« 【麻雀】デジタル勢の少なさ | トップページ | 【つぶ】フィットネススコア »

2012年12月20日 (木)

【ダンス】Dノート ホットショット

D.studio水曜夜の伊藤由里子先生のextra BAILABAILAのレッスンから。
曲はvol.10ホットショット

このレッスンに初めてきた人がいると、由里子先生は「バイラというのはどう踊ってもらってもいいんです。ですからこのレッスンは、バイラを使ったダンスレッスンだと思ってください」と前口上を言う。

そういう意味でいうと、今日のレッスンはいつもとかなり違ってた。

ダンスレッスンというよりも、エクササイズっぽかった。ホットショットという曲の振り付けが、通常のバイラとはかなり違っているからだろう。エアロっぽくもない。

「この曲は、敏捷性って言うんですかね、そうですね、敏捷性を活かして踊ってください」

◆1番目のバランス
・しっかり体重移動してください。小手先じゃなくて本当に。しっかり体重移動すると、そこに躍動感が生まれます。

・実際に走ってるときの感覚に近くなる。手はしっかり前後に振って。

・全力でやったあと、最後の手を伸ばすところだけはスッキリと。

まずはずっとここの練習。最初は足だけ。
つぎに手をつけた練習。すると、「手がついたら体重移動が減りましたね。手がないときと同じように体重移動してください」と。

◆2番目のステップ
・ここは好きなようにやってください。ラテンのステップでやっていいと思います。

・最後の3歩踏むやつは、「ここはリズムも違うし、自分の味で他のステップとは変えてください。男性は思いっきり力強くやるといいんじゃないですか」と。

◆3番目のVステップ
・ホットショットと伸び上がる部分については言及なし。

・Vステップは大きく。小さくやると、オープンクローズと区別つかなくなります。

・パヤソのAステップみたいに、Vステップの最初にアップ、最後にダウンするのかと思ったら、由里子先生はフラットにやっていた。

◆4番目のプッシュ
・ここは、パヤソと同じように、横と下と両方プッシュします。音が出るものがあったとしたら、下もちゃんとポンって音が出るように。

・スタジオの端から端まで行くくらい移動してください。

最初は男性と女性で分けて2チームでやってたけど、思いっきり横に行けるよう、さらに分けて4チームにした。そして本当に端から端まで行けと。
カズさんが、移動距離を伸ばそうとして別な動きになってたけど、それも笑って良しとしてたな。

最後に「じゃあ私がやります」と由里子先生が実演したとき、本当に端から端まで行っていた。

◆間奏の泳ぎ
・言及なし。

というわけで、この曲は完全に勢い重視。
ダンスとは違う別種のエクササイズって感じだった。

今回の曲に関しては、由里子先生がダントツに上手くて、競技エアロをやってた身体能力が出てる感じだった。
バランスもVステップもプッシュも、なんか違ってた。

由里子先生がテレビに出たときに、「競技エアロの選手は、ただ腕立てやるときにも、普通より難しくしてやります」と、片足を肩にひょいっと乗せて、なのに簡単そうに腕立てしてた。明らかに常人じゃなかった。そういう身体能力の差が出てしまう振り付けって感じだったな。ジョアンも競技エアロ出身だもんね。

「2番までやるのはしんどいですね」とのことだったから、今回のレッスン内容は理想であって、実際にその通りやれとまでは思ってない様子だった。それはきつすぎると。

←由里子先生の誕生日の話は?って人はクリック!

|
|

« 【麻雀】デジタル勢の少なさ | トップページ | 【つぶ】フィットネススコア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118327/48391181

この記事へのトラックバック一覧です: 【ダンス】Dノート ホットショット:

« 【麻雀】デジタル勢の少なさ | トップページ | 【つぶ】フィットネススコア »