2017年6月28日 (水)

【健麻】社員総会

昨日は健康麻将協会の年1回の社員総会だった。
会社じゃないのに、なんで社員なんだろ?

20170627_151218

何十年も前、俺が教育実習に行ったときの生徒と再会したのがビックリだった。
俺の本は何冊も持ってて、「これはもしかして昔、習った人なんじゃ?」ってメールくれたのがきっかけ。

麻雀なんてやりそうもない美少女だったのが、健康麻将のガチなレッスンプロになってた(゚д゚)ウム
麻雀は会社の上司に勧められて、社会人になってから始めたそうな。

教育実習に行ったときは、俺も就活に全敗する前で、まだ麻雀にそこまでガチじゃなかった。
今のあっさじーんさんくらいの腕前だったと思われる( ̄w ̄)プッ

| | コメント (5)
|

【麻雀】「賢者の麻雀」事件その後2

NAVERまとめまで作られた↓( ̄w ̄)プッ

【麻雀】RMU代表・多井隆晴プロも謝罪した!「賢者の麻雀」事件って何?

そして…↓

平さんは、謹慎中に過去の問題も出てきて自主退会に。

| | コメント (26)
|

【天鳳】天鳳位・独歩

やっぱ、かっこいいなあ↓

一皮をむいたら、めっちゃ短気なゼンツァー系雀士なのに、語る言葉は常にロジカルという、頭と感情が矛盾を抱えてるところがいーわ( ̄w ̄)プッ

かっこ悪くなられたくないので、俺のダンスの弟子にしようかと思ったら、昔は、円盤投げ、砲丸投げ、ウェイトリフティングなど陸上系の人だったらしい。
それはダンスいらないな(= =) ウム

| | コメント (8)
|

2017年6月27日 (火)

【つぶ】批判=否定?

いまの若者は「批判」を「悪口」や「人格否定」と捉えている?今井絵理子さんのツイートが意外な方向で議論を呼ぶ

これ↑は非常に思う。

こういうの↓見ると、うーむ…って感じ。

最近の若者はって気もするし、昔からそうだって気もする。
どっちなのかわからん。

ツイッターでよく使われる「叩く」って表現にもかなり違和感がある。

最近、あんまツイッターを見すぎないようにした方がいいって思いつつある。
影響を受けると困るわ。

| | コメント (18)
|

2017年6月26日 (月)

【本】麻雀放浪記

いったい何度目になるのかわからない、「麻雀放浪記」の漫画化。

俺が読んだことあるのは、北野英明、井上孝重、原恵一郎版かな。
これが4つ目。
嶺岸信明版麻雀放浪記(1) (アクションコミックス)

正直なところ、今さら「麻雀放浪記」かよ…と思ってたのだが、「絶対面白いから」と言われて読んでみたら、本当に面白かった。

顔が、「これじゃ瞬じゃねーか」ってとこは気に入らねーんだが(;^ω^)

| | コメント (18)
|

2017年6月24日 (土)

【つぶ】人生の一発逆転

コメ欄に貼られたこのブログ↓を全部読んでしまった。

昭和42年生まれ元司法浪人無職童貞職歴無しの赤裸々ブログ

仕事があるのに、こんなもん読ませんな。゚(゚´ω`゚)゚。ピー

かなり痛くて面白い。

彼女がほしい…、それだけが人生の目的なのに、そのためには立派な学歴を持つしかないと、東大医学部を目指して4浪、司法試験を目指して20年。
今ではアラフィフ。
たった1つの願いはかなわず、それどころか女性と会話したこともない。

毎回、締めの言葉が絶望的で、「初恋もまだなのだ」とか。

コメが、最初は数個なのに、そのうち100を超すようになって、最後は3000だもんな。
これも才能だわ。
2chに貼られた結果にせよ、ふつうの人は3000コメも集めるほどの痛さって発揮できない。
芥川賞を取った西村賢太の私小説と似た感じ。

ここで昔話。

20代前半にバックパッカーしてたとき、どこの国だったか忘れたけど、ひげもじゃのオッサン(日本人)と会った。
彼は「司法試験まだいけると思うんだよ」と熱く語ってた。
30代後半くらいだったのかな?

安い国の安宿を渡り歩いてると、日本から逃げてきた感じの人とよく会う。
極論すれば、全員そうなのかも。
そういうところに好んで行っちゃうんだから、俺もそっち系の人間なんだろう。

麻雀でラス目のときは一発逆転を狙うしかない。
でも人生では、箱ラスから千点をアガったら、それはラス確ではなく、その千点分だけ人生が良くなっている。

人生に一発逆転はない。
あるのは目先の千点だけ。

今の持ち点も関係ない。
どんな立場だって、目先の千点をアガれるかの勝負で生きていくだけ。

| | コメント (14)
|

【つぶ】東大法学部

90年代、文系でエリートを目指したい人は、みんな東大法学部を目指すのが当たり前だったって話。
 ↓
旧世紀文系最上位層の価値観

うーん。
共感も納得もできねーなー。

俺自身は世俗的な立身出世にまったく興味なかったから、こういうのはよくわからん。
あまり進学校に行ってなかったこともあって、同時代の優秀な人がどういう価値観だったのかもさっぱり。

この本↓を読んだ限りでは、

東大法学部は官僚養成所として日本を動かしてきたってのは言えるんだと思う。
ただね、東大法学部卒がエリートだったのは高度成長期までなんじゃないか。

戦前は学歴によって給料が違ってて、官僚の給料って桁違いだった。
当時は完全にエリートだよ。

そして昭和30~48年の「プロジェクトX」の時代も、やはり官僚が日本を動かしてたんだと思う。

でもそれ以降の時代は、東大法学部は実質的には抜け殻と化しつつも、他に有力な道がなかっただけなんじゃないの?

マネックス証券CEOの松本大さんは、開成の1学年上で東大法学部卒。
彼が大学を出たのはバブル期で、当時はまだ外資系金融が流行ってる時代じゃなかったけど、大卒後はずっと金融業界。
官僚や法曹より、こういう東大法学部と関係ないキャリアの方がずっとエリートっぽく感じるわ。
俺だけの価値観かな?

当時は、勉強できる高校生がお金持ちになるには、医者か弁護士って言われてたけど、日本のお金持ち研究によると、日本のお金持ちは医者と社長ばっかで、弁護士はほとんどいなかったっていうし。

入試の難易度的にも、俺の時代は文Ⅰと文Ⅱと文Ⅲの合格最低点の差って、20点くらいしかなかったと思う。
ほんの数%の差で、難関ぶるってわけわからん…って当時から思ってた。
今も変わらずわずか2%の差

フランスの国立行政学院は定員が79人。
在学中から給料も出る。
それくらいじゃないとエリートとは言えないんじゃないか。

なので、90年代に、高校生の文系で最優秀な層は東大法学部をめざすのが当然だったというのは、当時にしても時代遅れになってた価値観に感じる。
価値観って前の時代に引っ張られるんだよな。

堀江貴文さんが東大に入ったのは91年で、文Ⅲ。
科類は関係なくねーか?

豊田真由子さんとか山口真由さんみたいなタイプは、確かに法学部にしかいない感じするけど。

| | コメント (18)
|

«【麻雀】下手すぎ?