« 【ダンス】天鳳ダンス部始動 | トップページ | 【麻雀】新刊情報 »

2012年11月29日 (木)

【ダンス】Dノート パヤソ

D.studio水曜夜の伊藤由里子先生のextra BAILABAILAのレッスンから。
曲はvol.10パヤソエンラジュビア

lluviaのエル2つは日本語にはない発音で、ジュビアともルビアともユビアとも言えますが、曲の中ではジュビアと聞こえますのでジュビアと言っておきます。これは雨ですね。
payaso en la lluviaというのは「雨の中の道化師」という意味です。

この曲はvol.10の中で一番ラテンラテンした曲です。
縦軸のツイストだけじゃなく、間奏には、回転させる動きのラテンのステップがありますね。

男性は男らしく、女性は女らしく踊ってください。

◆1番目の左右往復

最初はラテンのステップの練習。

「膝から下と胸から上は前を向いて、膝から胸の間だけ前に回転します。腰の後ろ側を前に持っていくと、お尻の穴が開いちゃうので、腰の前側を持っていくように」

つぎは、足を大きく開いて、ラテンのステップの練習。

つぎは、冒頭部分のリズムに合わせて、ラテンのステップで。

◆2番目の腕ぐるぐる

「地面の力を受け取って、その力で腕を回してください」

「足から伝わった動きが胸に伝わり、それが手に伝わります」

◆3番目の3歩タップ

「ここのタップもラテンのステップ風に。つま先が内側を向くんじゃなくて、腰を入れます。

◆4番目のプッシュAステップ

「プッシュは、横だけじゃなく、下にもします。みなさん、下は音がすかしてますね。ピアノは、ちゃんと叩かないと音は出ません。それと同じように、ここでは横だけじゃなく、下もちゃんと音が出るように動いてください」 
→これはけっこう難しい。俺はうまくできんし、この日の参加者でも、うまくポンって音が出るように下にも押せていたのは、ごまちゃんだけだったように見えた。この部分だけ単独で練習すると、できるようになりそう。

「プッシュはアップのリズムで。女性はお尻をプリンってしてアイドル歩きにしてもいいです」

「Aステップは、これは単に私の好みなんですけど、1歩目がアップ、3歩目がダウンで。Aステップの始まりがアップ、終わりがダウンになります。1歩目で伸び上がり、3歩目で沈みます」

◆間奏の胸々

「ここは、足を着いてから腰を回転させるか、腰を回転させてから足を着くかで、ずいぶん違ってきます」 → 腰を回転させてから足を着くのが正解だと思われるが、そうは明言しなかった。

間奏の話じゃなく全体として、「男性は、動きをコンパクトにして、しっかり間を取って、動きの方向が拡散しないようにするといいと思います。ひとつひとつの動きの音をはっきりさせるようにすると、男らしくなります。ほら、男らしくなりましたね。いいじゃないですか」

今日の由里子先生は「うん、いい感じじゃないですか」が多かった。
みんなの出来がけっこう良かったみたい。

個人的には、3歩タップができてなくて、今さらこんなパソができないなんて…と思ったが、最後までどうにもできなかったな。
最後はへばって、こんなにきつい曲だったのかと思った。

←書記乙てむって人はクリック!

|
|

« 【ダンス】天鳳ダンス部始動 | トップページ | 【麻雀】新刊情報 »

コメント

ちんこの新刊Amazonじゃ扱わないのね(´・ω・`)
また前作みたいにセブンで買えますか?

投稿: | 2012年11月29日 (木) 21時11分

>ななしさん

アマゾン扱うよ。
セブンも扱う。
12月7日発売なので、まだないと思うわ。

投稿: 福地 | 2012年11月30日 (金) 05時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118327/48018399

この記事へのトラックバック一覧です: 【ダンス】Dノート パヤソ:

« 【ダンス】天鳳ダンス部始動 | トップページ | 【麻雀】新刊情報 »