2018年8月18日 (土)

【麻雀】プロらしいのは

この前、スリアロスタジオで、36時間連続生放送というお盆恒例の番組をやった。

そこで、ショー仲川という芸人が、天鳳で36トップ取れるか?って企画をやるという。

36トップ取れたときには、最後にボスキャラ戦をやるので、それに出てほしいと頼まれた。

俺?
豆七段でいーんでしょうか?

いえいえ、天鳳名人位様ですから!

てなやり取りがあって、出ることに。

そして彼が36トップを達成したあと、ボスキャラ戦の相手が発表された。
俺以外は、麻雀プロ業界をリードする多井隆晴、アサピン亡きあと天鳳位業界をリードする独歩という2人だった。

メンツガチすぎね?俺以外は(;'∀')

半荘1回戦が始まった。

東1、親のたかはるが連荘してリード。
 ↓
そこからクソリーかけて、ショー仲川の追いかけリーチにハネマン振り込み。

東4、ショー仲川がリーチ。
 ↓
親の独歩がクソリーで追いかけて、一発裏で親マン討ち取り。

東4、ショー仲川がリーチ。
 ↓
そこに独歩がマンガン打ち込み。

……なんなんだ、この卓は(;^ω^)

トップ目に立った人が次々にデバサイを打ち込んでいく。

ワシが大昔に出した麻雀テクニックという本があって、そこにトップ率30%なんちゃら…って章があり、トップ目になったらデバサイを打たないだけでトップ率は急上昇する、トップ目なら南2局以降の追いかけリーチは止めようって書いてある。

麻雀業界では『枕草子』レベルの古典なので、見たことある人もいると思う。
ここにいるトップクラスの打ち手たちは、そういうのを知らんのかな?

さて、このボスキャラ戦はどうなったか?

3連続のデバサイのあと、南3局、ショー仲川の親番で、俺がピンフドラ1でリーチ。

これが一発ツモ裏1でラッキーにもハネマンになった。

オーラスは、8巡目にこんな手↓から、
一萬:麻雀王国一萬:麻雀王国二萬:麻雀王国二萬:麻雀王国五萬:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五索:麻雀王国五索:麻雀王国東:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国中:麻雀王国 ドラ五萬:麻雀王国

チートイに逃げず上家の一萬:麻雀王国をポンしてドラ切り。
1シャンテンから1シャンテンへの鳴きだ。

これをしっかりアガりきった。

08/14 | 牌譜 | L4771 般南喰赤 |
1位 B:Ⓢ福地誠(+47.0) C:スリアロ放送用(+8.0) D:独歩(-19.0) A:最速最強(-36.0)

デバサイを打たなかったのは俺だけ。
俺みたいな豆七段でいーのかな?って思ったら、プロらしい麻雀を打ったのは俺だけだったわ(`・ω・´)キリ

| | コメント (13)
|

【麻雀プロ】コバゴーマンガ

プロの漫画家が、仕事でもねーのにこんなマンガ↓を描いちゃうって、コバゴー人気すごくね?

ちなみに、この漫画家さんは、こんなマンガ↓を出してるそーな。

「何切るガール」なる謎のマンガ↓もあった( ̄w ̄)プッ

1~3話kindle無料だそーな。

このマンガ↑を読み始めてみたら、女子高生がコバゴー本を読んでるところから話が始まってた( ̄w ̄)プッ

……読み終えた。おもろいやんか( ̄w ̄)プッ

| | コメント (8)
|

2018年8月17日 (金)

【麻雀本】ウザク本2増刷

アマゾンでも完全に品切れになってたので増刷。

3刷2500部。
累計1万1000部。

俺の印税は4.5%で、14万5800円。

ちなみに、ウザク本1は6刷累計1万6500部なので、1の方が売れてる。

どっちも電子書籍は含まず(電子書籍はデータが複雑すぎて〇冊とは簡単に出せない)。

| | コメント (6)
|

2018年8月15日 (水)

【麻雀本】竹書房ランキング

竹書房から出された麻雀本ランキング

1位が川村本なのにはビックリ。
たいしたもんだわ。
実際、オリジナリティが高く面白いもんな。

2位のコバゴー本はコツコツ売り歩いて増刷になったから、納得できる。

3位はゼロ本はすぐ増刷になったから、上位だろうって感じだった。

4位のみーにん本は俺が編者のやつ。
増刷されてないけど、思ったより上位だった。

5位の多井本は、すげー好評っぽかったけど、戦術書じゃないと一過性のもので終わりそうな感じはするよな。


| | コメント (35)
|

【つぶ】回収とは何か

とある出版社の人に聞いた話。

回収というと、本屋に並んでるものを全部引き取ってくる…的なイメージがある。
家電なんかは、お客が買ったものまで回収することあるよね。

でも、出版業界における回収って、そんな厳しいもんじゃないと。

出版社が出した本は、全国の本屋にまかれ、しばらくして本屋から出版社に返品されてきた本は、また注文に応じて本屋に再出荷する。

一般に回収というのは、その再出荷をしないだけだと。

世間に対しては回収しますと発表しておいて、本屋の棚に刺さってるやつはそのまま放置。
実際に本屋から引き取ってくるには、ものすごいエネルギーが必要だから。

ただ再出荷しないのが一般的に言われる回収だから、回収になった本も、しばらくは本屋の棚にふつーに刺さってる。

考えてみたら、本屋に本を送る→本屋から本が返品されてくるってサイクルの中に、回収って入りそうもない。
本屋にとっては、出版社の依頼を聞いて、わざわざ手間をかけて該当する本を探し出して送り返す意味がない。

どこどこ新聞社がヤバイ差別用語を載せてしまった的なやつは全力で回収したりするのかもしれんけど、普通の出版社ではなさそう。

言われてみると、なるほど、そうなんだろうなって思えるわ。

| | コメント (11)
|

2018年8月14日 (火)

【麻雀本】俺は甘いのかな?

【麻雀本】和解してきたがすごいコメ数。

それが真っ二つ。
良かったね系と、丸め込まれたのね系と。

こーゆーの↓はその通りで、

別に和解金がいくらでもいいけど、本の作り方の雑さには呆れる
そりゃ出版社潰れますわ

いい加減に作った本に甘く対応する必要はなく、ルール違反をしたなら、しかるべきペナルティが課されて当然っていうのは正論だと思う。

これ↓もけっこう正論。

結局出版業界の末端に身を置く福地さんとしては、強く出られずヘタれたのかなって印象を持ちますね。
フリーランスとは言ってるものの、その根性は社畜と同じで奴隷みたいなもんですわ。

おたがい大変だしっていうのは感情論にすぎない。
手抜き同士の同じ穴のムジナかよって言われてもしゃーない。

どーなんかねぇ。
俺は甘いのかな?

アメリカでよくある、なんかの製品の説明書に記載漏れがあったからって、個人が裁判で訴えて〇億円もらうみたいなのって、どうも腑に落ちない。
企業がペナルティを課されるのはいいとして、それをなぜ訴えた個人がもらえるのかって。

俺が金をもらう理由はないんじゃね?って思える。
回収を要求するのは自然かもしれないけど。

じつはこの問題って、解決したわけではない。
俺は当事者3者の1人にすぎず、あとの2者に関してはなんとも言えない。

何より出版社。
これはビジネスのルールに関する話だから、基本は出版社の領分だ。
弁護士に相談して…とかやるにしても、それは出版社マターだな。

というわけで、俺個人としては別にゴタゴタ言う気はないよってだけで、まだ解決したわけではない。

出版社同士の話し合いはまだ先。
お盆明けにならないと決着しない。


| | コメント (97)
|

【麻雀本】鳳南研究所

これにはビックリした。
マイナビはかたくなにプロの著者(天鳳位含む)の本しか出そうとしなかったのになー。

最近は竹書房も、天鳳プレイヤー、配信者、ブロガーなど、著者がプロであることには全然こだわってない。
逆に、プロじゃない著者の方が好調だったりする。
その影響もあるんだろうか?

なんにせよハイレベルな本が出るのはいいことだわ。
天鳳に特化した話だから、天鳳をやらない人にどう見えるのか俺にはわからんのだが、俺が見る限りでは非常にハイレベルで有益。

ただ、マイナビだと白黒だから、場が見えにくいんじゃないかと思うけど、それは大丈夫なん?

| | コメント (3)
|

«【麻雀本】和解してきた