからなぁ。

同じく2回戦、親満に受けるか7700点に受けるか?↓

64

これ通常の相手だったら、五索赤:麻雀王国を切って7700点に受けたほうがいい。
ポロっと出すやつも、たまにはいるから。
でも、このメンツでは、あまり関係がない。

親とはいえ、ホーリーやコーラさんのリーチとめくりあう気はなくて、リーチされたらすぐオリちゃうから、どうせなら高めに受けておいたほうが良かった気が。

六索:麻雀王国八索:麻雀王国では枚数が1枚違うから難しいところだけど、ソーズの上がまったく出てない場なので、こーゆー手はカン六索:麻雀王国に受けたほうがうまくいくことが多い気がする。
六索:麻雀王国ならツモってた。
まぁロジカルな話じゃないから、これは結果論主義って言われそうだね。
俺はロジックより体感主義だからな。

結果、ホーリーが俺と同じカン八索:麻雀王国でリーチにきて、俺はアンコの中:麻雀王国を切ってオリてしまい、コーラさんが八索:麻雀王国タンキの形テンという終わり方に↓

6_5

3回戦オーラスでやっちまったミス。
すずめの切った九萬:麻雀王国をポンしたところで、自動アガリを押しちまったんだよな↓

65

当初はバッシーと2300点差だから、2000点の手をテンパイして、ツモ直条件で頑張ろうと思ってた。
すずめの現物である九萬:麻雀王国がトイツだったから。

しかし、テンパイがやけに遅くなり、すずめの現物が手になくなり、アサピンは明らかにテンパイしており、バッシーもテンパイかも。
って状況になって、3確やむなしと思ったんだわ。

この状況ではその判断で良かった。
しかし、流局直前になって、バッシーの手出しがあいついで、バッシーのノーテンが明らかになった。
流局すれば、ノーテン罰符で逆転して2着になれる。
これは出てもスルーしたほうがいいな……って思ってたところに当たり牌が出たんだよな。
押しっぱだったから、アガリになってしまったという↓

6_6

自動アガリなんて押すなよっていうかもしれないけど、ギリギリの状態で緊張して打ってるから、当たり牌が出たときに、うっかり興奮して地をクリックしてしまうクリミスが怖い。
だから、絶対アガる手なら、自動アガリを押しておきたい。
ただ、判断に応じて解除するのが遅かったという(´;ω;`)ブワッ
2着の順位点の2万点を失ったわ。

ちなみに、この2局前、すずめがトータルを考えて、俺をラスらせるためにバッシーから出たマンガンを見逃した。
そして、俺が自動アガリでバッシーを2着にした。
バッシーは本来はラスだったのが2着になったから、ずいぶん助かってる。

4回戦、ちゃんと打ってるつもりだったけど、甘い打牌をいくつもしていた。
対面のすずめのリーチを受けて、一発で中筋の五萬赤:麻雀王国切り↓

6_8

このとき、リーチ宣言牌が字牌だったりしたら、チートイもあると思って現物の三筒:麻雀王国を切った。
ドラ表示牌切りリーチで中筋が当たるなんてあるかよ?と思って。

でも、あるわ。
たとえばこんな手とか↓
四萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬:麻雀王国六萬:麻雀王国六萬:麻雀王国五筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国六索:麻雀王国 ツモ六索:麻雀王国
なめてはいかん。

他にも、すずめへの四筒:麻雀王国切りもかなりヤバかったし、別の局のアサピンへの中:麻雀王国切りもヤバかった。
ここらへんはメンタルで、自分では大丈夫なつもりだったけど、4回戦になってけっこうきてたんだな。
前節では、1回戦のアサピンとのラスの押し付けあいの死闘がきつすぎて、そのときは多井さんが転落してきてくれてラスは引かなかったけど、2回戦以降は崩れてミスが出た。
なかなかきつい勝負なんだよな。

問題となったダブロンの場面↓

6_9

こんなの絶対に回避できねーと思ったけど、これは回避できてもおかしくなかった。
この局、捨牌を見る限りではすずめの手は遅そうだけど、アサピンとバッシーの捨牌はヤバイ。
典型的な早い手だ。

こーゆー判断は当たることもあるし、まったく見当外れのこともあるけど、ここで一番怖いのは高い手のダマに振り込むことだから、二索:麻雀王国一索:麻雀王国の6枚を並べる手はあった。
自分の手には赤もドラもゼロで、役ありテンパイになる可能性も高くないから。
バッシーに二索:麻雀王国が安全とは言えないけど、アサピンの五索:麻雀王国がスルーされてるから、すずめには二索:麻雀王国はほぼ通る。

リアルではそういう判断をできるんだけど、天鳳名人戦では時間に追われて打牌してるから、そこまで巨視的な判断するのは難しいんだよなー。

そして、絶望的な状況で迎えたオーラスの親。
この局の手作りだけは最善を尽くせた。
第1打は789の三色を見て二索:麻雀王国切り↓

6_10

でも2巡目にはもう三色は見切って九索:麻雀王国切り↓
打点もほしいから手役がほしくなるけど、最速テンパイを見て、ここで九索:麻雀王国切りは絶対だ。

6_11

絶好のカン三筒:麻雀王国が入って、何を切るか?

6_12

場に八筒:麻雀王国が2枚切れ。
テンパイするまでにもう1枚は切られるだろう。
そんなふうに弱気になると、九筒:麻雀王国を切りたくなってしまうが、それは甘い。
ラス親ってのは、残り2枚の八筒:麻雀王国に賭けるしかない立場だ。
なので五索:麻雀王国切り。

結果、あのクソ配牌から8巡目リーチにこぎつけて、きわどく逆転できた。

6_13

解説のツナンダーが俺の麻雀を評して「劇場型麻雀ですね」と言ったのがおかしかった。
悪夢のようなダブロンを打って転落し、そこからきわどく逆転したからだな。
珍しく観戦したい人アンケの1位になった期待に応えたわ( ̄w ̄)プッ

あと2節で、コバゴーまでの160ptをひっくり返さないと、つぎのステージに進めない。
とはいえ、コバゴーや多井さんにラスらせようとするのは、他の対局者(上位者)を有利にすることになり、つぎのステージに進めたときには不利になっている。
つーわけで、とりあえず、ただふつうにベストを尽くすしかないんじゃねって気がする。

確変を望むしかないね。
第4期まではときどき確変がきて助かってたけど、今期は一度も確変がないんだよなー。

←どんだけ下手なのかよくわかりましたって人はクリック!

|
|

« 【麻雀】新雀王 | トップページ | 【麻雀】バッシーの黒い鳴き »

コメント

「チーテンの8pスルーが局収支的に正解」とは統計的に自分都合で打点重視が勝る順目だという解釈ですかね?

自分もポンテンチーテンスルーが間に合う(受け入れが多い十分形)、かつ面前なら満貫以上が望める手牌と思い込んで他家にアガられた経験があるんで気になりました。

投稿: | 2015年11月15日 (日) 12時05分

>ななしさん

メンゼンの1シャンテンと鳴いた2000点リャンメンテンパイとの局収支の比較から、タンヤオドラ1は7巡目、タンピンドラ1は9巡目が、鳴いたほうが上になるラインとなってます。

投稿: 福地 | 2015年11月15日 (日) 12時11分

>ななしさん

追記です。
もち統計的なデータで、わかりやすいのはこれ↓
http://doraaka.exblog.jp/15926085/

投稿: 福地 | 2015年11月15日 (日) 12時13分

ながいよ

コメントしずらい

こういうのは、わけなよ、3つくらいに

最初のダブりー、
「押す気持ちがなかったら、降り打ちで、刺さってたかもガハハ、やはり弱気はダメだガハハ」、というのは、
かなり結果論すぎて、連盟プロの主張みたいで、キモイよ

昭和レベルだよ、その論調は

的確な論理でもないし、もりさがる

たしかに、好配牌だけど、
この点差状況だと、おそらく、降りが有利

ここで攻めるのはヌルイと思うよ

ダブりーがかかって、
一番、クビがしまっているのが親番で4位のホリウチ、2番目が3位のアサネムリだから、
ここで攻撃選択するのは、ホリウチとアサネムリを助けているっていうミスの要素が出てくる

投稿: 雀神の赤犬さん | 2015年11月15日 (日) 12時35分

無職素人童貞短小包茎カンヨンケンバジョウゴミコッパ天鳳五段赤犬は黙れよキチガイクズウンコチビカスハゲデブ。

投稿: | 2015年11月15日 (日) 12時39分

福地さん
ありがとうございます。ベースとなる考え方として勉強になりました。
ただ、記事にあるように他家の特徴やテンパイ速度との兼ね合いを微妙にアジャストするのが福地さんの手筋かなと思っていたのでチーテンすべきだったのかなと。

新宿ピン東ならチーテンだった…みたくフィールドによってある程度システム化してしまう方が思考がブレない分成績は良いんでしょうけど天鳳名人戦の場合は短期戦なので少し違うんでしょうね。

投稿: | 2015年11月15日 (日) 13時25分

 HAZさんとこ見たけど、この記事の手は完全イーシャンテンじゃないからもうちょっと分岐が早そうだし、かつ、タンピンドラ1完全イーシャンテンの分岐はHAZさんの記事では7巡目では。

投稿: 家庭的の人 | 2015年11月15日 (日) 13時32分

観戦者の期待は逆だったんだよなあ・・・

投稿: | 2015年11月15日 (日) 13時34分

>家庭的の人さん

完全1シャンテンの件は確かに。
タンピンドラ1完全イーシャンテンの分岐が7巡目になってるのは、HAZさんのミスかと。
期待得点9000点になるので。

投稿: 福地 | 2015年11月15日 (日) 13時45分

やっぱりあのアガリはミスだったのね

投稿: | 2015年11月15日 (日) 15時39分

 HAZさんのミスって言われるとなるほどって感じです。7巡目はよく言われてるのよりちょっと早いよなって気もしたんで。あざっす。

投稿: 家庭的の人 | 2015年11月15日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【麻雀】新雀王 | トップページ | 【麻雀】バッシーの黒い鳴き »