« 【麻雀】赤まるにて | トップページ | 【麻雀本】トークショー »

2015年2月17日 (火)

【麻雀本】在庫切れ

堀内本がアマゾンで在庫切れになった。
これは著者側から見たら販売機会の損失なわけで、何やっとんじゃ!ってことになるんだろうけど、しょうがないみたい。

アマゾンって普通の書店とは違って、出版社との連絡回路も違うみたいで、在庫切れになったときの補充のシステムも違うよう。
もうね、お約束みたいなもんなんだろうって思ってる。

ネマタ本1もネマタ本2も在庫切れになり、とくにネマタ本2のときは、発売日直後から2週間ほど、ずっと在庫切れのままだった。
うんざりだけど、しょうがないわ。
最初にドカッと入れておくことができないんだろう、きっと。

すぐ補充してくれるといいんだけどね。

楽天ブックスのほうはまだ在庫あるみたいよ。

←売れてる自慢ですか?って人はクリック!

|
|

« 【麻雀】赤まるにて | トップページ | 【麻雀本】トークショー »

コメント

本業界は、なんつーか、売れる本と売れない本が、差が大きすぎて、混迷しちゃっているんだよね

置いてあるメジャーな本は、どこの書店でも置いてあるし、あれじゃ書店が独立店舗の意味がない

ホリウチ本なんか、
100%ガンガン売れるんだから、書店は確実に在庫を置いておくべき

書店側の企業努力も、メチャクチャ、つーか、迷走している

本のカバー付けとか、接客とか、
そういうのはとりあえずどうでもいいから、商品の質と在庫を上手に采配してほしいところ

もう、社畜に任せるのが、荷が重い業界なのかもしれない

これだけ、ネット注文が発達すると、
需要と供給がガッチリ結合するから、社畜の大事にしている、過去の実績だの、売れ行き予測だの、なんだの、ほとんど機能しない

スーパースキラー:高度な専門家が、直接、内容を見て、この本は売れる、売れない、ってガンガン仕切るほうが、おそらく、100倍効率がよくなる


いまの書店の状態には、
筆者側も困るし、客側も困るんだよなあ


赤犬さんも、書店で買いたいのに、
書店がアホでザルだから、100%通販ありき、になってしまった

投稿: 天鳳位・赤犬さん | 2015年2月17日 (火) 06時30分

本屋で予約したっていいんだよ。

投稿: | 2015年2月17日 (火) 06時42分

赤犬はコミュ障だから、店に電話したり店員さんと話したりできないんだろうな。

投稿: | 2015年2月17日 (火) 06時44分

>書店がアホでザルだから、100%通販ありき、になってしまった


赤犬さん「ネマタ本入荷まだか、おんどれー」
店員「入荷しました(キリッ (`・ω・´)っ【沼田の数学】」
赤犬「それじゃない~~~おんどれぇ~!!!」

↑多分こんな経緯と予想w

投稿: へむへむ( ´∀`) | 2015年2月17日 (火) 13時43分

初版は間違いだらけだから必ず待つようにしてる
せんせーが関わってる良書ならすぐに二刷、三刷と出るし安心して待てる

投稿: | 2015年2月17日 (火) 14時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【麻雀】赤まるにて | トップページ | 【麻雀本】トークショー »