« 【麻雀】本日 | トップページ | 【麻雀】ネット大会1 »

2008年12月14日 (日)

【つぶ】リア充

「リア充」という言葉がある。「リアルが充実している人」という意味で、彼氏彼女がいたり、仕事や学業がちゃんとしてたり、友人関係が豊かだったり、家族が仲良かったり、そんなことだ。

天鳳用語か、2ちゃん用語か、普通の若者言葉なのか知らないけど、天鳳ではよく使われ、「リア充氏ね」で1フレーズ。「つの氏ね」の次くらいにメジャー表現だ。

2ヵ月ほど前、雑スレにこんな書き込みがあった。

* * *

972 :焼き鳥名無しさん :2008/10/18(土) 15:42:50 ID:???
俺一回オフ会いったことあるんだよね。
もう、本当死にたくなったね。

981 :焼き鳥名無しさん :2008/10/18(土) 15:44:31 ID:???
>>972
何で?

992 :焼き鳥名無しさん :2008/10/18(土) 15:46:45 ID:???
>>981
周りみんなリア充なんだよ。
7、8人ぐらい居たんだけど何かめちゃくちゃ空気になったんだよね。
頑張って輪に入ろうと喋りかけたらさ、何かいきなりシーンッってなっちゃってさ
もう本当。オフ会はダメだよ。

94 :焼き鳥名無しさん :2008/10/18(土) 16:48:07 ID:???
前スレ992は現代の悲劇だな
同情してしまう・・・

* * *

俺などは、既婚者で、子持ちで、仕事もしてるから、こういう書き込みをしている若者からすればキングオブリア充なんだろうけど、これを見て思い出したこと。今日はそんな話だ。

俺はけっこう若くして出来婚し、まるで心の準備もないまま26歳で子持ちになった。それまでは雀荘バイトの学生だったけど、そのときから少しはまともに働き始めた。

まともに働くといっても、麻雀漫画誌の編集という仕事だから、世間からすれば遊びみたいなもんだ。採用試験が倍率高くて厳しいんだけど、「12月には娘が産まれます、他の会社は受けてません」というのが受けたのか、入れてくれた。

その遊びのような仕事がつらくてたまらなかった。もうホント嫌で嫌でたまらなく、逃げられるものからはすべて逃げていた。自分の責任で何かを提案するようなことはいっさいしなかった。

それまでの雀荘バイトは、金の面ではむちゃくちゃ厳しかったけど、ちっともつらくなかった。同じ遊びのような仕事でも、一方は楽しかったのに、一方はまるで楽しくなかった。

会社員としての編集者はとにかく苦痛で、毎朝、会社に行くのがものすごく嫌だった。よくさぼったが、そうすると午後から行くのはもっと苦痛になり、一日さぼると次の日に行くのがなおさら苦痛になった。

我慢していれば、いずれは仕事も覚えて状態が良くなる……なんて、まるで思えなかった。だって逃げられる限り逃げているんだもん。仕事なんて覚えるはずがない。一週間連続で無断欠勤とかしていれば、いずれは首になるわけで、その日が来るまで逃げられるだけ逃げる。それしかなかった。

会社に同期に当たる人はいなかったし、俺みたいな新米で子持ちもいなかった。同じような下っ端は、みんな俺より若く、独身だった。子持ちなんてかなり上の管理職くらい。俺がひときわ年上で、子持ちで、金がなく、仕事ができず、一番さぼり魔だった。どうしようもなかった。麻雀が一番強いことが救いだったが、その麻雀に関する仕事を何度もすっぽかし、そのつど信用を失っていった。周囲の人たちはかなり親切で、俺に対しても理解があり寛容だったが、俺はひたすら逃げるばかりで期待には応えられなかった。

俺は一刻も早く辞めたい仕事を、しかし辞めたら生活できないので、首になるまで逃げ続けながら、首になる日を一日でも先にのばす。それしかなかった。スキルもないから、辞めたとしても新たな就職先など見つかるはずもなく、できることは破局を少しでも先にのばすことだけだった。未来がないこともつらかったが、金がないこともつらかった。麻雀で3万も負けると本当に死にたくなった。

しかし、家に帰るのもちっとも楽しくなかった。それどころか苦痛だった。よく赤ちゃんはかわいいというけど、ちっともそうは思えなかった。俺はもともとホームドラマ的なものは嫌いなんだ。あたたかい家族とか、そんなもんにはまるで興味がない。むしろ敵だ。そういう幸せな人間が、その道を外れた者を差別する側に回るんだ。子どもの誕生日に、ケーキにろうそくを立てて、「ハピバースデイツーユ~♪」とか歌っても、ちっとも楽しくない。だから、家に帰るのも楽しくなかった。

会社も嫌だし家も嫌だ。じゃあ、どこに行くのか? そう、俺は雀荘に入った瞬間に生き返るのだった。だから、会社にも行かず、家にも帰らず、雀荘に行った。フリー雀荘という便利なものがあって、一人で行っても、場代を払う限りはエンドレスに居られる。麻雀で勝つほどの腕はなかったけど、場代分くらいプラスする程度の腕はあったから、エンドレスに居られた。

麻雀で向上しようとか、強くなってプロになろうとか、そういう前向きな気持ちで打ってたわけじゃない。ただ現実から逃げるためのシェルターが麻雀だった。雀荘バイトを辞めたときから、少しずつ麻雀は弱くなっていたから、そちらの方向でも未来はなかった。でも、とりあえず現実から逃げられればそれでよかった。

人から「子どもってかわいいよね」とか言われると、「けっ、このリア充が!」と思った。俺には、仕事もあったし、家庭もあったし、子どももあったけど、その仕事には未来がなく、家庭には幸福を感じなかった。

子どもが小さいときは、親同士の交流が発生したりする。キャンプとかね。そういったものからも可能な限り逃げ続けていたが、たまには行く羽目になったりする。そういうときは、これまたものすごく苦痛だった。分不相応な高級住宅地に住んでいたこともあるのかもしれない。まわりはやけに落ち着いた父ちゃんと母ちゃんばっか。年齢も上だが、生活感がとにかく違った。オフ会に行ったらまわりはリア充ばっかという、まさにそんな感じだ。ニュージーランド沖でマグロを釣った話など聞きながら、俺は死んだふりをしてあいづちマシーンになった。

俺はキャンプファイヤーでバーベキューを食うとか、ちっとも楽しくないんだよ。穴倉みたいな雀荘に潜り込まないと人間に戻れないのさ。子どもを連れてお出かけとか、仕事が大変なんだよ!という口実でほとんど行かなかったが、たまに行っても芝生の上で寝たりしていた。娘1号が釣りをしてみたいといっても、魚だって馬鹿じゃないからちっとも釣れないぞ!と教え込み、一度も連れて行かなかった。

というわけで、外から見ればリア充でも、心の中まで充実していると決まったもんではない。今でも「子どもがかわいい」という声を聞くと、「なんて余裕あるんだろう」って、うらやましく感じる。

天鳳で若いやつと交流していると、オッサンを別の生き物だと思っている節がある。きっと、自分がオッサンになったときには、違う生き物に脱皮してると思っているんだろう。たしかに、そういうやつもいる。でも、そうでもないやつもいる。脱皮するやつはするけど、違う生き物ってほどじゃない。そこに至る道は、だましだましやっていくしかないんだよね。そんな立派な自分に変身することはないんだから。

当時の俺の状況を下の世代から見るならば、本人は大変そうに書いてるけど、バブル世代ってなんて甘っちょろい環境にいたんだ!って厳しい評価になると思う。その反面で、今は立派な大人に見えても、大半の人はその折々をしのいできただけって一般論も言えるだろう。上の世代になればなるほど、その場しのぎが多かったんじゃないかね。そんな立派なビジョンなんて若いうちから描けないって。

さて、俺はそんな状態から、どうやって今に至るのか。その話は書くかもしれないが書かないかもしれん。仕事じゃないから注文は受け付けない( ̄w ̄)プッ

昨日書いた天鳳で家庭崩壊の話には、「身にしみた」「俺もほどほどにしとこう」などの感想をもらった。だけど、じつは天鳳にしても麻雀にしても、単純に悪いものってわけじゃない。麻雀に逃げ込むことで、かろうじて生きていける人だっているんだよね。

第二次大戦後の日本人収容所では、わずかな休憩時間に牌を手作りして麻雀してた人たちは、してなかった人たちより生存率が高かった。そんな話が、シベリアでも南太平洋でも報告されている。絶望状態の中でも、瞬間的に絶望を忘れられる。そんな効果が麻雀にはあるらしい。

てなわけで、みなさん、天鳳をやって絶望を忘れましょう! そもそも絶望してない人たちはハンゲに行って明るく青春するといいでしょう。こんな人たち↓は天鳳に!(≧∇≦)

* * *

690 :焼き鳥名無しさん :2008/10/22(水) 19:23:10 ID:???
彼女をNG登録した

699 :焼き鳥名無しさん :2008/10/22(水) 19:31:32 ID:???
天鳳は彼女持ち禁止
非童貞禁止
イケメソ禁止
リア充禁止
妻子持ち禁止
社会人禁止

←連日、内容が鬱すぎるぞ!って人はクリック!

|
|

« 【麻雀】本日 | トップページ | 【麻雀】ネット大会1 »

コメント

はあ・・・・・・

投稿: | 2008年12月14日 (日) 00時52分

ハピバースデイツーノ~♪
つのさん、おめでとうございます。誕生日って自分がまた一日死に近づいた事を確認できて、とても貴重ですよね。

人は概ね自分で思う程幸福でも不幸でもないという事ですね、分かります。

投稿: おまーん | 2008年12月14日 (日) 01時06分

男はみんな、一匹狼っす!!

投稿: 若い漫画家 | 2008年12月14日 (日) 02時08分

仕事が苦痛で、破滅が来るまで逃げ続けるのくだり、
僕が研究に対して感じている状況とかぶって感じました。
僕の場合は、就職活動をしているといういいわけで何とか破滅せずにいられていますが、実際は勉強が苦痛で逃げている点で同じです。
人生の先輩に、若造の僕がアドバイスできるようなことは何もないですが、苦痛からは逃げたっていいと思います。頑張ってとはいえません。負けないでください。

あと、娘さんを大切にしてあげてくださいね。

投稿: NoCHANCE | 2008年12月14日 (日) 03時33分

む、過去と現在をごっちゃにして恥ずかしいことを書いたような気がしてきましたorz

投稿: NoCHANCE | 2008年12月14日 (日) 03時35分

↓鬱な回想的な日記だから、ノーチャンス少し恥ずいなww

人間くさくて哀愁漂うオッサンが好きだなぁ

先生もその1人なんですかね・・・

投稿: | 2008年12月14日 (日) 03時51分

確かに非リア充はリア充を夢と魔法の国ディズニーランドみたいな人に思ったり(どんな比喩だよw)、若者はおっさんを宇宙人だと思ってる節はあるかも・・・

非リア充とリア充の中間、若者とおっさんの中間に位置する自分は「みんなおんなじ人間やし、大差ないし、プッww」とか思いますけどねw

投稿: いししん | 2008年12月14日 (日) 07時01分

世知辛い競争社会ですが、大学生活しているみたいに人生が
過ごせれば、みんな幸せだと思うんですけどね。

仕事なんかホントはサークルやってる感じでOKですよ。

投稿: (*´・ω・)ノ | 2008年12月14日 (日) 08時36分

これからは雀荘で出会うマナ悪のおっさんにも、
少しは親切にしようと思いました。

投稿: 理想雀士 | 2008年12月14日 (日) 10時22分

↑それはなんか違うような?ww

投稿: | 2008年12月14日 (日) 10時41分

そうはいっても、天鳳しててもメシは作ってもらえる、パンツも洗ってもらえる、老後の介護もしてもらえる・・・というメリットを考え、天鳳と家庭との両立を決意するに至った経緯について次回はぜひ~!

投稿: | 2008年12月14日 (日) 11時45分

リア充羨ましす(-_-)

投稿: 保坂 | 2008年12月14日 (日) 12時23分

福地先生は究極の勝ち組マンセー\(^O^)/

投稿: | 2008年12月14日 (日) 13時26分

感動的というか何というか、いい記事ですな
辛くとも笑い飛ばす、みたいな感覚は重要ですよね~

投稿: | 2008年12月14日 (日) 14時09分

>>保坂 リア充いい加減にしろw 

投稿: | 2008年12月14日 (日) 15時47分

俺も非リア充
学校辞めてバイトしながら過ごしてる
こういう記事見ると何か泣けるわ

投稿: | 2008年12月14日 (日) 19時54分

共感出来る所もあり、出来ない所もあり。

複雑な心境ですね。

麻雀に逃げる、仕事から逃げる。

そのギリギリのバランスで自分は存在しています。

投稿: えーさく | 2008年12月15日 (月) 01時18分

心が骨折しそうです…

投稿: 雅 | 2008年12月15日 (月) 03時46分

>そんな状態から、どうやって今に至るのか。
ぜひ聞きたいですね。普通人生詰みそうだけど…

投稿: にーと | 2008年12月24日 (水) 04時42分

さくらこパパのところから来ました

>第二次大戦後の日本人収容所では、わずかな休憩時間に牌を手作りして麻雀してた人たちは、してなかった人たちより生存率が高かった。そんな話が、シベリアでも南太平洋でも報告されている。
>絶望状態の中でも、瞬間的に絶望を忘れられる。

先生、こんな話もありますぜ
さしずめ元祖妄想アイドルw
http://blog.livedoor.jp/nakeru2ch/archives/28786253.html

投稿: 通りすがりの雑スレ774 | 2009年1月 2日 (金) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/118327/26165271

この記事へのトラックバック一覧です: 【つぶ】リア充:

« 【麻雀】本日 | トップページ | 【麻雀】ネット大会1 »